CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 活動報告 | Main | リフレクソロジー教室 »
プロフィール

市民と共に創るホスピスケアの会さんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/shhp/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shhp/index2_0.xml
ちえのわ「がん療養中の食事」開催のお知らせ[2013年05月16日(Thu)]
              がん療養中の食事
 抗がん剤や放射線治療によって起こる
       症状への対応と工夫

  
   講 師 : 管理栄養士 (鈴木純子:天使大学栄養学科)
   がん看護専門看護師 (石岡明子:北海道大学病院)
   日 時 : 6月1日(土)13:00〜15:00
   会 場 : 天使大学 料理実習室
   対象者 : がん患者・家族・患者さんと直接係っている友人 20名
   参加費 : 500円

   申し込み方法   開催日の3週間前から受け付けます。
   下記の内容をご記入の上、お申込ください。
   @ 氏名
   A 住所、電話番号
   B 気がかりなこと、聞いてみたいことなど、お書きください。
   FAX:011−615-6060、E-Mail:shimin-hospice@nifty.com


               25年度ちえのわ「食事」.pdf
         
ost
Posted by hayashi at 15:36 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第18回ちえのわ開催のお知らせ[2012年07月25日(Wed)]
リンパ浮腫の予防とセルフケア

リンパ浮腫は、乳がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がんなどで
リンパ節を切除したり、放射線治療を受けたことがある方に
起こりやすい症状であり、悪化を予防するケアが最も大切です。
「リンパ浮腫はなぜ起きるのか」をしっかり学んだ上で、
日常生活の注意点と自分でできるマッサージの方法を習得しましょう。

    日 時 : 7月28日(土)13:30〜15:30
   場 所 : かでる2・7
   参加費 : 500円

ちえのわ「家族」.pdf
ost
Posted by hayashi at 19:16 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第17回ちえのわ開催のお知らせ[2012年06月27日(Wed)]
    家族ががんになった時
〜患者家族のコミュニケーション〜


大切な家族ががんと診断された時、あなたの心には何が起こるでしょう?
そして、あなたはその家族に何がしてあげられるでしょうか。
家族が一丸となって、がんに向き合うために、皆さんで話し合いましょう。


        ちえのわ「家族」.pdf

ost

Posted by hayashi at 19:49 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
16回ちえのわ開催のお知らせ[2012年05月16日(Wed)]
 緩和ケア病棟って、どんなところ?
 緩和ケア病棟を見学してみませんか


ホスピス緩和ケア病棟とは、がんの患者さんの身体的、精神的苦痛の緩和を最優先し、
がんを治すための手術や化学療法などの治療は行わず、その方らしい時間をご家族と
ともに過ごすことを目指した病棟です。
将来的に入院することを考えている方、どんなところか一度見学してみて検討したい方、
実際に病棟を見て、担当スタッフからの説明を聞いてみませんか。

日 時と見学先 : 6月1日(金)14時〜15時30分 東札幌病院
※現地集合(西棟4階 コスモスホール)、現地解散
対象者 : がん患者・家族の皆さん 各20名     参加費:各500円


申し込み方法   開催日の3週間前から受け付けます。
下記の内容をご記入の上、お申込ください。
@ 氏名
A 住所、電話番号
B 気がかりなこと、聞いてみたいことなど、お書きください。
FAX:011−615-6060、E-Mail:shimin-hospice@nifty.com


ost

Posted by hayashi at 10:33 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第14回ちえのわのお知らせ[2011年09月05日(Mon)]
緩和ケア病棟って、どんなところ?
緩和ケア病棟を見学してみませんか

     ホスピス緩和ケア病棟とは、がんの患者さんの身体的、精神的苦痛の緩和を最優先し、
     がんを治すための手術や化学療法などの治療は行わず、その方らしい時間をご家族と
     ともに過ごすことを目指した病棟です。
     将来的に入院することを考えている方、どんなところか一度見学してみて検討したい方、
     実際に病棟を見て、担当スタッフからの説明を聞いてみませんか。

        日 時と見学先 : 9月30日(金)14時〜16時 東札幌病院
                  11月4日(金)14時〜16時 勤医協中央病院
                  ※現地集合、現地解散
       対象者 : がん患者・家族の皆さん 各20名     
       参加費:各500円


申込み方法など、詳細は下記をご覧ください。

ost
Posted by hayashi at 15:55 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第12・13回ちえのわ開催のお知らせ[2011年06月24日(Fri)]
家族ががんになった時
〜患者家族のコミュニケーション〜

        大切な家族ががんと診断された時、あなたの心には何が起こるでしょう?
      そして、あなたはその家族に何がしてあげらるでしょうか。
      家族が一丸となって、がんに向き合うために、皆さんで話し合いましょう。

        講 師 : 佐伯俊成氏(広島大学病院医系総合診療科医師)
       日 時 : 7月2日(土)14:00〜16:00
       会 場 : 北翔大学北方圏学術情報センター「ポルト」会議室C
               中央区南1条西22丁目
              (地下鉄東西線 西18丁目駅1番出口より徒歩5分)
       対象者 : がん患者のご家族 20名     参加費:500円





リンパ浮腫の予防とセルフケア


         リンパ浮腫は、乳がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がんなどで
       リンパ節を切除したり放射線治療を受けたことがある方に起こり
       やすい症状であり、悪化を予防するケアが最も大切です。
       「リンパ浮腫はなぜ起きるのか」をしっかり学んだ上で、日常生活
       の注意点と自分でできるマッサージの方法を習得しましょう。

       ♥ リンパ浮腫に関する講義のあと、セラピストの説明にあわせて
         セルフマッサージを体験します。
       ♥ マッサージがしやすい服装(Tシャツ・短パンなど)と、大きめの
         タオルをお持ち下さい。
       ♥ がんによるリンパ浮腫以外のむくみや、予防ケアの対象とならない
         方はお断りさせていただく場合があります。

        講 師 : 小林範子(北海道大学産婦人科医師)
             リンパ浮腫治療セラピスト
       日 時 : 7月9日(土)14:00〜16:00
       会 場 : 北翔大学北方圏学術情報センター「ポルト」会議室B
             中央区南1条西22丁目
             (地下鉄東西線 西18丁目駅1番出口より徒歩5分)
       対象者 : がん患者 20名     参加費:500円




       申し込み方法   
       下記の内容をご記入の上、お申込ください。
       @参加したいテーマ
       A 氏名
       B 住所
       C 気がかりなこと、聞いてみたいことなど、お書きください。
       FAX:011−615-6060、E-Mail:shimin-hospice@nifty.com

ost
Posted by hayashi at 19:21 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第11回ちえのわ開催のお知らせ[2011年05月08日(Sun)]
がん治療中も、きれいに〜爪のケア・脱毛への対処など〜

    がんの治療で皮膚、爪や毛髪のトラブルが……
   せっかく前向きに治療しようと思っていた心が萎えそうになってしまいます。
   そんな時、おしゃれ心を思い出して、きれいになって、元気を、生きる力を
   取り戻しませんか。

   ♥ 治療による皮膚などへの影響について専門看護師がお話します。
   ♥ 自分に合うかつらをためしてみましょう。
   ♥ お手持ちのウィッグの簡単な微調整やご相談をお受けします。
   ♥ 爪や頭皮のケア、メークの工夫を覚えましょう。

   日 時 : 5月14日(土)14:00〜16:00
   会 場 : 北翔大学北方圏学術情報センター「ポルト」会議室A
         中央区南1条西22丁目
         (地下鉄東西線 西18丁目駅1番出口より徒歩5分)
   参加費:500円

   申し込み方法   下記の内容をご記入の上、お申込ください。
   FAX:011−615-6060、E-Mail:shimin-hospice@nifty.com
      @ 氏名
      A 住所  電話番号
      B 気がかりなこと、聞いてみたいことなどありましたら、
        お書きください。

ost
Posted by hayashi at 19:48 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第10回ちえのわ開催のお知らせ[2010年12月12日(Sun)]
   子どもに親のがんをどう伝え、どう支えるか

         今、子育て世代でがんになる人が増えています。
       がんという病気を子どもに伝えても大丈夫なのか、
       どうやって伝えたらいいのか、
       どうやって子どもを支えていったらいいのか・・・
       などさまざまな悩みを抱えていませんか?
    

   講 師 :藤井あけみ先生
        (手稲渓仁会病院 チャイルド・ライフ・スペシャリスト)
   日 時 :1月22日(土)13:30〜16:00
   会 場 :大学共同利用施設「ACU」 1203
   
               札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 12F


    申し込み方法   
    参加費無料  申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。
    受付期間:平成22年12月13日から平成23年1月15日
    定員:20名
    対象:20歳未満のお子様がいらっしゃる、がんの患者もしくはその配偶者の皆様

    下記の内容をご記入の上、FAX 011−615-6060か
    メールshimin-hospice@nifty.comでお申し込みください。
       ●氏名、お子様の年齢
       ●住所・TEL・FAX番号
       ●気がかりなこと、聞いてみたいことなど、お書きください。





ost
Posted by hayashi at 19:58 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第9回ちえのわ開催のお知らせ[2010年10月14日(Thu)]
がんと診断された患者さんが、納得して主体的に療養生活を送れるよう、より豊かな
人生を過ごせるよう、知識を蓄え、知恵をつけ、顔で支えあいの輪を広げましょう。

        緩和ケア病棟って、どんなところ?
        緩和ケア病棟を見学してみませんか


ホスピス緩和ケア病棟とは、がんの患者さんの身体的、精神的苦痛の
緩和を最優先し、がんを治すための手術や化学療法などの治療は行わず、
その方らしい時間を御家族とともに過ごすことを目指した病棟です。
将来的に入院することを考えている方、どんなところか一度見て検討したい方、
病棟を見学し、担当スタッフから説明を聞いてみませんか。


日 時 : 11月5日(金)12:30〜16:00
見学先 : 南青洲病院・東札幌病院
マイクロバス使用(集合場所など追って連絡します)



申し込み方法  定員:先着20名(対象:がん患者・家族の皆さん)   
参加費無料
10月15日から11月1日まで受け付けます。
保険をかける都合上、当日参加は受付けません。
下記の内容をご記入の上、011−615-6060にFAXしてください。
(E-mailも可)

@ 参加希望の日時とテーマ
A 氏名
B 住所、電話番号
C 緩和ケア病棟について知りたいことをお書きください



協力団体 Kanwa-n-net (北海道緩和ケアに携わるナースのサポートネットワーク)
北海道がん化学療法看護研究会、札幌ホスピス緩和ケアネットワーク
後 援 北海道、札幌市、北海道医師会、札幌市医師会、北海道対がん協会
主 催 NPO法人 市民と共に創るホスピスケアの会
〒060-0061 札幌市中央区南1条西16丁目1−245 レーベンビル3F
TEL/FAX 011-615-6060 E-mail shimin-hospice@nifty.com
ost
Posted by hayashi at 12:41 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)
第8回ちえのわ開催のお知らせ[2010年08月20日(Fri)]
  がんと診断された患者さんが、納得して主体的に療養生活を送れるよう、
  より豊かな人生を過ごせるよう、識を蓄え、恵をつけ、顔で支えあい
  輪
を広げましょう。


食事や栄養面でお困りのがん患者・家族の皆さん
がん患者さんの生き生きパワーアップ
―美味しく食べるための工夫―

  
    がんの病気や治療の影響により、口内炎や味覚の変化、食欲がわかないと
   いう症状がでることがあります。そのような時に、食事内容や調理方法を
   ちょっと工夫することで、食べられるようになることがあります。
   少しでも食べたいと思う患者さんと、一口でも多く食べて欲しいという願いを
   込めて食事を準備するご家族のみなさん、一緒に美味しく食べるための
   工夫について学び合いませんか?

  ♥ 栄養士が美味しく食べるための工夫についてお話します。
  ♥ 他の人はどんな工夫をしているのか皆さんと話しながらヒントを
    見つけましょう。
  ♥ 栄養補助食品などの試食



  講 師 : 木谷信子先生(元天使大学看護栄養学部栄養学科・准教授)
  日 時 : 9月11日(土)14:00〜16:00  
  会 場 : 北翔大学北方圏学術情報センター「ポルト」会議室B                
        (地下鉄東西線 西18丁目駅1番出口より徒歩5分)

  申し込み方法     定員:20名   参加費無料
  開催日の3週間前から受け付けます。
  下記の内容をご記入の上、011−615-6060にFAXしてください。
                                (メールも可)
  @ 参加希望のテーマ
  A 氏名
  B 住所・電話番号
  C 気がかりなこと、聞いてみたいことなどありましたら、お書きください。


   協力団体 Kanwa-n-net (北海道緩和ケアに携わるナースのサポートネットワーク)
   北海道がん化学療法看護研究会、札幌ホスピス緩和ケアネットワーク
   後 援 北海道、札幌市、北海道医師会、札幌市医師会、北海道対がん協会
   主 催 NPO法人 市民と共に創るホスピスケアの会
   〒060-0061 札幌市中央区南1条西16丁目1−245 レーベンビル3F
   TEL/FAX 011-615-6060 E-mail shimin-hospice@nifty.com
ost
Posted by hayashi at 11:17 | ちえのわ | この記事のURL | トラックバック(0)