CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«断層 | Main | 糸 3・11から始まったこと»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
自然の色と共に [2017年07月06日(Thu)]

oofunato09.jpg

2011年10月 大船渡保育園での野染
この時はまだ化学染料を使用していました


2017年7月 東北野染旅 スケジュール

7月8日(土)10:00〜 児童養護施設 「いわき育英舎」にて野染 何必窯泊
7月9日(日) 岩手・田野畑村 ハックの家泊
7月10日(月)10:00〜 宮古恵風支援学校にて野染  ハックの家泊にて
7月11日(火)9:30〜 ハックの家にて野染 岩手県立福祉の里センター泊
7月12日(水)9:30〜 大船渡保育園にて野染 岩手県立福祉の里センター 泊
7月13日(木)10:00〜 陸前高田市コミュニティーホールにて野染 三陸駒舎泊
7月14日(金) 大槌町 <ぺっこづつ>の畑にて胡桃の皮はぎ作業 三陸駒舎泊
7月15日(土) 釜石・保育園にて野染(検討中) 三陸駒舎泊(未定)


昨年5月以来の東北野染旅です。
今回も私どもの旅のために本当に多くの方たちから応援の言葉や、ご寄付をいただきました。
「わすれてへんよ」の思いが打てば響くように伝わってくるようでした。
皆さんの思いを、精一杯生きておられる皆さんに届ける旅やと思っております。
旅の様子、フェイスブックやプログでお伝えして行きますのでご覧ください。

2011年6月から、当初は2カ月毎ぐらいに通っていた私たちですが、双方の状況の変化に伴い、その活動の様相も変わってきました。

z03.jpg

ポコはハックの家のスタッフとして一年過ごした間に、京都の福知山藍同好会の協力により、藍染を始めました。ハックの家の大切な作業として定着するきっかけになればと。

この間、仲間のポコこと寺元健二が昨年9月まで1年間、田野畑村のハックの家の職員として赴任し、私どものご縁のある三陸沿岸の人たちと深く交流して来ました。変わってゆく当地の状況を、リアルに伝えて来てくれたこと、そしてその皆さんとの信頼関係が深まったことが、風の布・パピヨンにとっても、とても意義のある出来事でした。
そのポコの在任中に、ずっと被災地支援を続けておられる京都・法然院の梶田真章ご住職一行がハックの家をたずねられ、親交を持たれたこともありがたいことでした。

15400960_1683544968604349_6579798132544663891_n.jpg

また、同じく東京に住む仲間のペコこと澤畑明美と、ヒゲこと澤畑勉が、<風の布・パピヨン世田谷>として、アジアの女性支援などの活動をしているか方たちと、昨年11月に開催した"こころをつなぐ手しごと2016"展も、あらたな広がりとなりました。

17191063_1949543095274753_4362723944466167882_n.jpg

わたしたちとつながりの深い、ADU(アンテナ・デザイン・ユニット)が継続しているShake Hand Projectは鮭のブローチ展の企画と場を、京都から『おおつちおばちゃんくらぶ』に移譲しましたが、ぞの初めての作品展示会にもポコ・ペコ・ヒゲの3人がお邪魔しました。

13938466_1448638135150047_7749873143680708278_n.jpg

例年京都・滋賀で行われている、放射能汚染地域に住むこどもたちのための夏の保養キャンプにも野染めで参加しています。

17425006_1266451310111594_1762825597480308538_n.jpg

今年の3月には、熊本地震で大きな被害を受け、いまだ復興の遠い益城町で、野染をいたしました。

img097.jpg

そして今年で6回目となる京都での<東北の手業展>も9月に開催されます。


今だ続いている巨大複合災害の中で生きておられる方々と試行錯誤しながら、私どものできる範囲で関わっていけたらと願っております。
これからもよろしくお願いいたします。




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント