CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«三城地区 ひとり暮らし高齢者を囲む会が開催されました | Main | 上石津地区社協 理事・評議員会»
第26回興文地区社会福祉大会が開催されました [2019年10月05日(Sat)]
10月5日、興文小学校体育館において「令和元年度興文地区社会福祉大会」が開催されました。
興文地区では大会の第1部として、興文小学校6年生と大人(地区社協役員など)のワークショップを開催しています。

CIMG6336.JPG
子どもと大人が6つの教室に分かれ「興文ってこんな町だよ」、「こんな町になって欲しい」、「そのために私にできることってなにか」をテーマにワークショップを行いました。

CIMG6342.JPG
考えたことや思ったことを付箋に書き、模造紙に貼っていきます。模造紙にはたくさんの付箋が貼られました。
みんなが貼った付箋を確認し、「私たちに何ができるのか」を考えます。

CIMG6359.JPG
子どもたちが考えた興文地区の将来について。様々な意見やアイデアが発表されました。

CIMG6394-1.jpg
第2部の式典では善行表彰(一般・児童)、福祉標語コンクールの表彰。興文中学校の生徒による福祉体験発表が行われました。
福祉標語の最優秀作品は「顔を知る つながる手と手 地域の輪」です。
また、興文小学校6年生、3年生による合唱、1年生によるおみこし演技が式典に華を咲かせました。

CIMG6367.JPG
子どもたちの作成した6枚の模造紙が会場に展示されました。来場された方も熱心に見入っていました。
子どもと大人が地域の将来について一緒に考え、意見の交流を図る貴重な機会となりました。
今後も、地域一丸となり「あんきな興文」を目指していきます。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント