CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«秋田〜岩手 | Main | 秋田~岩手»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
衆生 [2015年02月11日(Wed)]

今日、一日リレーします。

脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
https://blog.canpan.info/stopnps/

当ブログでのリレーハンストのカテゴリーは
https://blog.canpan.info/shamurie/category_14

写真 (56).JPG

ウール70%麻30%の生地に柿渋やログウッドなどでローケツ染をしました。
被災地に仲間とともに通い、ハンストを細々と続け、その間少し大袈裟な怪我を経験し、私の染の世界が本質的に変わってきたと思っています。それまで40年以上化学染料を用いて染めてきたのですが、3・11以降、理屈ではなくわが体がその染料を拒否しはじめ、一気に天然染料へとシフトしました。もちろん野染も天然染料に切り替えました。

頭では化学染料はよくないとわかっていてもなかなか切り替えることができなかったのは、堅牢度に優れ、わたし好みの透明感のあるビビッドな色が出せること、なによりも長年それで飯を食ってきたということ、それを転換した時の「生活」に不安があったからだと思います。

原発事故があり放射能の垂れ流しが続き、その年に初孫が生まれたこともとても大きなことだったのですが、自らの生活のありようを棚上げしては何も変わらないのではないかという、自責の念のようなものが募り、<もうごまかしはきけへん>との思いが増してゆきました。
2012年6月からこのリレーハンストに加わるようになって、何か体が敏感になったようで、例えばハンスト明けに食べるものも、ジャンクフードのようなものは体が受け付けなくなってきたのがわかります。長年愛用してきた化学染料にも体が拒否するようになり、天然染料を選ばざるを得なくなったのです。今や化学染料に戻ることはあり得ません。手強い天然染料に四苦八苦しながらも、豊かに広がる今までに見たこともない世界に魅かれて行ってます。今まで出てこなかった私の中の<いきもの>のようなものが現れてきて、とても不思議です。

土や水が汚染され続けている今、そこに育つ生き物たちの色をいただいている私は、原発と向き合わざるを得ません。化学染料垂れ流してきた我、その責任においても、体と相談しながらバトンをつなげていければと願っております。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント