• もっと見る

« 治療中だけど珍場面 | Main | 息子の病気について »

<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
亜紀子
ゆきだるま (02/20)
まさみさま
ゆきだるま (02/17)
Rokatan
息子の病気について (02/08)
Rokatan
ハートのピザ (02/08)
亜紀子
息子の病気について (02/02)
???
息子の病気について (02/01)
亜紀子
書き初め (01/30)
子どもと親の心を癒すクリニクラウン[2008年01月31日(Thu)]
今回の闘病生活で、あらためて「すごいっ!」と感激したのは「クリニクラウン」の存在です。
以前よりインターネットクラウニング(パソコンの画面を通して、リアルタイムでクラウンと1対1のコミュニケーションがとれます)のモニターなどで、関わらせてもらっていたのですが、今回の再発により退屈な子どもと不安な親の心の拠り所となってくれたのがクリニクラウンでした。
(つづきは「チャイルド・ケモ・ハウスのブログ」に掲載しています。是非ご覧下さい!)https://blog.canpan.info/kemohouse/archive/444

<写真>クリニクラウンからのクリスマスメッセージの入ったDVDを見て喜ぶ結人と結人のお父さん

Posted by 亜紀子 at 21:48 | 闘病中の子どもと親を支える活動 | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

亜紀子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiawase/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiawase/index2_0.xml