CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«風の便り | Main | 師走»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
AIDSメモリアル・キルト展 [2012年12月13日(Thu)]




1華頂テディ.jpg
京都・華頂女子高等学校手芸部作、テディベア photo by Maiko
売り上げは全てHIV/AIDSを抱えて生活している人たちへの支援基金となります。


毎年この時期に、京都・ひとまち交流館でAIDSメモリアル・キルト展が行われます。
今世紀最大の医療課題としてある、ヒト免疫不全症候群・HIV/AIDS。そのウイルスとの闘いの中から生まれてきたこのヒューマンな製作活動は、今や全世界に広がり、この病と共にある人や家族、失われた命への慈しみを静かに伝え続けています。
私がこのメモリアル・キルトと出会ったのは1988年。それ以来深い影響を受けてきました。被災地での<てびらこつぎっこ>作りも、このメモリアル・キルトが後押ししてくれたと思っています。
是非、会場に来られ、この病を抱え精一杯生きた人達と、その周りで支えてきた人たちの、それぞれの思いを、一枚一枚のキルトと出会いながら、対話をして頂けたらと願っております。



img141.jpg
クリックすると大きく見れます。

この案内をプリントアウトできます。キルト展チラシ_2012 修正2 (1).pdf

写真のキツネをデザインしたキルトは、同性愛者である事、AIDSを発症していることを公表し、人々にこの病の理解を訴え、多くの人々に深い影響を与え逝った平田豊さんのメモリアルキルトです。東京・東久留米のボランティアサークルうんどうぐつに集う、平田さんが大好きだった若い人たちの手により作られました。
その背後に顔を表現したキルトがあります。赤瀬範保さんのキルトです。血友病薬害被害者で国を相手に訴訟に踏みきり、京都の石田吉明さん達と共に先頭で闘い逝った人です。彼は亡くなる2か月前に命ほとばしるようなキルトを自らの手で書き遺しています。〈愛のキルト〉と私たちが読んでいるその作品に対しメモリアル・キルト・ジャパン(MQJ)の会報(MQJ・NEWS NO.71 2010・10・3発行) に寄せた私の拙文があります。興味のある方はお読みください。
行きまっせ.pdf

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
コメントありがとう!!昨夜遅く仕事先の東京から帰ってきました。
キラキラしたクリスマスの光が眩い街で生業をしている私と、被災地を仲間と巡る私。かなりの落差があります。デパートのギャラリーに集ってくれるのは、ずっと支援をしてくれている仲間たちが多く、息苦しい店内に一週間缶詰め状態の私にとって、本当に大きな助けとなりました。どうにか年越しが出来そうです。
メモリアル・キルト展、いつもは私もずっと会場に詰めているのですがそれが今回は仕事とやむなく重なりかなわず、ポコちゃんが全日居てくれました。高校生も来てくれたみたいで良かったなと思っています。
恵理子ママさんこそこの一年も本当に八面六臂の活躍、お世話様でした。そんな中でも食べて遊び、季節を楽しんでいる様子がブログから伝わってきて<いいな!>と、どこかほっとしているんですよ。
今日は京都もちらほらと雪が舞う寒い一日となっています。
厳寒の花巻、風邪などひきませぬよう。良いお歳を迎えてください。
Posted by: さいとうひろし  at 2012年12月26日(Wed) 12:33

斎藤 洋 様

被災地での活動お疲れ様でした。
AIDSメモリアル・キルト展の成功を遠くからお祈りしています。

「風の便り」読みました。
私も本当にその通りだと思います。
このままどんどん日本が右傾化したらどうしようと、不安な気持ちでいっぱいです。少数派の意見が反映されるような政治じゃないと、真の民主主義とは言えないと思います。我々国民はもっとしっかりしなければ!、と思いました。

岩手では朝から粉雪が舞っています。一日中氷点下の世界です。いよいよ冬本番となりましたので斎藤さんもご自愛下さい。
Posted by: 牛崎恵理子  at 2012年12月19日(Wed) 13:54