CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«還って来ました | Main | 夏の終わりの野染旅 2»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
夏の終わりの野染旅 1 [2012年08月28日(Tue)]

8月17日(金) 
東京・町田市 三つ又冒険遊び場たぬき山


毎年8月後半行われる、竹林の中にあるこの遊び場での野染が楽しみなのは、薪を焚き、かまどで作る豚汁や、それぞれが持ち寄るおにぎりやおかずの美味しさもさることながら、美しい竹林の中で、こどもとおとながとても良いバランスで集まっている様子が心地よいからです。こどものためだけではなく、おとなが牛耳っているのでもなく、それぞれに居心地の良い場所を作るには並大抵の努力ではできないことだし、一朝一夕で出来ることでもありません。
初めての試みである草木野染も、ここならば受け入れてくれると思いました。草木を煮出すかまども寸胴もそろっているし、なによりそんなことが大好きな人たちが集まっています。


t01.jpg
冒険遊び場には必ず釜戸がある。
大量の玉ねぎの皮を寸胴で炊いているのは、リーダーの大野さん。


t02.jpg
同じくリーダーの<うさぎ>が持ってきたのはやしゃ玉
優しいベージュ色が出る。


t03.jpg
竹林の中にある遊び場。笹を煮込む。黄金色の染液が採れた。
染めると、ごく薄い青味がかった茶が。

t10.jpg
人気の柿渋は、草木染の定番。青柿(渋)を絞り、4〜5年寝かせたものが市販されている。かなり匂いがきつくなるが、今は無臭のものが出来ていて、今回もそれを使う。そのほか、南アフリカのルイボスティー、紫玉ねぎの皮を煮出したものも。

t04.jpg
布は、115p×18mの晒木綿。予め豆汁(ごじる)で下処理したものを染める。今までの化学染料のような鮮やかさはないが、とても良い匂い、そしてなんとも優しい発色。こどもの手に付いても、間違って口に入っても気にすることも無い。今までとはまるっきり違う野染が進んでゆく。

t05.jpg
右の紫系の茶が柿渋、左が玉ねぎ、向こうの薄い色は笹。

t06.jpg
半乾きの布の上に、木酢酸鉄を乗せるとグレーに変色。
その変化があまりに鮮やかで、夢中になる。

t07.jpg
鉄とアルミ(焼きミョウバン)媒染した後の布は、
微妙な変化を重ねつつ、竹林の中で揺れている。
ミョウバンを置いたところは、黄い味が増す。

t08.jpg
竹林に陽がこぼれ、初めての草木野染が終了。
身体が喜び、空気がきれいになるような時間。

t09.jpg
乾いた布をたたむ。
みんなで分けた後、熱いめのアイロンをかけ、水洗いをして仕上げる。


染め終えた後、これからはこんな風に草木から色をいただき、こどもが飲んでも大丈夫な色を使って野染をしていきたいと話したところ、さざ波のように拍手が広がりました。
胸に溢れるものがありました。

三つ又冒険遊び場たぬき山のブログにも、今回の野染の様子がアップされました。




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント