CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ハックの家 2 | Main | 盛岡にて»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ハックの家 1 [2011年11月26日(Sat)]

10月28日(金) 晴  田野畑村 ハックの家




前日の住田町基地の寝袋の寒い夜にくらべ、私たちを呼んで下さった竹下敦子さんが用意してくれたホカホカの布団に包まれ、ぐっすりと眠れたハックの家の暖かな一夜。翌朝は、光の粒子がキラキラと輝く素晴らしい朝。天気女の澤畑明見さんのおかげ(?)かも。
手織り機が並ぶ作業所は清潔で明るい。裂き織りのバッグや帽子は、センスが良く、良質なクラフト作品として充分に通用するクオリティがある。
敷地内にある自家製パン屋さんの、出来立ての物をいくつも欲張って選んで、地元の濃くフレッシュな牛乳を頂く、なんともぜいたくな朝食でした。

ハックの家のホームページを是非ご覧ください。)



その明見さんを囲んで早速、魔法の一本針の輪が。


野染を始めようとしていた矢先、飲料水のペットボトルを大量に積んだトラックが来たので、集落にある空き倉庫に積み下ろす作業が急遽入り、私とポコちゃんも、ハックの家の人たちと一緒に重い箱をバケツリレーのように運び入れることに。それはかなりの重労働でしたが、障がいを持った方たちは、いやな顔もせず黙々とこなしていきました。話を聞くと、この村の水源地が津波にやられ、水道は今は復活しているものの、下水のような嫌なにおいがする地域もあって、そこでは飲料水や料理などにはペットボトルの水を使っているとのことでした。これから各戸に配達する役目もするとのこと。組織的に動ける彼らはこの村にとって心強い存在なのだということがよく分かりました。

野染の予定が大幅に遅れても、染のおっちゃんのダジャレはきっちりと披露しましたが、何をするのか緊張していた人達には、少々スベリがちで、ぽかん??とした反応。
それでも染め始めると、身体が一気にほぐれていくようでした。



野染め史上、最長(ということは世界最長)の木綿布35mほどを張り、それぞれが鹿刷毛を持ち、エイヤーッと染めて行きます。



ゆったりとしつつ、密度の濃い時間が流れます。




竹下敦子さんのお母さんの美恵子さんも元気に参加。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント