• もっと見る

Main | 治療中だけど珍場面 »

<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
亜紀子
ゆきだるま (02/20)
まさみさま
ゆきだるま (02/17)
Rokatan
息子の病気について (02/08)
Rokatan
ハートのピザ (02/08)
亜紀子
息子の病気について (02/02)
???
息子の病気について (02/01)
亜紀子
書き初め (01/30)
ゆきだるま[2008年02月10日(Sun)]
昨日は、今年はじめて自宅付近で雪が積もりました。
「ゆき、積もってほしいなぁ〜、積もったらゆきだるまつくりたいなぁ。ゆき合戦もしたいなぁ」と、12月から待ち望んでいた結人。

昨日は病院の窓から吹雪く雪を見ながら、
「うわぁ〜、かあちゃんつもるかなぁ。おうちかえりたいなぁ!」という結人。
幸い、状態も良く外泊できることになりました。
寒いので本当はすぐにでも家に入ってほしい反面、やっぱり雪であそばせてあげたい。
家の前に積もった雪を、手袋でとって壁に投げたり、ふってくる雪が顔にあたるのを「つめたい!!」と喜びます。あまりにも嬉しそうな顔を見て「ゆうとぉ。チョコレートとゆきっておいしいって知ってる?」というと
食欲がなかったのに「食べてみる!!」と、はしゃぎます。あわててチョコレートを家から出すと早速、ふってくるゆきをチョコにつけて「おいしぃ〜!」。

普段、病院と家の往復だけで、自然と触れ合う機会が少ない生活です。
どんなにテレビやゲームがおもしろくなっても、子どもは自然が大好きなんだなぁと改めて実感しました。
みんなと一緒に大きな雪だるまをつくらせてあげることができないことを「かわいそう」と思ってしまう親の気持ちは消せないけれど、こんな時はそんな気持ちは心の奥の奥にしまい込んでおくのがいいのかな。自分が許されたあそびの中で、健気に楽しむ子どもと一緒におもいっきり喜べる心を持ちたいな、、と思っています。




「ゆうと、今度はいっしょにゆきだるまをつくろうね!」といとこがメールで自分たちが作ったゆきだるまの画像をくれしました。ゆきだるまをつくりながら、結人のことを考えてくれてるんやね。優しいね。。。

Posted by 亜紀子 at 21:42 | diary | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

ハートのピザ[2008年02月03日(Sun)]
昨日の夜、久しぶりに結人のいとこが泊まりました。いとこと言っても、もう中学二年生の女の子。結人が初発の時は、小学四年生でしたが感染予防のために結人と会えないことをとても残念がっていました。入院中に「結人の髪が全部抜けても、前と違う顔でも、きょうこは結人のことが大好きやよ。結人は結人やねんから。」とお手紙をくれました。退院後、会ったときはしばらく結人のそばにぺったりひっついて離れなかったのを思い出します。その喜びから3年半、結人の再発を聞いて少しお姉ちゃんになった彼女らはとても心配したことでしょう。でもそんなそぶりは見せず、会える時はとんできてくれる、楽しく、優しく、結人に寄り添ってくれる。病気の話はほとんどしません。わざとしないというよりは、結人と一緒にいる時間は、そんなことよりしゃべったり遊んだり、テレビやゲームに夢中です。結人は外泊が多いので、家でゆっくりいとこと会える日もあるのですが、病院にずっといるとなるとなかなかいとこともゆっくりくつろいで会うことができないです。結人もいとこが来るときは、家に帰りたいなぁと何度もいいます。自分の大好きな人とゆっくり会えるスペースと環境のある病院が理想だなぁと思います。下の写真は昨晩いとこが作ってくれたハート型のピザです!愛情たっぷりおいしかったよ〜乾杯ありがとう!また二人でお泊まり来てね!

Posted by 亜紀子 at 22:00 | diary | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

書き初め[2008年01月29日(Tue)]
書き初め?ではないのですが、病棟のCLS(チャイルド・ライフ・スペシャリスト※)の方が、絵の具と筆で「手形」を作ってみる?と誘って下さいました。
筆と絵の具は子どもは大好き!しかも手につけていいとなるとワクワク〜。
どんな手形ができるんだろうと思っていましたが、仕上がりをみてびっくりです!




小さい手のまわりに、力強い「田村結人 男子 Aがた」の文字が、、、!!!
病院でも家でも、治療中でもそうでなくても、小さい体で精一杯、一年生男子をしている結人そのものです!この字のように、どんな時でも元気に楽しく過ごしてくれている結人にいつもいっぱい元気をもらっている私です笑い


※チャイルド・ライフ・スペシャリストは、闘病や慣れない病院生活におけるこどもの精神的負担をできるかぎり軽減し、こどもの成長・発達を支援する専門職です。

Posted by 亜紀子 at 16:54 | diary | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

みなさまはじめまして[2008年01月27日(Sun)]
みなさま、はじめまして。
何年も何年もしようかなぁ〜と思い続けて流れていた個人ブログをやっとはじめました。
きっかけは息子、結人の小児がんの再発とで〜やん(息子が夫のことをそう呼びます)の「思いの丈を書きまくってみたら」という言葉。入院前、闘病生活中、退院後、たくさんの人から支えられ、たくさん泣き、たくさん笑い、たくさんのことを想います。あたりまえに家族で過ごせる日々を何よりも大切にしたい、でも小児がんの家族にとってその願いはとても崩れやすいのが現実です。そんな生活の中でも心から笑い、喜べる幸せな風がフワッと私たちを包んでくれる瞬間があります。どんな逆境でも幸せ風は来てくれるなぁ〜、、、と心から幸せになれる瞬間が。そんな幸せ風がブログを読んで下さるみなさんにも届きますように、、、そんな想いをこめて日々のことを綴ってゆきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

Posted by 亜紀子 at 16:38 | diary | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

亜紀子さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiawase/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiawase/index2_0.xml