CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年03月 | Main | 2013年05月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
お知らせ [2013年04月30日(Tue)]

ちいちゃん.jpg
ちいおばさんのカレンダーより


5月野染と種蒔きの旅


連休明け、三陸への野染と種蒔きの旅へ出ます。
釜石と久慈の支援学校での草木野染、4月に京都で行われた手業展と二人展の報告を兼ねて各参加グループを辿り、そしてあの<ちいおばさん>こと木島知草さんが、大船渡保育園で初めてがらくた座人形劇公演をしてくれるので同行することにもなりました。そして前々回のブログでもお伝えした山崎耀樹さんが始められた耕絲館プロジェクトの畑仕事(徳島や福知山から頂いた藍の種まきなど)にもお邪魔します。メンバーはいつものペコとポコ、今回もてんこ盛りの旅となります。


5月8日  大船渡へ 
5月9日  午前 釜石祥雲支援学校 野染 保護者も参加
      午後 平田仮設のお茶っこへ
5月10日 午前 陸前高田の恵工房へ
      午後 大船渡保育園 がらくた座公演
5月11日 大槌〈耕絲館〉の畑へ サンガ岩手てづくり工房
5月12日 ケアホーム希望・ゆいとり・ハックの家
5月13日 久慈拓陽支援学校 野染(保護者中心)
5月14日 京都へ



省吾の蝶.jpg
photo 山田省吾






二人展をさせていただいたあの京都・鹿ケ谷 法然院にて恒例の被災地に心を寄せる集い悲願会(ひがんえ)が行われます。毎月11日には被災地に思いを馳せ、鐘を突き、法要をしている当寺は、阪神淡路大震災に向けての法要も続けておられます。私達の活動にも温かな支えをしてくださっています。
5月3日(金)4:15~5:00 には 「ゆいとり・支援から共生きへ」 〜三陸沿岸の被災地を巡る中で見えてきたもの〜と題して、わたしもお話しさせて頂きます。
清々しい風の中、法然院での悲願会、皆さんお誘い合わせてお越しください。


椿の子.jpg
椿の葉で作った<椿の子> 法然院森のセンター 


img178.jpg

img179.jpg

クリックすると大きく見れます。



img180.jpg

おなじみの深井ゆうじんさんの<詩の展覧会>も開催されます


niwa.jpg
山ツツジもほころび始めて 風工房







おめでとう! [2013年04月27日(Sat)]

あそびーばー.jpg
photo 気仙沼あそびーばー


気仙沼・大谷海岸から内陸に少し入ったところにある<あそびーばー>が今日で2年を迎えたとのことです。被災後のこどもたちの居場所をいち早く作り、持続してきた皆さんに心からの敬意を表します。こどもにとって遊び場がどんなに大切なものであるか。特にあの大災害が続く中で、あそびーばーを作り上げてきたこどもとおとなに乾杯!二周年心からおめでとう!! 







もうひとつお知らせです。町田の冒険遊び場のリーダー岡本恵子さんから以下のようなお知らせがフェイスブックを通じてありましたのでシェアさせてもらいます。

4月30日から5月10日まで、町田市役所1階のイベント広場で、冒険遊び場の展示をします。たぬき山、きつねはらっぱ、相原の三カ所の遊び場が、ステキな写真と、かわいい工作の作品類を展示しています。たぬき山の動画も見られるよ。子どもたちのめちゃくちゃかわいい、たくましい姿は必見です。
市の広報課と児童青少年課からのお誘いで実現した展示。たくさん見にきてくれるといいなぁ。


たぬき山展示.jpg


私達とご縁のある、東京、町田の三つ又冒険遊び場・たぬき山のほか三か所の冒険遊び場の活動を伝える展示が始まります。竹林の中の遊び場はいつもこどもの声とおとなの声が響き合う、大好きな場所です。毎年8月の終わりあたりに野染に行っています。お近くの方は是非行ってみてください。写真で見ると野染の布がたくさん使ってあって嬉しいね。


5月・三陸・種蒔き そして野染旅 1 [2013年04月24日(Wed)]


kesen1.jpg

へこたれるな 気仙!! みえるかな?
photo・コメント 佐藤 美紀子さん(大船渡保育園)


昨朝、NHK<あさいち>で放映された岩手特集で、田老・ゆいとりの会が取り上げられ、あの大棒レオ子さんも生出演。新しく出来た仮設店舗内のアトリエ兼店舗や、おなじみの皆さんの元気な様子や、先日風工房で行われた手業展の写真も紹介されました。私達が初めて田老仮設にお邪魔して皆さんにお会いしたのが、震災の年の9月。震災直後から避難所に通われ、ゆいとりの基礎を作られたたいまぐらに住む、安部智穂さんとのご縁でした。あれから10数回通う中で、あれほどの被害を受けながら、皆で寄り添い、切磋琢磨しながら素晴らしい作品作りをされた来られた皆さんの底力に、深い共感と感銘を受け続けてきました。
これから先を考えるとまだまだ乗り越えないといけないこと多々あると思いますが、昨日の皆さんのお顔を見ていると<大丈夫だ〜!>と、逆に大きな力をいただきました。

taro01.jpg
人気のゆいっこ草履(小銭入れ)


あの番組の最中からこのブログへのアクセスが急増し、何百人もの人が訪ねて来てくれました。いっとき大棒さんのケータイは、多分パンク状態が続くのではないでしょうか。あれから二年、みんな忘れてないよ、という熱いメッセージだと思います。でも一気に燃え上がったものは冷めるのも早いのが世の常。今ゆいとりに押し寄せている大きな波に飲み込まれないように、うまくすいすいと波乗りを楽しむぐらいの気分で、乗り越えて行ってくださいね。皆さんだったらそれが出来ると思いますよ。ますますよいものが出来そうですね。そして〈田老クラフトの礎〉を作り、若き人たちに引き継いでいってもらいたいと切に願っております。

t2.jpg
野染の布のバッグを持つ、リーダーの大棒レオ子さん。
人情味豊かな、しっかりとしたコミュニティリーダーです。


手.jpg
皆さんの手業は大したもの!



さて私達、風の布・パピヨンは5月連休明けに三陸への旅に出ます。
釜石祥雲支援学校久慈拓陽支援学校での草木野染、大船渡幼稚園での木島知草さんによる一人人形芝居<がらくた座>公演に同行、そして今回は、大槌町に土地を確保され、もう開墾も済まされた山崎耀樹さんと、徳島や京都・福知山の藍グループのみなさんから頂いた藍の種まきなどのお手伝いもしてこようと思っています。

詳しい内容、スケジュールは追ってお知らせします。
また、第二回手業展の会計報告も近々お伝えいたします。


img164.jpg

山崎耀樹さんから届いた、春の便り



P1030262-w800.jpg
photo 刈屋真知子さん (釜石祥雲支援学校)

釜石祥雲支援学校に向かう、小川沿いの桜も今、満開


こどもたちのこどもたちのこどもたちへ [2013年04月22日(Mon)]


30年以上前の長男と私。
そしてその長男の娘(初孫)、2歳の誕生日。


ryo01.jpg


akira02.jpg




全ての原発停止を。再稼働を決して許さない。
一昨日はポコが、今日は私がリレーハンストをしています。




便り [2013年04月21日(Sun)]

冷たい雨が降る京都です。
何かこの時期の寒さは身に応えます。被災地や、故郷から遠く避難生活をしておられる方たちには尚更とお察しします。

嬉しいお知らせがあります!
24日(水)8:15〜からのNHKの番組<あさいち>で、第二回手業展にも参加してくれた田老・ゆいとりの会紹介されます。その前に放映される朝の連続ドラマも、ちょうど北三陸が舞台となっていますね。是非ご覧ください。

そして、田野畑村ハックの家からはなんとも楽しいお便りが届きました
私宛にはなっていますが、今回の会に思いを寄せてくださった全ての皆さんへの便りと思いますので、紹介させて頂きます。
封筒や便せんに書かれた圭輔さんの絵の、なんと可愛いいこと、夕美さんは風格さえ感じます。


img174.jpg



img171.jpg



img172.jpg
img173.jpg



img177.jpg
img176.jpg

クリックすると大きく見れます




CODE海外災害援助市民センター(被災地NGO協働センター内)より、四川省で起きた地震の情報が入りましたのでシェアさせてもらいます。

< 四川省雅安地震レポート1>
本日4月20日8時02分(日本時間9時02分)中国四川省雅安市廬山県を震源とするM7.0の地震が発生しました。2008年の四川大地震の救援活動を継続しているCODEでは、現在、四川省の現地と連絡を取りながら、この地震の情報収集を行っています。
14時半現在の情報です。
雅安市廬山県(成都から約180q 人口12万人)や宝興県などの周辺の郷や鎮に被害が出ています。中国地震網によると死者76人(うち57人が蘆山県)、負傷者600人以上、家屋倒壊も多数出ています。蘆山県人民病院には、700人の負傷者が運ばれ、そのうち135人が重傷ということで
す。被災地では、電気、水道、ガスのライフラインはすべて寸断されています。最大都市の成都につながる国道318号線も至るところに岩が落下しており、大型救援車両も蘆山県に入るのに困難を極めているようです。また、今晩から降り始めると予想される雨によって被災者の人々が過酷な状況に追いやられる事が懸念されます。
この地震の被災地は、2008年の四川大地震(死者行方不明者 約8万7000人)を引き起こした龍門山断層の南西端にあたります。四川地震局は、この地震は2008年の巨大地震の余震ではないと発表しています。このエリアは、龍門山断層と雲南省から四川省、青海省にかけての巨大な
鮮水河断層(2010年の青海省地震はこれの断層の一部)の交わるところです。四川大地震で、この蘆山県や宝興県は重災区(準激甚災害エリア)でした。四川地震からの復興(防災・減災対策など)のありようが今、問われようとしています。
CODEは引き続き情報収集を行っていきます。 (吉椿雅道)

 
<四川省雅安地震レポート2>
四川省雅安地震の発生から9時間が経過した。中央テレビなどのメディアによると20日17時現在、死者102名、負傷者3000名以上、被災者約152万人と報道されている。
現在も政府や軍による必死の救援活動が行われている。李克強首相も自ら被災地に入り、救援部隊6000人を投入し、中央政府による救援活動も本格化してきた。中国メディアの映像には、倒壊した家屋に挟まれ、脱出する事が出来ない妊婦の痛々しい姿も流れている。また、四川医療救援隊によると重傷者は約380人いるという。一刻も早い救出と治療が望まれる。被災地では、これまでにM3以上の余震が35回以上起きている。また、最も被害のひどい蘆山県の宝盛郷では地震によって川が堰き止められ、地震ダムができているとの情報もある。
被災地の雅安や蘆山周辺は、チベット高原の入り口にあたり、航空写真を見ていてもかなり急峻な山々を抜ける谷あいに町や村が点在している事が見てとれる。蘆山県にある6の鎮(町)と9の郷(村)の中でも、大川鎮、太平鎮、宝盛鎮、龍門郷が特に被害が甚大であるようだ。龍門郷では、家屋の99%が倒壊しているという。
今回の地震は、2008年の四川大地震からまもなく5年を迎えようとしている時に起きた。四川大地震の被災者の中にも「またか。」と思った人も多いに違いない。CODEが支援している北川県光明村は、今回の雅安地震を引き起こした同じ龍門山断層上にある。今回、被害の多く出ている雅安市蘆山県からは北東に300キロ近く離れているが、北川県でもかなり揺れたそうだ。光明村の唯一の医師、彭廷国さんは「いや、かなり揺れたよ。村の中では瓦の落ちた家も少しあったけど大丈夫だよ。老年活動センターは何ともないよ」、「俺もテレビでずっと見ているよ。心配してくれてありがとう」と語ってくれた。 (吉椿雅道)




[2013年04月19日(Fri)]


歌があるから


hirata1.jpg
portland


東北 / 梅津和時(Solo吹き語りver.)2011年3月27日 PIT INN




16.jpg
釜石祥雲支援学校作品





青き波 [2013年04月18日(Thu)]

n5.jpg
山ツツジの産毛も光り


今日は、30名を越える京都市立芸術大学の学生が、風工房にやってきました。
引き連れて来てくださったのは、このブログの手業展レポートにも紹介させていただいた、藤井良子先生。途絶しそうなウール・モスリンという素材を存続して行くために立ち上げた「モスリン会」がきっかけでお付き合いするようになり、先日のShake Hand Project にも関わられた、いわば布・染仲間です。新年度のカリキュラムに、被災地での物作りをテーマとしたプログラムを提出されたところ、予想をはるかに超えた応募があったとのこと。染織コースのほか、洋画・日本画・彫刻・総合芸術などを専攻する学生もおり、それぞれの思いを持ち寄って風工房まで来てくださいました。

藤井ゼミ1.jpeg
photo 藤井良子


私がなぜこのような動きを始めたのか、仲間と共にやって来た<風の布・パピヨン>の活動内容を中心に、今までの写真などを見ながらお話しさせてもらいました。
そのあと、私の方から、どうしてこのプログラムを選ばれたのか何人かに聴きました。
その多くが、「今まで何かしなくてはと思っていても何も出来ていない自分がいて、少しでも被災地の人たちの力になれればと思い選びました」と話してくれました。あの時、全国各地から多くの若き人たちが現地に駆け付け必死にボランティアをされている様子が、メディア等でも繰り返し伝えられました。そんな中で悶々としながら今まで過ごして来られた若い人たちは、本当に多くおられると思います。中には受験と重なり行きたくても行けない人もあったかもしれません。今回のように在籍する学校で、具体的なカリキュラムを提示されたことにより、それぞれに、自分が自分らしく関われることが見えてくるものがあったのではと思いました。

藤井ゼミ2.jpeg
photo 藤井良子


私は今被災地で、また故郷から遠く避難されておられる方たちが抱えている問題は、実はこの時代を生きる者たちにとっても、程度の差こそあれ、同じ質の問題を抱えているのではないかと思っています。核家族化が進み、人間関係が、そして地域社会が脆弱化してゆく一方で、実態が限りなく見えづらいマネーゲームが主流となり、ゼネコンなどが資本を独占し、社会を支配してゆくような状況の中で、自然破壊、地方の切り捨ても極まり、個人においては精神を病み、自死してゆく人達が一日に100人近くもいるこの国で起こった今回の複合大災害。そのただ中では、そのような今の社会の矛盾が、よりひどい形で起こっているのではないかと感じております。
そのように今の社会をとらえた時、私達が関わっているアートやクラフト、物作りとは何であるかをやはり考えざるを得ません。これから社会に出てゆく、今日集まってくれた皆さんにとっても大きな課題だと思います。そういった意味では、今、この複合大災害に向かい合って何が出来るかを、精一杯考え実行してゆくことの意味はとても大きい思います。実際動き始めたら難しいこと多々あるとは思いますが、組織などからの縛りがない学生というある種、特別な、そして自由な環境な中でしかできないこと、見えてくるものがあると思います。
私達が彼の地に行き深く感じることは、それでも本当に豊かな山川草木、そこに住む味わい深い人たち。風土が培った厚みのある精神文化は、大きな希望でもあると感じています。彼らがこの作業を通じて、一方的ではない豊かな相互の行き来が出来ればどんなにか良いだろうと、学生の方たちの一途な目を見ていて感じました。
藤井先生とみなさんに心からエールをお送りたいと思います。

皆さんに、被災地で作られ、成功している素敵なモノづくりプロジェクトを二つ紹介します。
一つは女川(あの原発の町でもあります)でのOnagawa fish house アウラ 完成度の高い木工作品です。

もう一つは
EASTLOOP
という可愛いハートプロジェクトです。

覗いてみてください。



おめでとう [2013年04月16日(Tue)]


孫、2歳の今日、Tシャツを草木で染めて、お祝いとしました。



akira.jpg


川崎のフリースペースえんでの野染の時、分けていただいた茜・田野畑村ハックの家のマリーゴールド・山形の木村美紀さんからたっぷり頂いたラベンダーそして柿渋 ありがとう!


n4.jpg
工房の小さな庭も、花がこぼれそう




鹿ケ谷から黒谷へ 3 [2013年04月15日(Mon)]

第二回手業展 V



4月2日から6日まで、会場の風工房には、途絶えることなく多くの方たちが訪ねて来てくださいました。新聞記事を握ってようやくたどり着いた人、足元もおぼつかないようなおばあちゃん、買い物帰りに寄った人、はるか東京や福井などからこのためだけに来てくださった人達。それぞれがそれぞれの思いを抱えてやってきてくれました。二年前に起こってしまったこの大きな複合災害の及ぼす影響が、今でもそれぞれの足元を揺らし続けているようにも感じました。ここまで実際足を運びやって来るということは特別なことです。今でも続く被災の中で、寄り添い手を動かしながら、希望を見出そうと踏ん張っておられる方たちへの共感が、この会場には満ちていました。

k23.jpg


k04.jpg


k40.jpg





k31.jpg
風の布・パピヨンの縁の下の力持ちチャコは、ハックのバッグをゲット。野染の布が裂き織に使われています。

k39.jpg
おなじみペコちゃんは今回も世田谷から来て会場係を。娘さん達にと買い求めたバッグは何とリバーシブル。裏は殆どが裂き織素材という、手のかかった贅沢なモノ。ハックの家の新作です。
撮影・岡本恵子


k07.jpg
ハックの家の竹下美恵子さんも、圭輔さんのおかあさんも、ポコも、そして私も平田のおかあちゃんたちが編んだマフラーを手に入れました。

k24.jpg
ハックの家の人たちを囲んで。大阪の手業展実行チームのメンバー、Shake Hand Project の中心メンバーの奈良平さん、そして風の布・パピヨンの仲間たち。



田老2.jpg
ゆいとりの人たちの町 田老 2012年1月


R0011967.JPG
サンガ岩手・手づくり工房 今年2月


平田.jpg
釜石・平田仮設  2011年6月 撮影・小笠原絵理



被災地では、今莫大な金が動いています。以前にもお伝えした高速道路建設、とてつもない規模で防波堤を作っていこうとしている所もあります。山や海の成り立ちなど一切、お構いなしに、暴力的ともいえる土木工事が進んでいます。あの大津波からまだ二年。粗末な仮設住宅に住み、極寒の冬、猛暑の夏、これでもかと続く厳しい状況の中で、なお行方が分からない人たちも多く、何十年も続くであろう大地や海への汚染。津波以前から長年にわたって進行してきた過疎化、高齢化が進む地域で起こった、そして今なお進行中の複合大災害。
そんな中から届いた瑞々しい手業の数々。この小さなものたちが生まれてきたその時間を想う。この人たちこそ真の防人ではないだろうか。
あの沖縄の言葉、チムグリサをかみしめた6日間でした。


136.JPG
 2011年9月 撮影・小笠原絵理



鹿ケ谷から黒谷へ 2 [2013年04月14日(Sun)]

第二回手業展 U



k13.jpg

ハックの家のバッグ 
色使いも綺麗で、しっかりとした縫製、そして使いやすい。


k32.jpg

ゆいとりの会のバッグはキルティングや、編みこみなど、テクニックがすごい。
そして楽しんで作っている様子が伝わってきます。


k28.jpg

タグに描かれている犬の絵は、
流されてしまった愛犬をモチーフにされているとのこと
風工房で染めたモスリンの端切れを使ってくれています。



k36.jpg

人気のハックの家の茎ワカメの漬物・大根のピリ辛漬 
そしてキャラメル型ラスク  うまい!



k33.jpg

山田町・ケアホーム希望の佐藤啓子さんの詩集
前回お邪魔した時、佐藤さんが手渡してくれた色紙も



t04.jpg

笑顔がいいね



k22.jpg

釜石祥雲支援学校のちくちくわいわい会のニャンコは
三匹一緒にもらわれて行きました。



k21.jpg

町田・三つ又冒険遊び場たぬき山のリーダー岡本さん(左)と
昨12月、大阪で東北のてしごと展をされた中心メンバーの菅家さん
岡本さんは風工房のシャツとハンチングをかぶって会場係をしてくれました



k30.jpg

えんの伊藤さん
ハックそしてゆいとりのバッグ、わらび学園の切干大根などぎょうさん



k29.jpg

ハックのがま口、ラスク。ゆいとりのノートカバーなど買って下さったのは、市立京都芸大の藤井先生 新年度には学生たちと被災地での物作りに関わられるとのこと。モスリンで染めた服もお仲間と作っておられます。


k34.jpg

奈良町でRoof Topという染織工房をしている中井さん
同じくモスリン仲間でもあります。
Shake Handとハックの裂き織ペンケースをゲット




| 次へ