CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«年齢差25歳、明るい!楽しい!長屋元気会 | Main | 静里地区 ふれあい三世代»
「美しい町 歴史のふるさとと文化の町」を目指して 青墓校区社会福祉大会 [2019年10月20日(Sun)]
爽やかな秋空のもと「青墓校区社会福祉大会」「青墓地区センターまつり」が盛大に開催されました。早朝より多くの子どもさんからご高齢の方々が集い、福祉大会や地区センターまつりが催されます。

DSC_3171[1].JPG
↑富田会長ごあいさつ

福祉大会において日ごろの功績を讃え、表彰や感謝状が贈られました。感謝状では、日ごろの見守り活動から人命救助に至った事例から、稲葉東自治会より3名の方々の表彰があり、日ごろの見守り活動の大切さについてご報告がありました。

子どもの意見発表において、小・中学生の皆さんの代表の方々が社会や福祉について感じることを語られました。

DSC_3178[1].JPG
↑中学生の方の意見発表

また、青墓校区は「歴史のふるさと」であり、福祉大会における講演として「壬申の乱と美濃」と題し、皆さんで地域の歴史を学ぶ機会が設けられ、皆さん熱心に聴講されていました。

DSC_3182[1].JPG
↑大垣市立図書館の職員による講演の様子

地区センター内外では様々な活動発表や展示など、盛りだくさんの催しものが行われました。

DSC_3187[1].JPG

DSC_3188[1].JPG

DSC_3189[1].JPG

青墓校区は子どもからご高齢の方々の交流を大切にされている地区であり、福祉大会や地区センターまつりにおいて皆さんが大変活躍される場面が見られました。
これからも皆さまで「美しい町」「歴史のふるさと文化の町」を目指し、地区社協活動の推進をお願いいたします。(忍)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント