CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10年目の春から | Main
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ゆ い と り [2021年03月13日(Sat)]
3月11日の岩手日報に載ったものです。

received_874445656676054_2.jpeg

 
1615511087200 (2).jpg


田老町は歴史上何回もの津波で壊滅的な被害を受けて来ました。昭和三年の津波では三陸沿岸の村々の中で死者数、死亡率ともに最悪であったということです。世界一とも言われる10mの大防潮堤はここに住む人たちにとっての悲願の賜物だったのだと思います。しかし今回の大津波は15m 。22m地点に漂流物跡が確認されているとのこと。
創造を絶する津波後の避難所で始まったチクチク会。その大きな力となったのはあの「森の暮らし―たいまぐら便り」の著者・安部 智穂さん。山から通いつめ、布や裁縫道具、ミシンなどを調達し、ものづくりの指導を続けておられました。2011年6月、私たち風の布パピヨンの活動は、まずそのたいまぐらに安部さんを訪ねるところから始まり、その後仮設住宅に移り住み「チクチク会」を続けていた大棒レオ子さんたちと出会っていきました。

13-a0d4f-thumbnail2.jpg


野染めをしたあと、その布で作られたバッグをみたときにレオ子さんたちのものづくりへの並々ならぬ意欲と力を強く感じました。それから何回も大棒レオ子さんとお会いしてゆくなかであれほどの困難な中にあっても決して失うことのない人としての誇りや、涌き出て来るような生きる力にいつも眩しさを感じ、こちらの方が元気をもらって来ました。やがて苦労の末、仮設店舗に入ることができ「ゆいとり」という名で工房と店舗を設け、支援の着物地などで魅力的な作品を次々と制作し、外国などからも注文がくるまでにその手仕事は上達し広がっていきました。しかしいつまでも仮設住宅や店舗に居ることはできません。やがてゆいとりメンバーもそれぞれの居場所を見つけ分かれて行きます。
レオ子さんも新しく出来た高台の町に家を建て仮設を出ました。でもその新築の家の一部屋を「ゆいとり工房」として再スタート。さらに素敵な作品を生み出しておられます。
今年の9月には10th東北の手わざ展が開催されます。ゆいとり工房の新作も楽しみです。

【(カテゴリなし)の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント