CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
だ き し め る あ お ぞ ら [2016年03月18日(Fri)]

おはようございます。
おしらせです。お時間のある方はぜひ!

NHK/FM 今晩9時10分より
『DJクラシック - 千住真理子の恋するバイオリン』

の中で、私たち風の布・パピヨンともご縁をいただいている大船渡保育園 の園歌が放送されます。あの時、高台にあるこの保育園にもあと数十センチで津波が上がってくるところだったということです。昼寝中のこどもたちは起きると、後ろを見ずに更なる高台へと非難してみな無事でしたが、園庭から眺める市街地は壊滅。多くの犠牲者が出ました。その後は、魚の腐臭と、止むことのない重機の音、そして埃。園庭にはそのころ放射能の数値が高いスポットもあって、屋内での保育を余儀なくされ、こどもたちならず保護者やもちろん園スタッフの皆さんのストレスはいかばかりであったか想像を絶します。
私たちがご縁ができたのは2011年9月、第一回の野染旅で岩手沿岸を巡っていた時に大船渡の<うさぎのしっぽ>という名のキルト教室の庭で野染をさせてもらった時に、居合わせたこの保育園のスタッフから「今すぐにでも来てください」との切実な言葉を聴き、翌10月に訪問。マスクをしたこどもたち、保護者の方たちと、園庭にある大きな銀杏と桜の木に20メートルの布2本を張り夢中に、笑いながら走り回って染めました。
そののち此処を尋ねられた作曲家の千住明さんと、作詞家の覚 和歌子さんが、この素晴らしい園歌を作られました。
この歌は、<さかみちをのぼって、あのくもをつかもう  さかみちをのぼって、かぜのおかひだまり  さかみちをのぼって、だきしめるあおぞら>と、こどもたちが繰り返し唄うことによって、地震が起きたら、何をおいても先ずさかみちを登ろうという意識を、身体の芯にまで染み込ませたいという、切なる願いが込められています。今、私たちが訪れるとあちこちの部屋からこの歌が聴こえてきます。みんなこの歌が大好きな様子です。
この歌は、大船渡保育園だけに留まらず、広く多くのこどもたちに届き、歌い継がれて行ってほしいと願います。
このビデオは2012年9月12日に法然院でご縁ができた<邦楽普及団体えん>の三陸邦楽の旅にご一緒した際、私がデジカメで撮影したもので、音質など不十分ですが、<えん>の皆さんが直前に楽譜を渡されたにもかかわらず、いわばぶっつけ本番で伴奏してくださり、おこたちがもうすでに大好きな歌として唄っておられる様子が身に沁み、忘れがたき時間でした。

今夜の放送予定は
「さかみちをのぼって」
(歌)大船渡保育園 園児、(ピアノ)松田友美
「坂道のうた」
(歌)岩手県立高田高等学校 音楽部、(ピアノ)千住明


https://blog.canpan.info/shamurie/archive/75
https://blog.canpan.info/shamurie/archive/76
https://blog.canpan.info/shamurie/archive/248
https://blog.canpan.info/shamurie/archive/77
https://blog.canpan.info/shamurie/archive/198



追記・『DJクラシック - 千住真理子の恋するバイオリン』聴きました。
千住さんが現地に通う中で、一番胸に残っていること。それはちいさき人の心の中に宿っている、あの時の記憶。それを抱えていても表に出すことができないまま、今を必死に生きているこどもたちへの思いが、溢れてくるような語りに共感をいたしました。『さかみちをのぼって』の姉妹曲である『坂道のうた』も流されました。この歌は、辛くて向き合うことが出来ないと、保育園の方たちは話されていました。いまだ、受け入れることができない思い、行方不明の方たちもおられる中、そしてあの時のリアルな感情を色濃く抱えながら生きている人たちにとっては、ダイレクトに揺り動かすものがあったのかもしれません。5年を経た今、この歌を唄うことは出来ているのでしょうか。そしてこの歌詞を福島などから遠く移り住んでいる人たちはどう受け止めるでしょうか?
作詞者の覚和歌子さんと千住明さんが唄われているものがあります。歌は継がれつつ生き、長い時を必要としながら純化してゆくものかもしれませんね。





つぶやきから語りへ [2016年03月16日(Wed)]

20年以上前に出会って、いまも身近に埃を被らずにある本。
昨晩、法然院森の教室の生徒として鷲田清一先生の授業に出席。念願だったサインをget!

image.jpg


〈つぶやきから語りへ 〉生の言葉が時間を経ることで語りという形になり、やがて物語となることで意味が深まり、他者にもより関わり伝わる普遍性と無名性を獲得していくのではないか。臨床哲学者の言葉は示唆に富み、温かく胸底に届くようだった。津波後続いている複合大災害の中で、語り始めた言葉に耳を澄ませねば。
野染めが呟きとするならば、それを裂き織りにしたり、メモリアルキルトを作って行く時間が、語りの場であり、そして、手渡された人達が物語を紡いで行くのではないかとも。そして、大槌のベルガーディア鯨山にある佐々木格さんがされている<風の電話>のことも想い起しました。希望でした。

l05.JPG



image.jpg

田野畑村 ハックの家 野染めの布の裂き織りバッグと、
おおつちおばちやんくらぶのShake Hand


o08-thumbnail2.jpg





5年 [2016年03月11日(Fri)]

10437433_952803911476337_4248691434007830963_n.jpg



5年目 風の布・パピヨン 続けます。
感謝です。


12800335_952790174811044_861996724057526035_n.jpg<

染めること


12823367_952795224810539_8217225494843820453_o.jpg


12828385_952795348143860_5692889377434045820_o.jpg

縫うこと

12829318_952795844810477_2671383256465772659_o.jpg

編むこと


12823509_952801881476540_7145514241094325094_o.jpg


生活すること


12823496_952803724809689_1213167654622631740_o.jpg


そして 笑うこと


051.jpg







5年目の握手 2 [2016年03月10日(Thu)]

三条富小路通上る西側ギャラリーh2oで
Shake Hand 13日までやってます。


12809782_952134914876570_3203154994070982263_n.jpg

今年ゲットしたのは猿鮭!
最近選ぶ時、どうも孫の顔が浮かんでしまう。


980878_952048431551885_3931672372009199998_o.jpg

おおつちおばちやんくらぶ の川原畑さん、
遠方から今年も来てくれました。


12829078_952150571541671_6748419472482397325_o.jpg


ここでShake Handについておさらいを
まず、鮭のデザインをし、布と綿をおおつちおばちゃんくらぶに送り、ヌード鮭を作ってもらう。それを買い取り、参加希望者に3体600円で購入してもらう。それをキャンパスにしてそれぞれ自由に加飾したShake を展示即売し、売り上げから諸経費を差し引いたものを、おおつちおばちゃんくらぶの元へ。
大槌町は新巻き鮭の発祥の地とか。回遊した鮭の中には今年もカナダバンクーバーから北太平洋を巡って辿り着いてくれたものもあります。ちなみに今回のShake Hand大賞はそのバンクーバーからやってきた鮭さん! こんな素敵な仕掛けを作ってくれたのはadu(アンテナデザインユニット)の皆さんです。
もちろん、おばちゃんたちの踏ん張りに拍手!
それから惜しみなく協力してくださっている素晴らしいギャラリーh2oに感謝です。
5年目の握手 Shake Handです。

FullSizeRender (1).jpg

おおつちおばちゃんくらぶ賞は 
京都華頂女子高等学校の生徒さんがゲット!
ポップな寿司、一丁!!


aduのフェイスブックは
https://www.facebook.com/adu.shakehand/?fref=ts
5年目の握手 1 [2016年03月08日(Tue)]

Shake Hand はじまったよ!!


12512479_951021308321264_5639278776179212999_n.jpg


Shake Hand 3.11 4th FINAL
主催・adu アンテナ・デザイン・ユニット
2016年3月8日(火)〜13日(日)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
h2o
京都市中京区富小路通三条上ル福長町109
075-213-3783
地下鉄東西線「京都市役所前」徒歩5分
地下鉄烏丸線「烏丸御池」徒歩10分



12832360_951063821650346_2124964037520432246_n.jpg

今年もギャラリーh2o の全面協力で開催。感謝!

12524335_951063828317012_3439298422560361747_n.jpg


12829030_951021301654598_4510896130815269055_o.jpg

おおつちおばちゃんくらぶのみんなが、
寒い中縫い上げた真っ白なヌード鮭に、
何百人もの人たちが加飾。
大槌の鮭祭りのはじまりはじまり!!


12804698_951021358321259_3272764510501397153_n.jpg

今年も愉快な仲間たちが一杯集まったよ!

12802832_951021388321256_8933655394539630457_n.jpg


943962_951021421654586_8027302654017004908_n.jpg

オシャレなShake手拭 
デザイン・和晒・注染
それぞれのプロがユニット組む 
なんというぜいたく! 


12795357_951021351654593_3681008924626554675_n.jpg

田野畑村・ハックの家の画家、松家圭輔さんの絵を
aduの皆さんのご尽力でみごとな布に。
今年はなんと3点も新作が登場。光いっぱいの作品に。


12802998_951063851650343_5158701964644410642_n.jpg

これもハックの家の皆さん(実習生も加わって)が、
鮭をデザインされた布に刺しゅうを施しました。
布が、厚みのある立体的な表情に。迫力があります。

12806022_951021431654585_7313351134158308906_n.jpg

石鹸にフェルトをくるんだ人気の「フェルケン」
早い者勝ち! ハックの家作

12795396_951021401654588_3859865310341995057_n.jpg

新作ブローチ オシャレ!


高浜原発 緊急停止の朝に [2016年03月01日(Tue)]

おはようございます。うっすらと雪化粧の京都です。我が家の窓から、そして15歳のジャッキー(♀)階段を行く です。

12800255_947184238704971_7050149531019660710_n.jpg


12814090_947184252038303_5745823743896892890_n.jpg



高浜原発緊急停止中の今日、1日脱原発リレーハンストを、友・蒔田直子さんとしております。
2012年6月14日から1日も途絶えることないリレーに、なぜ参加してきたのか考えています。

その1 悔悟
私は今年69歳になります。日本で最初の原子力発電が行われたのが1963年、私が高校1年の時です。その後、ベトナム反戦運動などにもそれなりに関わりましたが、私の中で原発が主要な課題とはなりませんでした。その間、廃炉1基を含めると55基もの原子炉 が、乱立。わたしはそれに対し、福一事故が起きるまで具体的なアクションを起こしておりませんでした。
1971年より京都にて染色業に従事。それから40年以上化学染料を使い、その生業として来ました。その間のわたしが為した環境への負荷は、計り知れません。3・11以降のこの複合大災害は、我の有り様を根本から問われる一大事でありました。私が変わらなければ何も変わらない。2011年4月に産まれてきてくれた初孫の顔も、私にその根本を問うてきました。

その2 こどもたちのこどもたちのこどもたちのために
このリレーハンストを提唱してきた神戸の「被災地NGO協働センター」のスローガンです。そんなわけで私は原発に関して語るべき自分史が極めて貧弱なものなのですが、この間、仲間とともに三陸海岸を中心に通う旅は、自然の一部としての人間(無論私も) の傲慢さを否応なく実感していく時間となりました。
山川草木、生きとして生きる動植物が悲鳴を上げているような景色が延々と続いているのです。それはもちろん今始まったことではないのですが、あの3・11があって多くの衆生の命が奪われ、街や海や山が酷いダメージを受け、悲鳴を上げている最中に、人の手によりさらに山を傷めつけ、380キロにもわたるコンクリートの巨大防潮堤をを作り、砂浜を奪い、海岸の豊かな生態系を無残にも破壊してゆく人間とは何たる生き物であろうか。
その最たるものが福一原発事故。これから気の遠くなるような長きにわたり、ヒトのみならず、生きとして生きるものたちの、こどもたちのこどもたちのこどもたちに、逃れようのない負荷を背負わせる出来事が今起こっている中で、再稼働どころか他国へも積極的に売ろうとしている、この国の中枢を担う人たち。
もう逃げるわけにはいかないのです。

その3 喰わない時間
喰わないで腹が減ることでしか、実感できないもの、見えないものが私の場合にはあります。それはなかなか大切なもののように感じています。そして、ほぼ会ったことのないすきっ腹の人から手渡されたバトンを、すきっ腹になった私が次の人へと引き継ぐのです。その間誰も監視をしているわけではない、きわめてパーソナルな行為ですが、それを続けている中で確かに<脱原発を願う>というだけでつながっている他者へ思いと信頼が、深まってゆくように感じております。

このリレーハンストは、私にとっては自らのありようを見つめる時間であり、ヒトの酷さと対峙する時間であります。
☆ブログはこちら 〜 https://blog.canpan.info/stopnps/