CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ここから3 てびらこつぎっこ | Main | 踏ん張る»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ここから4 [2011年06月29日(Wed)]
京都は35度を超える猛暑が続いています。
あの東和やたいまぐらの涼やかな空気がなつかしい。




さてこれからのことをお伝えします。

お針箱

今回の旅では、皆さんから送って頂いた、およそ420箱をお届けしました。
今は避難所から徐々に仮設住宅に移る時期になっていて、移った際の準備としてのれんやカーテンなど生活を彩るものなどを作りたい気持ちの方たちがたくさんおられます。
また支援の衣料のサイズが合わず不具合を感じている人もおり、お針箱はどこでもとても喜ばれました。また、たびたびお伝えしているように、皆で縫いだすと自然に出てくる言葉、そんな時だからこそ話せることがあります。これからますますそんな場所と時間が大切なものになっていくと思います。まだまだお届けしたいと思います。



                     

お針箱はとりあえず7月31日まで、受け付けさせていただきます。
その時点で、状況を見てさらに続けるかを判断いたします。

そこでお願いがあります。
ハサミが不足していてセットが組めません。
糸きり用の小さなハサミと、裁ちばさみがよぶんにありましたら、お送りください。


            糸通し、チャコペンもおねがいします。


布は今のところ集まっていますが、足らなくなりましたらまたお知らせいたします。


野染め





9月中旬、大船渡の支援学校で、小・中・高、全校生徒でするのをはじめ、釜石、大槌、田老町、越前高田(一部未定)などで、おもに障がいを持っている人たちとする、野染めの旅をいたします。

その前に、京都・法然院、東京・町田と東久留米のこどもたちと毎年恒例の野染めをしますが、そこで染められた布の一部を被災地で生かしてもらおうと話しています。
出来たら、てびらこつぎっこの布として縫い繫いでいけたらと、おもっています。


    京都造形芸術大学・三回生の<てびらこつぎっこ> 2011年5月


7月8月の野染め予定・
7/29(雨天30日)法然院 遊びの寺小屋 要予約 500円 7/16より受付 詳しくは075−752−4582 法然院・森のセンターまで
8/19(雨天20日) 三ツ又冒険遊び場たぬき山 町田市
8/27(雨天28日) 学芸大付属養護学校の庭にて 東久留米市
町田と東久留米のお問い合わせは風工房・斎藤 090−6674−8082  Eメール dye.kazafu@gmail.com まで 

               


今回の旅でご縁があった人たち、今まで大切なご縁を頂いてきた人たちと、これからもつながりながら、続けていきたいと思います。


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント