CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 2011年07月»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
冒険遊び場はいいね!! [2011年06月24日(Fri)]
6月17日 大谷海岸(気仙沼)の冒険遊び場へ

今回の旅の締めくくりは宮城県気仙沼の南、大谷海岸の山寄りに作られていっているプレーパーク・冒険遊び場。

訓練されたおとな(プレリーダー)の大きなコントロールの中で、こどもたちがこどもたちの責任において自分たちで遊び場を作って自由に遊ぶというこの活動は、さかのぼると1945年のデンマークにそのルーツがあるといわれています。日本では30年ほど前、世田谷の羽根木公園などからスタートし、今では全国に広がっています。





実はこのプレーパークの仕掛け人が、今回一緒に旅をしたひげさんこと、澤畑 勉さんです。彼は世田谷のいわば公務員でありながら、こどもの側に立った大切な提案を勇気をもって実現していった人だと思います。それもかなりユニークにしたたかに。

たとえば1997年に俳優の、故・牟田悌三さんや、今回の地方選挙で世田谷区長となった保坂展人さんなどと 立ち上げ、今では全国70か所にも開設されているチャイルドライン
こどもたちの声をそのまま受け取るこのダイレクトなホットラインもまた徹底的にこどもたちの側に立ったものであり、行政が行う「いじめ相談室」などとは一線を画したものです。

そのほか農業用の透明養生ビニールを使ってこどもが走り回れるぐらいのトンネルや巨大な円筒やキューブなどを送風機を使ってふくらませ、その時だけの蜃気楼のようなやわらかな構造物をこどもたちと作り上げる、シーバルクの活動など、彼が今まで成してきたことは、おとなが過度に指導せず、想像力を独占せず、どこか現代美術にも通じるラジカルさと、明るさがあり、そして何があっても<こどもとゆく>という強い思いに満ちてると私は思っています。

そして被災地にこそ遊び場をと、世田谷をベースに鍛え上げられてきたプレリーダーたちが入り、この土地をこどもたちのために快く提供してくれた地主の方と出会い、曹洞宗からの支援で、スタッフは近くの寺を拠点に寝泊まりし、たくさんのこどもたちと生き生きとした場を作っておりました。

こどもへの支援はどうしてもおもちゃや本など、<もの>に集中しがちですが、もちろんそのような世界も大切ですが、このようなこどもの側から自分たちの空間を作り確保していく作業は、こどもだけへの支援にとどまらない、その地域の力を蓄えていくための大切な時間を作っていけるのではないかと、元気に遊びまわるこどもたちの底知れぬエネルギーを感じながら思い巡るものがありました。





            弟子たちの仕事を点検する親分・ひげ




               シャボンとピーターラビット




                 賭場も開かれている




     この地域主体にこの遊び場がずっと運営されていくことを願う





| 次へ