CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日新地区 高齢者の方を囲む会 | Main | 北地区 総合防災訓練 〜自助・共助を学び地域防災力を高めよう〜»
興文地区防災訓練が開催されました [2019年11月02日(Sat)]
令和元年11月2日、興文中学校において興文地区防災訓練が開催されました。
興文地区自治会長、自治会防災担当者、消防団、防災士の他、興文中学校の3年生122名も参加しました。
IMG_3770.JPG
↑「大垣市避難所運営基本マニュアル」の再確認を行いました

参加者は総務班(避難所のレイアウト作成、避難所のルール作成、避難者名簿の作成など)、食糧物資班(備蓄品の種類と数量の確認、非常食の調理、大釜の組み立てマニュアルの作成など)、衛生班(災害時のトイレについて、段ボールトイレの製作、ペットの対応など)に別れ訓練を行いました。

1.jpg
↑中学校内の地図を見ながら避難所のレイアウトを考えました。どうしたら避難者が安心して生活できるか、様々な意見が出ました

2.jpg
↑避難所の共同生活上のルールを考え、模造紙にまとめました

3.jpg
↑消防団から大釜の組み立て方を教わりました。誰もが組み立てることができるよう写真付きの組立マニュアルを作成します

IMG_3838.JPG
↑防災士さんに教わりながら、簡易トイレを組み立てました。段ボールトイレも作りました

4.jpg
最後に食糧物資班がお湯を注いでつくった非常食のおにぎりを試食しました。

訓練を終え参加した中学生から各班の訓練状況の発表がされました。
その他「訓練を重ね日頃から準備していくことが大切」、「自分たちも避難所で手伝いができるようになれるといい」、「避難所ではお互いを思いやり支え合うことが大切」などの感想が発表されました。

参加された興文中学生の皆さん興文地区の皆さん、防災訓練お疲れさまでした。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント