CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ここから | Main | ここから3 てびらこつぎっこ»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ここから2 [2011年06月27日(Mon)]


保育園から保育園へ 小さなコミュニティーから小さなコミュニティーへ


広田保育園のがらくた座公演の後、ちいおばさんたちは同じ陸前高田にある他の保育園をめぐりました。公演の後、私たちが託したお針箱を手渡してくれました。その40セットほどのお針箱の中に、東京・清瀬市の保育園から送られたものが数セット入っていて、箱の中には、保護者の方や職員の方たちのメッセージカードが添えられていました。それを見たその保育園の方たちが感動して、礼状をぜひ書きたいとおっしゃたそうです。

この間の旅でうっすらと結んでいったイメージがその話を聞いて、はっきりと見えてきたものがありました。
小さなコミュニティーから小さなコミュニティーへ、たとえば保育園と保育園、小さな集落と町内会、支援学校と支援学校などがそれぞれ個別に結び付いていけば、より良い支援が続けていけるのではないかというイメージです。


       わが町内の,あるお宅の前で  6月27日撮影


早速清瀬市の保育園にそのことをお伝えすると、すぐわかって下さり、礼状が届いたならば連絡を取り合うとおっしゃってくれました。
それをもう少し広げてたとえば清瀬市、武蔵野市あたりの保育園のネットワークと、陸前高田の各保育園が一つづつ繋がっていくことは出来るのではないか。たとえば世田谷と大船渡、宇治市と釜石など。
特に保育園は学校などと比べてもよりその地域との結びつきが深いし、より融通がきくところです。お針箱から始まって、粉ミルク(アレルギー対応のも)や絵本、文房具、衣料、食料などニーズによって変化していく支援物資のことも、また精神的な悩みも同じ境遇同士より話しやすく、深くわかりあえていくはずです。
また園児のみならず、その家族、その地域へと広がってゆく、目に見える結びつきが作れると思います。
今回最初にお訪ねした釜石・平田地区の避難所・仮設などは私が住む京都・岡崎地区ぐらいでもその規模においては十分出来ることがあると思いますし、小さな集落の仮設などとは、それこそ<町内>や<手作りサークル>程度の規模でもかなりの支援が出来るのではと思います.

もちろんもっと根本的な仕事の問題、経済的支援、親を失った子供たちへの手厚いケアーなど、そのような結びつきだけでは解決できない深刻な状況は山積みしています。
でも自分たちを忘れずにつながっている人たちがいると思えることはとても大切なことなのではないでしょうか。

これから関東、東海、近畿なども大きな災害が来る可能性は高いです。今そのようなちいさなコミュニティー同志の繋がりを少しづつでも作り続けて行くことの意味は大きいと思います。
相互扶助、お互い様ですから。





そこで提案です。被災地の地図をまず広げてみてください。ここと思った町を見つけたら、コンピューターでその街の、たとえば保育園の情報を知って下さい。そして自分の街の保育園に話をしてください。そこから確かに始まるものがあるはずです。
お針箱や布は、そのきっかけを作ってくれる物だと思います。



小槌の小さな避難所のまけないぞう 遠野まごころネットにタオルを!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント