CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«週間予定 | Main | 障害者週間連載記事A聴覚障がいについて»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
タグクラウド
「障害者週間」連載記事@視覚障がいについて [2017年12月03日(Sun)]
「障害者週間」は、平成16年6月の障害者基本法の改正により、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、従来の「障害者の日」(12月9日)に代わるものとして設定されました。

12月3日から9日までの7日間にわけて、泉佐野市社協で作成した冊子「シャッピーから伝えたいこと・やさしい気持ち」から、障がいについての説明記事を掲載します。

20171203.jpg
視覚障がい


見えにくい人、見えない人、色がわかりにくい人がいます。
見え方には「形がゆがんでみえる」「ぼやけてみえる」などさまざまです。

★障がいのある人の生活や気持ちを知ろう
 ●音を聞いたり手でさわったりして、たしかめます。
 ●なれていないところを一人で動くのは不安です。
 ●文字は声を出して読んでもらうことや、点字などで読みます。
 ●周りの様子をたしかめることや、自分から助けを求めることがむずかしいです。
Posted by 泉佐野市社協 at 13:00 | 障害者社会参加促進事業 | この記事のURL