CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«はじまり | Main | ゆいとり2»
プロフィール

さいとうひろしさんの画像
さいとうひろし
プロフィール
ブログ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
成広のり子
風花 (03/11) ハックの家
つ ど う (09/17) 佐藤美紀子
梅雨展 (06/20) さいとうひろし
もうすぐ春だよ (03/17) chako@h2o
もうすぐ春だよ (03/16) さいとうひろし
アワワワワ〜! (12/11) さわだともこ
アワワワワ〜! (12/11) さいとうひろし
神様 仏様 (09/12) saito
神様 仏様 (09/11) うえむら
言葉 (07/11)
月別アーカイブ
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shamurie/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shamurie/index2_0.xml
ゆいとり [2012年03月02日(Fri)]


大槌・田老・田野畑 手業展 in 京都・風工房 報告
2月23日(木)〜27日(月)

手業展、連日びっくりするぐらいたくさんの方たちが、
風工房に来てくださいました。
一年近くたっても、遠く離れていても、心痛め、願い、
祈っておられる方たちがこんなにもおられるんだと、
毎日深く感じた5日間でした。
北海道や静岡などから京都旅行中の方が新聞を見て訪ねてきてくれたり、
東京や新潟などから駆けてきてくれた方たちもおりました。
世田谷のヒゲさん明見さん夫妻、
風工房でお針箱作りなどのボランティアを続けているチャコ、
もちろんポコも連日会場にいて、話を重ねていました。
ハックの家のおかあさん、竹下美恵子さんも青森の友人と共に
25,26日と工房に詰めておられて、一人一人に精一杯思いを伝え、
ありがとうの言葉を繰り返されておりました。

ありがたいことに、作品はほぼ売り切れました。
このブログを通じてもかなりの方たちがシェアーしてくれました。
感謝いたします。


tewaza01.jpg

風工房


tewaza08.jpg


tewaza02.jpg

来場された方々は作品の素晴らしさ、完成度の高さに、
皆一様に驚いておりました。


tewaza24.jpg


tewaza06.jpg

ハックの家の裂き織バッグ


tewaza07.jpg

田老・ゆいとりの会の作品も大人気。
野染の布で作ったバッグも展示。

tewaza21.jpg

わらび学園のうさぎたちは、子供たちに人気。


tewaza05.jpg

人の波は5日間途切れることなく続きました。


tewaza04.jpg

山田町・ケアホーム希望の佐藤啓子さんの詩集も、
食い入るように読んでおられる方たちが・・


tewaza10.jpg

ハックの家のお母さん・竹下美恵子さんの話を聞く。
田野畑の新わかめを食べながら。


写真だけの簡単なレポートになりました。
私とポコは、3日の早朝2時過ぎに京都を出て、気仙沼に向かいます。
澤畑夫妻とは現地で落ち合います。
4日には、大谷小学校でアジアから来たNPOの若い人たちと、
地元のこどもたちとの野染を行います。
そのあとは、今回の手業展に参加してくれた所に報告をしに巡ります。
帰ってから、今回の旅も含めて、手業展の様子を
もう少し深くお伝え出来ればと思っています。

大阪の友人が自らのブログで、とても丁寧に伝えてくださっています。
是非ご覧ください。


では行って来ます。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント