CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ことばをかわす | Main | 手から手へ»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
梅雨展 [2014年06月19日(Thu)]

晴れの日が続いている京都です。朝晩は気温が下がり心地よくもあり、身体が喜んでいるようです。さて今日から、風工房内のギャラリー風布(カザフ)では、様々なクラフト作品が集まる〈梅雨展〉が始まりました。わたしが染めた浴衣や、吹きガラスや陶器、和紙灯りなどの作品と共に、ハックの家とゆいとり工房の作品も展示販売しております。

被災地で作られた作品を紹介する会として、今まで京都では手業展(風の布・パピヨン)が、大阪では手しごと展(大阪の建築設計の人達)がそれぞれ2回ずつ、また岸和田でも有志の会の人たちの企画で一回,計5回開催されました。そのほかShake Hand Project(日本テキスタイデザイン協会) も2回、昨年は京都清水で「キラキラ大人の文化祭」にも、今回の梅雨展のように1コーナーが設けられました。

今回のようなプロの人たちの会の中でも、決して引けを取らないモノづくりを目指してゆくことはとても大切なことだと思います。<被災地で作られたもの><しょうがいがある人の作品>という位置に甘んずることなく、切磋琢磨して数多あるクラフト作品に伍していけるような、質を高めてゆかねばと思います。
ハックの家作品は今でもかなりのレベルに到達していると、感心します。自信を持って行きましょう。
ゆいとり工房は、技の確かさは問題なく優れていますが、支援物資の布で作られているのでオリジナリティーを発揮するには、どうしても難しい所があると思います。それでも作品の種類によっての、素材の選びとり方や、デザインの質を高めることなどにより、完成度を上げることはできると思います。なによりみんな頑張り屋さんで前向きですから。またチクチクしながらのおしゃべりやお茶っこの意味は本当に大きいですね。


9月には、平安神宮のすぐ近くの素敵なギャラリー唯での第三回手業展+絵画展が開催されます。大槌おばちゃんクラブも加わり、良い会にしたいと念じております。

img315.jpg



R8236174.JPG
ハックの家のおなじみ裂き織作品 
ますますセンスが良くなってきています。



R8236179.JPG
ゆいとり工房 新作のバッグinバッグ(左)が評判です。


t15.jpg


評判のハックの家の『フェルケン』
フエルトで石鹸を包んでいます。そのまま手や顔を洗えます。
最後によりフェルト化した楽しい作品(コースターなどに)が残ります。


R8236169.JPG
天然染料で染めた浴衣(夏の単衣)



t02.jpg
以前、化学染料で染めた作品も
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
盛岡の全国私立保育園連盟岩手県大会で大槌のお母さんたちにお会いしました。川原畑さんと園長先生で記念撮影。おっちゃんつながりで嬉しくなりました。斎藤さんサイコー(#^.^#)
Posted by: 佐藤美紀子  at 2014年06月20日(Fri) 10:37