CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ポコの旅日記 2 [2013年09月22日(Sun)]

8月18日(日) 昨夜はペコちゃん・ひげさん(澤畑勉さん)宅でぐっすりと睡眠をとらせてもらい、朝からとても豊かな食事をいただいて(毎回のことですが)、ポンコツ銀河号から、ひげさんのワゴン車に乗り換えて、ペコ、優希ちゃんと共に栃木県高根沢町の「元気あっぷ村」に向かいました。

higepeko.jpg
photo by saito 2012 5/8 撮影
京都と三陸、1,000kmを越える旅程の中間にある、
なくてはならない風の布・パピヨンの<止まり木> 澤畑家 (注釈・斎藤)


そこでは、佐々木和也さんとお仲間が、里山再生ワークショップとして、藍を育て、その藍の葉を摘み取って、少量の塩を混ぜて、手で最初は優しく揉みほぐし、徐々に力を込めて揉みほぐして出てくる染液を水に溶かし、その水に、シルクの布を浸して染めるという生葉染めを体験しました。

IMG_0558.jpg
photo by poko


佐々木和也さんとは今回初めてお会いしたのですが(斎藤洋がfbで繋がってどうしても会いたい人と云っていた)里山再生と子供たちにかける情熱が全身から伝わってくる魅力溢れる人です。ワークショップが終わり、まだ時間に余裕があったので、ぜひ「陽だまり保育園」を見学したいとお願いすると、快く同行してくださいました。

poko3.jpg
photo by poko


その陽だまり保育園。日曜日で園は休みというのに、園児のお父さんやすでに卒園している子供のお父さん達が集っていました。古民家を移築し、それをベースに増築されたなんとも趣のある建築物。玄関を入った大広間の吹き抜けは圧巻です。そしてそこには見覚えのある照明器具が吊るされています。なんと今夜一宿一飯をお願いしている和灯屋(40年以上前に京都で出会い、今は宇都宮で和紙を使った照明器具を創作している彦ちゃんこと鎌田泰二さん)の作品です。正面を見るとステージと呼ばれる大空間。その奥にはベンガラの壁が広がります。その一角に斎藤洋が染めた布で創られた3メートルを超える高さの照明器具が吊るされていました。この地でもまた不思議な縁との出会いがありました。

poko2.jpg
photo by poko

外に出てみると現在進行中のプロジェクト(竹で下地を編み土壁をつけて自然素材で屋根を葺いた円形の小屋、水路を作るために積まれた小石等々)が全て園児や卒園児の保護者によってつくられています。このような保育園の存在を目の当たりにすると、現在の学校教育の在り方、社会の在り方に疑問を抱かざるを得ません。真に、子供たちの、子供たちの、子供たちのための社会を如何に実現していくかが問われているのだと思います。

1275566_210380952456722_2118591822_o.jpg


佐々木和也さんとは明日の夜、陸前高田でお会いする約束をして今夜の宿泊先、和灯屋に向かいました。

願い [2013年09月16日(Mon)]

DSC_0021.JPG
斎村康広さんから届いた秋の便り ありがとう!



台風が通り過ぎ、私が住む京都でも、桂川や福知山の由良川からは水が溢れ、大変な災害が。
幸い私のところは無事にやり過ごすことが出来たけど、家や田んぼや畑がまるっきり水に埋まってしまった福知山の由良川周辺の様子など、本当に大変なことになっていて、今まで大切に重ねてきた人々の営為が無残にも壊滅してしまった様子は、その規模の違いはあってもあの3・11以降の様子を思い起こさざるを得ません。
この間、ご縁のある三陸の方たちからたくさんの電話やメールをいただきました。「心配しています。大丈夫ですか」と。痛みを共有することのむずかしさをずっと感じてきたような我が人生ですが皆さんからの声や言葉は沁みるものがありました。



img206.jpg

ちいおばさん(木島知草さん)作のカレンダー(8月)



この国で今痛みをどこよりも感じているのは、福島や沖縄の人たちではないだろうか。国を守るとは、耐えきれぬ痛みを感じているその国の民を救うこと。その国のこどもたちのこどもたちのこどもたちに、出来るだけ痛みの少ない未来を作ってゆくこと。


秘密保護法案の意見募集が17日に締め切られますが、反対意見をした人もきっちりマークされると思うと背筋が寒くなります。ブログも心して書いていかなければと・・・ある種の決意が試されるような気がしています。

政府が成立を目指す「秘密保護法案」をめぐっては女優の藤原紀香さんも自身のブログで「放射能汚染、被爆などのことや、他に、もし国に都合よく隠したい問題があって、それが適用されれば、私たちは知るすべもなく、しかも真実をネットなどに書いた人は罰せられてしまう・・・なんて恐ろしいことになる可能性も考えられる」と懸念を表明。「これはきちんと国民の一人として意見しなければ」「賛成の人、反対の人、それぞれ、意見は政府へのパブリックコメントに書きましょう」と呼びかけている。aleterna より

ポコ・旅日記 その1 [2013年09月11日(Wed)]

待望の8月の野染旅の報告がポコこと、寺元健二さんから届きました。
このブログは2011年の6月からスタートし、すでに300ページを越えていますが、ポコは、こちらからの再三の執筆依頼にも、「苦手やし」とうまく逃げられていました。
ところが、私の不測の事態により、野染でも中心的な役割をせざるを得なくなり、もう断りきれないなと観念したのだと想います。
今回は旅の最初、町田の三つ又冒険遊び場・たぬき山までのレポートが届きました。とても良い文章です。これから次々と届くと(?)思います。乞う、ご期待あれ!!



8月16日深夜 最初の目的地 東京町田市の三つ又冒険遊び場たぬき山に向かう。
いつもと違うのは隣に座っているはずの「染めのおっちゃん」こと斉藤洋(斜夢)がいないこと。札幌で大ケガをして入院中(その後の経過は本人がブログやfbで発信中です)。いままで当たり前のように想っていたことが、いつもそうなるとは限らないと云うことを再確認することから始まりました。
隣に座っているのは真嶋優希さん。私が1月から3ヶ月間、職業訓練として介護サービスの授業をともに受けた同級生。スクール終了後も「手業展」「2人展」に来てくれて、「東北に行きたい」と言っていたのを思い出し、誘ってみたら「ぜひ行ってみたい」と云うことで全行程に同行してくれることになりました。デジタルだめ人間の私にとっては、写真やナビ等最後までとても心強い同行者でした。

1098543_492639727492760_537580474_n.jpg
Photo by Yuki


本題に入って「三つ又冒険遊び場たぬき山」。子供たちにとっては最良の遊び場であり学びの場。その日も大勢の子供たちではじけていました。「染めのおっちゃん」が何年も前から毎年野染めを続けてきた場所。今回の野染めの様子は、すでにうさぎ(岡本恵子さん)のレポートや写真等でブログにアップされているので詳しく触れませんが、「野染め」をして本当に気持ちの良い場と人々との出会いでした。

1185082_1391552724407129_410655197_n.jpg
Photo by Yuki



ところがこの「遊び場」が来年の3月で閉鎖されるかも?という話。うさぎや大野さん、中西さんたちスタッフや保護者の情熱と努力、地主さんの献身的な協力で1999年以来14年も続いてきた「遊び場」が存続の危機にあるというのです。現段階では、様々な団体からの存続のための要望書が町田市に届けられ、町田市の英断に託されているようです。
子供たちにとって、地域に住む人々にとってこのような素晴らしい場が無くなることは計り知れない損失です。町田市のいちばんの財産である子供たちのための、住民のための英断を信じています。来年もこの場で「野染め」ができることを願いながら今夜の宿泊場所であるペコ(澤畑明見さん)宅に向かいました。

966440_145372252320544_1480476341_o.jpg

三つ又冒険遊び場・たぬき山  岡本恵子さんのfbより


神様 仏様 [2013年09月07日(Sat)]

怪我をして、辛いこと多々ある中に、何とも嬉しいこともたくさんある。頭が3つ、手と足が6本ある、元気になる神様を送ってくれたのは滋賀・石部のあざみ寮の咲子さん。美しい手描きの便せんに「早く良くなって」と便りしてくれたのは、岩手・田野畑村、ハックの家の圭輔さんと夕美さん

omimai2.jpg


omimai.jpg




リハビリから帰宅したら、工房の机の上に、綺麗な布に包まれた箱がありました。
〈残暑お見舞申し上げます。中略 また病院ではなく法然院へご来院賜われますよう願っております。 合掌 梶田真章 〉 の一筆とお庭で採れたカボスが!


ありがたく、ごちそうさま!!


1239955_495875607169172_1999540306_n.jpg





しみじみ、いい曲やな、と・・・・