CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 原発»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
クリスマス 2 [2013年12月28日(Sat)]

篠笛 風の馬


チベット・ネパールやブータンの仏教の聖地には、巡礼者がくくりつけた様々な布がはためいている。風の馬・ルンタと呼ばれている。仏さまの功徳が谷をわたり、山を越えてあまねく世界に拡がってゆきますようにとの願いが込められているそうです。

辻畑昭代さん、風の布・パピヨン発足当初から支援活動に参加、その後、田老町・ゆいとりの会、大槌町・サンガ岩手、釜石平田仮設、大船渡保育園、そして<たいまぐら>の安部智穂さんなどにダイレクトに、ずっと心のこもったお針箱や布・毛糸などを届けてくださり、今も仲間の方たちと息の長いお付き合い続けておられます。
以下は彼女から届いた写真のごく一部です。

tsji6.jpg

手作りの針山 それを作る人の楽しみ、受け取られた方たちが選ぶ楽しみ。人間的なやり取りがある。

P1010358.jpg
出来るだけ平等に裁縫箱に選り分ける。でもみんな違う。

PA010629.jpg
布を種わけしてゆく


P9300627.jpg
寒くなって来ると毛糸を集め送る。


もうひとつ、彼女はネパールのミュージシャンの友人パンチャ・ラマさんに同行してパンチャ・イサカ小学校を訪ねたことがきっかけで、その小学校の支援にも深く関わってもおられます。
風の馬・ルンタを想います。


辻畑さんからはいつも丁寧な活動報告が届きます。その内容は、繊細で真の通ったものばかりで篠笛奏者でもある彼女の人となりが伝わってきます。
<被災地にお裁縫セットを送ろう>という呼び掛け文と裁縫箱作成レシピとも呼べるようなすごい内容の資料がありますので添付します。是非お読みください。shinobue.pdf

クリスマス前に辻畑さんよりこの二つの活動報告や田老・大槌の作品販売などの集いのお知らせが届いてきました。早くお伝えせねばと思っている間にこちらの怠慢で、事後報告ということになってしまいました。ごめんなさい!
報告会の案内です。→ 2013クリスマス報告会.pdf 2013報告会 (1).pdf

辻畑さんから届いたメッセージです。

今年も残り少なくなりました。
12月は何かと忙しく、連日走りまわる忙しさでした。
23日24日のイベントが終わり、やっと自分の時間を取り戻した途端に”風邪”を取り込んでしまい、今日25日は70回目の誕生日だと言うのにティシュが手放せない赤鼻のトナカイさんをしています。
今年も終わりですね。

23日は地球市民アジアの会のチャリティコンサート
中国の僻地の小学校の校庭作りの支援をされているグループです。
琵琶と語りと笛「敦盛と直実」を演奏させて頂きました。
24日は慣例になっている東日本大震災支援とパンチャイサカ小学校笑顔貯金に協力して下さっている方をお招きしての報告会とクリスマス会でした。
報告会の資料の中の「被災キルト」と「てびらっこつぎっこ」の部分は斉藤さんのブログから一部引用させて頂いている部分がありますので、事後報告で申し訳ございませんが報告させて頂きます。
コカリナの演奏4名 ハーモニカの演奏6名 チターの演奏1名が友情出演してくださり楽しいクリスマス会となりました。

写真の注釈は辻畑昭代さんです。

tsujihata3.jpg
友人が白板に力作を(私の似顔絵入り) ご苦労様でした。
シワ・ほうれい線なし・美人に・・
沢山の注文にもめげず、描いてくれました。
 

tsujihata2.jpg
岩手県大槌町の”サンガ岩手”田老町の”ゆいとり”の手作り品の販売コーナーです。


tsujihata1.jpg
パンチャイサカ小学校笑顔貯金のコーナーです。
100円バザー 売り上げは笑顔貯金へ。


tsujihata4.jpg
ハーモニカのグループ



福島から避難されている人たちと 1 [2011年12月18日(Sun)]

12月16日(金) 風工房


12月の三陸への旅レポート中ですが、昨日行われた堺での集いの報告をさせていただきます。この後引き続き三陸レポートをいたします。



こちらからの呼び掛けに、時間がない中各地から続々と、毛糸・編み針・お針箱が届いてきました。



小倉ゆき子先生からは、美しいお針箱が60箱も。先生のことなども書かれた、澤畑明見さんからのエッセイが届いています。後日このブログにてお伝えいたしますので楽しみに。



そのお針箱の中には、手作りの素晴らしい針山も。




16日、種分け、整理、準備をするチャコとポコ。



毛糸もたっぷりと届きました。
大量に届けて下さった、(社福)世田谷ボランティア協会やフェルケル寿々栄さん、鮎葉さん、そこに繋がる(社)日本編物文化協会、のことは後日お伝えします。

皆さまからの支援の数々を車いっぱいに詰め込み、堺に向かいます。


梅雨明け [2011年07月10日(Sun)]
みなさんから毎日届けられる荷物を開けるたびに、送って下さった方々の切実な思いをいつも感じます。
何も出来ないけれど、少しでもこのお針箱で、また縫うことで良い時間が出来ますように、どうにか立ち直っていけますようにとの被災者の方々への思いが伝わってきます。
送られた方々も、お針箱を揃えたり、仲間に呼び掛けたりする中で、今回のことで傷ついた自らの心身も少しずつ取り戻していかれているようにも感じます。
遠く離れて、辛い思いをされている見知らぬ人に思いを重ねることに、こんなにも皆必死になっておられるのだということに胸が突かれます。


これからもぼちぼちと、みんなで踏ん張っていければと思います。



いつも仲間の皆さんと共に、たくさんのお針箱を送り届けてくださっている辻畑昭代さん。昨日は、ハサミが足らないのでお願いしますというこちらからの呼び掛けに早速答えて下さり、糸きりバサミと糸通しが届きました。



思わず開けてみたくなるお針箱たち。さまざまな思いが、さまざまな形となって、さまざまな方たちのもとへ届きます。



横浜から届いた荷物の中には、刺繍の本やミサンガの作り方が書かれている本などが入っています。今までもキルトやパッチワークの本などが送られて来ました。みなさんとても喜ばれます。仮設の談話室などにこのような本があればどんなにか良いでしょう。



     現代美術作家からは、小さくて楽しいアートBOX〈針山〉が。
   兵庫県・三田のクラフトギャラリーと作家とのコラボレーションです。




               梅雨明けの風工房
ここから4 [2011年06月29日(Wed)]
京都は35度を超える猛暑が続いています。
あの東和やたいまぐらの涼やかな空気がなつかしい。




さてこれからのことをお伝えします。

お針箱

今回の旅では、皆さんから送って頂いた、およそ420箱をお届けしました。
今は避難所から徐々に仮設住宅に移る時期になっていて、移った際の準備としてのれんやカーテンなど生活を彩るものなどを作りたい気持ちの方たちがたくさんおられます。
また支援の衣料のサイズが合わず不具合を感じている人もおり、お針箱はどこでもとても喜ばれました。また、たびたびお伝えしているように、皆で縫いだすと自然に出てくる言葉、そんな時だからこそ話せることがあります。これからますますそんな場所と時間が大切なものになっていくと思います。まだまだお届けしたいと思います。



                     

お針箱はとりあえず7月31日まで、受け付けさせていただきます。
その時点で、状況を見てさらに続けるかを判断いたします。

そこでお願いがあります。
ハサミが不足していてセットが組めません。
糸きり用の小さなハサミと、裁ちばさみがよぶんにありましたら、お送りください。


            糸通し、チャコペンもおねがいします。


布は今のところ集まっていますが、足らなくなりましたらまたお知らせいたします。


野染め





9月中旬、大船渡の支援学校で、小・中・高、全校生徒でするのをはじめ、釜石、大槌、田老町、越前高田(一部未定)などで、おもに障がいを持っている人たちとする、野染めの旅をいたします。

その前に、京都・法然院、東京・町田と東久留米のこどもたちと毎年恒例の野染めをしますが、そこで染められた布の一部を被災地で生かしてもらおうと話しています。
出来たら、てびらこつぎっこの布として縫い繫いでいけたらと、おもっています。


    京都造形芸術大学・三回生の<てびらこつぎっこ> 2011年5月


7月8月の野染め予定・
7/29(雨天30日)法然院 遊びの寺小屋 要予約 500円 7/16より受付 詳しくは075−752−4582 法然院・森のセンターまで
8/19(雨天20日) 三ツ又冒険遊び場たぬき山 町田市
8/27(雨天28日) 学芸大付属養護学校の庭にて 東久留米市
町田と東久留米のお問い合わせは風工房・斎藤 090−6674−8082  Eメール dye.kazafu@gmail.com まで 

               


今回の旅でご縁があった人たち、今まで大切なご縁を頂いてきた人たちと、これからもつながりながら、続けていきたいと思います。


チャコちゃん [2011年06月07日(Tue)]
皆で染めた布の上に白い蝶々を縫い付けている京都造形芸術大学の学生たち。この縫いかけのキルトは岩手の被災地で縫いつないでゆく。


チャコは北白川に住んでいて私たちの住まい兼工房は岡崎。
自転車だと下り坂ということもあって、10分もかからない。今日も、年季の入ったサイクリング車で颯爽とやってきました。彼女は私の連れ合いの高校の同級生。ピアノの先生をしていて、レッスンの合間に、各地から次々と送られてくる裁縫道具を種分けして、お針箱を作るボランティアをしてくれています。
実は彼女と私の連れ合いとは、高校卒業後、まったく出会うことなく40年弱過ごしてきたのだけれど、最近ひょんなことから再会し、そして今は毎日のようにこんな作業をしてくれている。
彼女だけではない。送ってくれた方への礼状は手書きにしようということになって、それを引き受けてくれたのも、卒業以来のマリコ。宇都宮のイモコも米子のイモリも、長野のチャイキも京都のペッタンも皆同級生。それぞれの思いを箱に詰め送り届けてくれました。

なんか不思議で、嬉しい。
辛い出来事がみんなを呼び寄せているんやね。

今日、花巻に向けてお針箱第一陣、とりあえず178箱送りました。これを受け取ってくれるのも、私の40年来の友達。これからの活動の拠点として受け入れてくれました。

明日の朝もチャコは、自転車でやってきます。
お針箱がやってきた! [2011年06月06日(Mon)]
ブログがやっと立ち上がりました。
京都造形芸術大学の学生、佐田芽衣さんのおかげです。
このブログで、現地レポートや必要としているものなど,随時お伝えします。

1か月前に発行した風の便り(この便りは染物屋の風工房が年に一回、もしくは2週間ごとに、つまりは風の便りなので、いい加減に発行している私的通信)で、キルト作りのための材料を送って下さいと呼び掛けたところ、連日各地から荷物が届き、宅急便のお兄さんも思わず熱くなって応援してくれるほどたくさんになりました。

kazereport1.pdf

布は今のところ十分集まりました。また足らなくなりましたらお知らせいたします。ただ<まけないぞう>作りのためのタオル地はまだまだ必要としているようです。詳しくは
被災地NGO恊働センター 078-574-0701 http://www.pure.ne.jp/~ngo/ まで。

お針箱はキルトのほかにもまけないぞう作りや、仮設用のカーテン作り、また支援衣料のサイズ直しなどに必要だと思いますので、よろしくお願いいたします。
その際、針や糸など単品でもよいのですが、出来ましたらセット(針・糸・針山・糸通し・糸きりバサミ・裁ちバサミなど)にして下さるとありがたいです。セットにする手間が結構大変でボランティアの人がてんてこ舞いしています。またが不足しています。適当なものがありましたら助かります。
どうかよろしくお願いいたします。