CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年05月 | Main | 2015年07月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2015年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
おいしいくうき 3 [2015年06月25日(Thu)]

10557571_670373556386042_4796270608326963671_o.jpg


■2015年「夏の家」概要■
期間:2015年7月24日〜8月31日(※参加者の人数により、期間を変更する場合があります)
場所:NANTAN 交流の家 (NPO法人 使い捨て時代を考える会が所有する古民家)
〒622-0056 京都府南丹市園部町埴生垣内14

ゴー!ゴー!ワクワクキャンプ https://www.facebook.com/55wakuwakucamp

2015「夏の家」 手伝ってくれるひと募集説明会&医療講習
詳しくは https://www.facebook.com/events/457357384419141/

『今年も夏休みに保養キャンプを実施することが決定しました!!
それにともない、手伝ってくれるひとの募集説明会をおこないます。

ゴーワクでは福島原発事故以降、放射能汚染の不安から少しの間でも解放されることで心身のリフレッシュにつながればと、東北・関東のこどもたちと保護者の方を京都に招いて保養キャンプを開催しています。

ですが、一ヶ月を超えるキャンプを中心メンバーだけでやりぬくことはできません。
こどもたちの安全を見守るひと、日々の食事をつくるひと、イベントやワークショップをひらいてくれるひと、毎年本当にたくさんの人たちの支えがあってキャンプが開催できています。

そして、今年も夏キャンプの開催にともない、キャンプを手伝ってくれるひとの募集説明会。
役割は大きく分けて「こどもの見守り」と「食事づくり」に分かれますが、ほかにもいろいろな関わり方ができるかと思います。(提案も大歓迎です!)
ゴーワクに初めて興味を持たれた方も丁寧に説明しますので、ぜひ参加してください。
また、6月からは「夏の家」に実際手伝ってくれる人を対象とした 医療講習も合わせてを開催します。
医療面での注意点や実技、こどもとの接し方について話しますので実際に「夏の家」でのお手伝いを希望される方はご参加ください。
説明会は以下の日程でおこないます。
***********************

■2015年「夏の家」概要■
期間:2015年7月24日〜8月31日(※参加者の人数により、期間を変更する場合があります)
場所:NANTAN 交流の家 (NPO法人 使い捨て時代を考える会が所有する古民家)
〒622-0056 京都府南丹市園部町埴生垣内14

6月28日(日) 13時半〜16時半 (説明会&医療講習会)
 東山いきいき市民活動センター・会議室5

7月 2日(木) 18時半〜21時 (説明会&医療講習会)
 総合生涯学習センター・研修室7

7月12日(日) 13時半〜16時半 (説明会&医療講習会)
 東山いきいき市民活動センター・会議室301

【会場へのアクセス】
東山いきいき市民活動センター
http://higashiyamacds.main.jp/access
所在地/京都市東山区三条通大橋東入2丁目下る巽町442番地の9
最寄り駅/京阪電鉄「三条」駅(3・4・5番 出口)地下鉄東西線「三条京阪」駅(2 番出口) いずれも徒歩約5分

大阪市立総合生涯学習センター
http://osakademanabu.com/umeda/
所在地/〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階
最寄り駅/【地下鉄】御堂筋線・梅田/四つ橋線・西梅田/谷町線・東梅田【JR】大阪駅/東西線・北新地駅【私鉄】阪神電車・梅田/阪急電車・梅田
説明会についての疑問や質問、説明会には来れないけど、ゴーワクには興味がある、という人がいれば個別にお問い合わせください。
お問い合せ先
E-mail/5wakumembers@gmail.com (伊達)

夏の家中だけのお手伝いではなく年間通して手伝ってくださる方も大募集中です!! 例えば、助成金の申請や事務処理が得意という方やチラシのイラスト描けますという方など。 もちろん、何か手伝いたいけど、わからないという方も一度お問い合わせください。 毎週月曜か木曜の夜に丸静荘(岩倉)もしくはかかぜのね(出町柳)でミーティングを実施しています。 キャンプの運営から関わりたいという方はお問い合わせの上お越しいただいても大丈夫です。』



昨年に続いて『夏の家』で野染めしますよ。
8月4日(火)午前/5日(水)予備日



ひ か り の み ち [2015年06月09日(Tue)]

10608330_724058167684247_5579054443343829417_o.jpg



陸前高田出身のパーカッション奏者 
はたけやま裕さんのアルバムから


<ハナミズキの道>の淺沼ミキ子さんを通じて知りました。何回聴いても胸に沁み亘ります。作詞作曲、歌、演奏そしてアニメーションが、祈りに満ちているように感じます。
想像を超えるあの出来事の、深い悲しみの中から、宝物のような物語が、光となってこれからも紡ぎ出されていくのではと・・・

かなしみよ ふっと とんでいけ そして小さな花にな〜れ  木島知草


私の音楽の原点。
それは音楽そのものではないことは自覚していたのですが、
今回の震災により、それが幼少のころから触れていた
陸前高田市の自然だということに気づきました。
のっぱらで雑草や虫といつまででも戯れている野性児で、
四つ葉探しは得意中の得意です。(笑)
震災後、何度も陸前高田市に行く中で、
自然とメロディーが浮かんできました。
そして、その音楽と共に映像として頭に浮かぶのは光でした。
堆高い瓦礫に粉塵舞う、灰色のかつて街だった場所を
オーロラのように上から光が覆っているのです。
そして「光」のシリーズは生まれました。 
 〜はたけやま裕



笠取へ行こう! [2015年06月07日(Sun)]

宇治・三室戸保育園 笠取での野染め  6月6日


三室戸保育園 笠取の家での恒例の野染めです。
曇り時々小雨、時々晴れ。楽しく終わったよ!


11357359_820641394692590_2943937088574292360_o.jpg

毎年この季節に呼んでくださり、15年を超えました。いつも保護者の方たちの参加の多さに驚きます。
街中にある保育園ですが、豊かな自然あふれるこの笠取地区に畑や古民家を所有していて、思いっきり遊べる、大切な気付きの場を、杉本総園長さん(兄弟園である、三室戸保育園、Hana花保育園、みんなのき保育園の親分(*^-^*)です)駒井園長さんを先頭に作っておられます。
わたしにとっても、いつもいつも豊かな時間をいただいてる、ありがたい野染なのです。
ポコも3年前から加わり、すっかり人気者!

11357160_820641451359251_9134233063402546703_o.jpg

年長さんになると野染ができる!
待ちに待った日です。

藍の畑も一生懸命管理しています。これから卒園までの間、福知山の山城ご夫妻の指導の下、乾燥葉、スクモ作り、そして藍建、藍染めと愉しく、豊かな時間を過ごすことでしょう。

11429965_820641528025910_6827595317737587617_o.jpg


11270503_404405169746701_7665966753375060099_o.jpg

乾かす間の雨が心配で、笠取の家に持ち込み干しました。
photo 三室戸保育園

11289501_820642241359172_1410428676819155774_o.jpg

軒下にも干しました。


11312797_820641941359202_75777670522570894_o.jpg

震災後、杉本先生は岩手・大槌町の保育園ともつながり、交流を深めております。このような大災害をきっかけに、今までご縁の無かった人たちやグループ同士が出会い、支え合ってゆくことは、とても意味のあることと感じています。

11427362_403719483148603_3960296115184227476_o.jpg

野染めできますように、祈りを込めて
前日にみんなで作ったテルテル坊主
photo 三室戸保育園


11406128_820641824692547_2805525297085517421_o.jpg

野染めの後は美味しい昼食。
みんなが摘んでアク抜きしたワラビ入りのおにぎり、
いただきま〜す!



手〜心〜人とつなぐ [2015年06月02日(Tue)]

fin


tu12.jpg


手〜心〜人とつなぐ「東北つぎっこ」展 レポート 
風の布・パピヨン世田谷 主催


FullSizeRender.jpg

ウィンドーには、ハックの家の松家圭輔さんの絵を、TDA Shake Hand の人たちの手によりインクジェットプリントした布、仕立てられたスカートなどが飾られ、このあたりのオシャレな店にも引けを取らないディスプレーが目を引きます。
遠く、九州・阿蘇から駆けつけてくれて素敵な会場作りをしてくれたのは、今回の企画の中心メンバーである、ペコとヒゲこと、澤畑夫妻の娘さんの樹さんとそのお連れ合いでした。なんと今回のために大きな木のテーブルまで作ってくれていました。

雰囲気のある古いビルの、グランドピアノがある天井の高いギャラリーに、いっぱいのつぎっこ達(布のことを東北では、つぎといいます)が、来場してくださる本当にたくさんの人たちを迎えました。

たくさんのお客様を前に、田老のゆいとり工房の大棒レオ子さんの語りがはじまります。四年を経た今でしか、話せないようなこと、いっぱい胸に抱えて来られた気持ちが、じわじわと伝わってきました。

FullSizeRender (2).jpg


その後、会場に来られていた、おおつちおばちゃんくらぶの、川原畑さん、陸前高田の徳山さん、京都からはShake Hand Project のリーダーの奈良平さんが、それぞれの想いを語り継いでくださいました。
初日にはハックの家の竹下敦子さんも駆けつけてくれていました。

tu08.jpg
左から、河原畑洋子さん、大棒レオ子さん、徳山恵美子さん



tu03.jpg

一段とグレードアップしてオシャレ度が増した、
ハックの家の作品たち。

tu20.jpg


tu06.jpg

ゆいとり工房のコーナー
着物地を使った丁寧な作品が並びます。


tu21.jpg

おおつちおばちゃんくらぶ からは新しいオリジナル作品が一杯

tu05.jpg

TDA Shake Hand グッズも充実


FullSizeRender (3).jpg

南三陸・のぞみ福祉作業所の「モアイ・タオル」も可愛いと好評


tu14.jpg

深く心にしみる絵本<ハナミズキの道>の作者(絵は 黒井 健さん)の淺沼 ミキ子さんも会場に来てくださいました。

11334061_818690801554316_6794334488425262681_o.jpg

雰囲気のある布看板を作ってくれたのはさとこさん。
それを掲げているのは石坂さんです。


IMG_6497.JPG

大棒レオ子さんを囲んで、今回の会の主催者の澤畑明見・勉(ペコ・ヒゲ)さんご夫妻と、ずっと会計を担当してくれたキョンキョン。山形の木村美紀さん、そしていつものポコも京都から。

温かな風 いっぱいのルデコでした。
たくさんのご協力・エールをありがとうございました!