CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年07月 | Main | 2013年09月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
草木野染めだよ!3 [2013年08月27日(Tue)]


このブログは、私、斎藤が担当して制作しているものです。今まで、風の布・パピヨンの活動には、ほぼ欠かさず参加してきましたが、先月12日の事故により今回の旅には参加かなわず、仲間が力合せて、また新しい空気を作りながら、旅を続けてきました。それぞれの現場の匂いや感じた思いは、そこにいないと分かりません。でも行き先々からポコがケータイで私のもとに発信してくれて、そこに集う縁のある方々の声を届けてくれたおかげで、随分と入院中のベッドの上でも伝わって来るものがあり、本当にありがたいことでした。
後日、仲間の誰かが、必ずや今回の紀行文を寄せてくれると信じております。
取り敢えず、今回は初めて参加した新しい仲間のゆきちゃんが撮りためた写真を載せさせてもらい、簡単な報告をさせてもらいます。
(わたくし事ですが、札幌を入れると40日以上に亘る手術・入院生活を終了し、今は病院に通院しながらたのしい?リハビリ生活を送っております。皆さまからのお心、身に沁みました。感謝です) 




8月20日(火)陸前高田 下矢作保育園にて野染め


佐々木和也さん、そして陽だまり保育園とご縁のある下矢作保育園で、初めての野染。
あいにくこの日は雨模様。急遽、室内での作業となりました。
宇都宮と陸前高田の保育園の素敵なつながりは、
平和×復興=つながり〜保育園が保育園にできることをご覧ください。

IMG_4841.jpg


IMG_1897.jpg



8月21日(水)花巻清風支援学校・高等部 野染


IMG_9782.jpg



IMG_4992.jpg

陸奥はもう秋空!?


IMG_4427.jpg



8月22日(木) 沿岸の草木で染め体験

このブログでもたびたび紹介させて頂いている、山崎耀樹さんの尽力で、天然染料によるワークショップが開催されました。講師は佐々木和也先生。参加者は田老町から大棒レオ子さんなどのゆいとりの会の皆さん、地元大槌町からは川原畑洋子さんなどサンガ岩手のひとたち、大船渡からはうさぎのしっぽパッチワーク教室に集う方々など、今までご縁をいただいている人たち。そして、山崎さんが育てている畑の草取りなどに参加している20名を越えるボランティアなど、予想をはるかに超える50名以上の参加者があり、良き集いとなったとのことです。
3・11以降の哀しく苦しい生活を目一杯生きてきた人たちが、今何を見ているのか、いつも考えさせられていると同時に、教えられているような気がしています。それは被災地だけのことではなく、そうではない所に生活している<わたし>が選びとって来た様々な<価値>の意味を根底から問い直されているようでもあります。そしてそれは、失われた大切なものを取り戻してゆく道へとつながって行くのではないかとの強い予感があります。
今回のこの小さな一歩も、その濫觴のように思えてなりません。

img201.jpg

もう少し詳しい内容は後日お伝えします。



8月23日(木) 宮古恵風支援学校 野染


IMG_6665.jpg




草木野染めだよ!2 [2013年08月24日(Sat)]

8月17日(土)町田・三つ又冒険遊び場たぬき山


第三回夏のお終わりの東京、三陸野染め旅、わたしがこんな状況なので今回の野染めはポコが中心で辿りました。勿論いつものペコ、そして新人のゆきちゃんも一緒。何回かに亘り、その報告をいたします。
初日は東京町田の三ツ又冒険遊び場たぬき山の竹林の中です。リーダーの一人、うさぎ(岡本恵子さん)からレポート写真が届きました。

天然染料のやさしい色がなんともいいね!
これから24日まで岩手の支援学校、保育園などめぐります。

IMG_0233.jpg

ポコにとっては、初めてのたぬき山。でもすっかりなじんでいる様子。


IMG_9314.jpg


IMG_1545.jpg

昨年、ここたぬき山で初めての草木野染をしました。
その時から、随分と進化したものになってきました。


IMG_7916.jpg

「おっちゃん、がんばるダー!!」と京都に向けエールを送ってくれたみたいです。
OKがんばるぞー!!!
以上 photo うさぎ


IMG_9327.jpg

竹林、優しい光と影。 photo ハイジ



8月18日(日)陽だまり保育園 草木染ワークショップ

宇都宮の友人、鎌田泰二さんからレポートが届きました。

斎藤洋(シャム)が始めた野染め旅。彼の傷がまだ癒えぬため、これまで付き添ってきた(共に旅をしてきた仲間の・注 斎藤)ポコちゃんを中心にペコちゃんと優希さん3人が彼の意思をつなぐ旅に出ています。町田で野染めのあと栃木に入り、藍染の佐々木和也さんのワークショップに参加。高根沢の陽だまり保育園を見学してこの日は和灯屋に宿泊しました。三人とも爪がきれいな青に染まっていました。翌朝越前高田へ向かいましたが雨の予報だったので気がかり。  鎌田泰二

1174545_375579759238279_1184420713_n.jpg

ああ!良い保育園!!

1175033_375579915904930_1681135800_n.jpg

保育の現場で当たり前のように育てられている藍

1184844_375579455904976_870987353_n.jpg

宇都宮大学の佐々木和也先生。保育園と深く関わられておられる。
22日には、大槌町でワークショップをしてくださる。

1175128_375579652571623_1710364413_n.jpg

藍の生葉染め



8月19日(月)陸前高田 夢工房・恵


京都市立芸大の藤井良子先生ゼミが取り組んでいる、被災地でのクラフト作りの具体的な作業の一環として、藤井先生と学生の一人が宇都宮で合流、陸前高田まで共に旅をしました。かなり有意義な打ち合わせが出来たみたいです。これからの取り組みが本当に楽しみです。


img199.jpg


藤井ゼミ2.jpg


藤井ゼミ1.jpg

草木野染めだよ!1 [2013年08月11日(Sun)]


久しぶりのブログです。
先月12日、作品展のために行っていた札幌で、その会の初日に来てくださる方たちと、草木野染をしようと、近くにあった、白樺の木の枝を払い、その葉をいただこうと脚立に登って枝払いをしようと鋸を動かしたあたりに、記憶が途切れ、気が付いたら病院に。結果10日間ほど脳外科に入
院、京都に戻ってから、事故後3週間ほどたってから、傷めた右腕の手術と相成り、無事手術が終わり、今はリハビリに励んでおります。
その時フェイスブックに投稿した文章を添付します。


4日前、右腕の複雑で極めて難しい手術が無事終わりました。手術後の耐えられないような痛みを乗り越える事ができたのは確かに家族の存在、そしてFacebookなどで励まし続けて下さった皆さんの、お陰です。なかにはまだお会いしたことの無いかたもおられます。感謝です。
今回、4時間を超える手術を執刀してくださった外科医の先生は、手術前にPCで私の仕事や風の布パピヨンのことをなんとチェックしておられていて、元どうりには復活出来ないかもしれない利き腕に関して少し諦めがちな私を察したのか、強い口調で、めげるようなことがあるならば強く怒りますから覚悟して下さいと語ってくれました。手術翌日から始まったリハビリへの覚悟も定まりました。
この間一番かんじたのは耐えきれない痛みのことです。とくに幼いこどもでも勿論私のような痛みを、それももっと長きに亘って感じ続けることが当然あるのだということを、身に沁みてわかりました。
また、原爆や劣化ウラン弾、こどもを狙った地雷のこと、武器輸出三原則を金儲けのため撤回しようとしているこの国の政府そして経済界。痛みをどれだけ深く、より効率よく恐怖を植え付け、その結果いかに多額な利益を得てゆくかなどということに社運をかけているような軍需産業、そのような人間がいかに多く、しかも今の世界を支配しているかが、私の極々小さな痛みを通じて一番感じたことでした。
ながい文章でごめんなさい。
感謝をこめて。


私のそのような事情の最中でも、この間お伝えすべきこと多々ありました。
簡単に、報告させてください。

7月28日 法然院・善気山 遊びの寺小屋 での草木野染

img200.jpg


8月6日 滋賀県・ノートルダム小学校山の家・福島のこどもたちと
 主催・みんなの手

12.jpg



8月10日 滋賀県・白雲山荘にて 福島と宮城のこどもたちと

20130810-17.jpg

20130810-2 (19).jpg

この間の野染は、私は不参加。ポコとチャコの、風の布・パピヨンの仲間、この写真を撮ってくれた斉村康広さん、草木染作家の小林真紀さんなどが中心になり行われました。もちろんすべて天然染料を使った野染です。


嬉しい報告を一つ。
私は京都造形芸術大学のテキスタイルコースで講師をさせてもらっていますが、前期の授業では、ウールモスリンには草木染めで大判のショールを、ガーゼウールモスリンには酸性染料でチュニックのワンピースをつくりました。
そのワンピースの仕立てをお願いしたのが、あの岩手・田老町の仮設で見事な布作品を作り頑張っている、ゆいとりの会のおかあちゃんたち。
その成果が、七月二十九日の合評の日に展示されました。その日は京都での入院日に重なっていて残念ながらわたしは見る事が出来ませんでしたが、学生から写真が届きました、
なにより嬉しいものでした、田老の方たちもさぞやるきがでたことと想います。

写真 (1).JPG






夏の東京、岩手野染旅・スケジュール


ポコ、ペコそして京都芸術大学・藤井ゼミ、山形の染織家・木村美紀さん、宇都宮大学の佐々木和也さん、岩手ではおなじみの山崎耀樹さんが合流、盛りだくさんの旅となります。私は京都の病院でぜいたくな別荘生活です。

8月17日(土)三つ又冒険遊び場たぬき山にて野染め 13時〜 (雨天順延)        

18日(日)栃木県高根沢町 元気あっぷ村にて 佐々木和也さんのワークショップに参加  

19日(月)8時宇都宮駅にて藤井良子先生達と合流後陸前高田へ 午後 夢工房 惠へ   

20日(火)陸前高田 下矢作保育園にて野染め 9時30分〜 終了後 花巻へ       

21日(水)花巻清風支援学校にて野染め (高等部) 10時〜              

22日(木)佐々木和也さんの 草木染めワークショップ 大槌町金沢地区生活改善センターにて 10時〜               

23日(金)宮古恵風支援学校にて野染め 10時〜 終了後 ゆいとりの会 はっくの家へ