CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大阪880万人訓練が行われます | Main | 週間予定»
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
タグクラウド
ボッチャスクールを実施しました [2017年08月24日(Thu)]
平成29年8月9日・21日と、泉佐野市社協主催で「障がい者ふれあいボッチャスクール」を開催しました。
20170821a.jpg
〜〜〜〜
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。

〜〜〜〜(ボッチャ協会ホームページより)

泉佐野市社協では、このボッチャによって、障がい者だけでなく、障がいのない人とが同じスポーツを通じて交流すること、およびパラリンピックスポーツへの理解の促進を目的に、大阪体育大学の曽根先生にご協力いただき、毎年定期的に取り組んでいます。
20170821a2.jpg

今年も、SBC(泉州ボッチャクラブ)の皆さんと曽根先生の協力を得て、ルール説明のあと、実際に3対3でのチーム戦を体験していただきながら、ボッチャと交流を楽しみました。

20170821a3.jpg
初対面同士でも、ナイスプレーには歓声と拍手があがります。

11月にもボッチャを通じたふれあい交流会の開催を準備していますので、よろしくお願いします!
(NY)
Posted by 泉佐野市社協 at 15:01 | ボランティアセンター | この記事のURL