CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 東日本大震災の応援活動 | Main | 災害ボランティアセンターのうごき»
2月3日松原地区会館マッチングコーディネーター養成講座 [2017年12月27日(Wed)]

松原地区_3.jpg松原地区_4.jpg
日時:平成30年2月3日(土)
   13時30分〜15時30分
   (13時受付開始)
場所:松原地区会館地下1階会議室(世田谷区5-17-6)
持ち物:筆記用具、上履き(スリッパなど)

お申し込みは、お電話かメールにてお願いいたします。
@メールでのお申込み
 宛先 saigai@otagaisama.or.jp
 件名を「2月3日災害VMC申込み」として、
 本文に「氏名・住所・電話番号・所属」をご記入ください。
※所属については、町会名、学校名、団体名などをご明記ください。

A電話でのお申込み
 電話 03-5712-5101
 開館日 火〜金10時〜22時(土・日20時まで)
 定休日 月曜日・祝日
1月13日日本女子体育大学マッチングコーディネーター養成講座 [2017年12月27日(Wed)]

日女体受講者募集ちらし20171021_1.jpg
日女体受講者募集ちらし20171021_2.jpg

日時:平成30年1月13日(土)
   13時30分〜16時30分
   (13時受付開始)
場所:日本女子体育大学(世田谷区北烏山8-19-1)
   本館1階 E101号室
持ち物:筆記用具

お申し込みは、お電話かメールにてお願いいたします。
@メールでのお申込み
 宛先 saigai@otagaisama.or.jp
 件名を「1月13日災害VMC申込み」として、
 本文に「氏名・住所・電話番号・所属」をご記入ください。
※所属については、町会名、学校名、団体名などをご明記ください。

A電話でのお申込み
 電話 03-5712-5101
 開館日 火〜金10時〜22時(土・日20時まで)
 定休日 月曜日・祝日
【締め切りました】2017年9月16日開催!「マッチングコーディネーター養成講座」受講生募集中です [2017年07月08日(Sat)]

(8月19日追記)
=募集を締め切らせていただきました!=

お陰様で、定員に達したため募集を締め切らせていただきました。

10月14日に上祖師谷まちづくりセンターにおいて、小規模の養成講座を実施しておりますので、そちらもご検討ください。
今後も養成講座の実施を予定しておりますので、詳細が決まり次第Facebookなどでお知らせいたします。
----------------------------------------------------



チラシ表.jpg
チラシ裏.jpg

開催日 2017年9月16日(土)

    13:30〜16:30【13時受付開始】

会 場 国士舘大学 34号館B棟3階303教室

対 象 世田谷区在学・在住・在勤の方

参加費 無料     

定 員 約80名



○メールでお申込みの方は

件名を「9月16日災害VMC申込み」として、

本文に「氏名・住所・電話番号・所属」をご記入ください。

※所属については、町会名、学校名、団体名など



○お電話でのお申込み・お問合せ先

せたがや災害ボランティアセンター

東京都世田谷区下馬2−20−14

電話03-5712-5101

メールsaigai@otagaisama.or.jp

開館日 火〜金10時〜22時(土・日20時まで)

月曜日 定休
駒繋西自治会の自主防災教室 [2017年02月25日(Sat)]

2月25日、世田谷区下馬にある西澄寺において、
駒繋西自治会の自主防災教室が行われました。

IMG_0412.JPG
ビニール袋にお米とお水を入れてご飯を炊きます。
この方法では、お釜の水は飲用水でなくても大丈夫!

IMG_0569.JPG
上手に結べたか比べで和気あいあい

IMG_0578.JPG
世田谷消防署三宿出張所の消防士さんたちから

IMG_0432.JPG
スタンドパイプの使い方や

IMG_0575.JPG
ジャッキを使った重い物の持ち上げ方などを教わりました。

IMG_0570.JPG
スタンドパイプからの放水を体験!

IMG_0571.JPG
日本赤十字の方からは毛布を着物のように羽織ってしっかりした防寒を教わったり、

IMG_0539.JPG
新聞紙スリッパの折り方を教わりました。

image1.JPG

IMG_0576.JPG

IMG_0574.JPG
最後に炊いたご飯にカレーをかけていただきました。
駒繋西自治会の皆様、お疲れさまでした!


東京直下地震時の災害ボランティア活動連携訓練 [2017年02月23日(Thu)]

2月21日(火)にたましんRISURUホールにおいて
「東京直下地震時の災害ボランティア活動連携訓練」が行われました。
世田谷ボランティア協会は見学者として参加してまいりました。

IMG_0362.JPG

プレイヤーはグループ毎に被災状況を把握し、
どのような支援活動が必要か、どのように支援を行うかを話し合います。
その中で、次々に送られてくる新たな情報にも対応していくことになります。

IMG_0369.JPG

IMG_0381.JPG

IMG_0380.JPG

訓練でありながら、とても緊張した雰囲気の中で行われます。
情報の共有をどのように行うかがとても重要なポイントになります。
「昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校教員向け研修」を実施いたしました [2016年08月30日(Tue)]


8月29日(月)に、昭和女子大学附属昭和中学校・昭和高等学校の先生方を対象にした研修を行いました。
CIMG0792(加工後).jpg

前半は、東京湾北部地震の被害想定や災害時に昭和女子大学が果たす役割り、および、ボランティアマッチングセンターについて講義形式で説明を行いました。
CIMG0766.JPG

後半は、教室を『模擬マッチングセンター』に見立てて、先生方にボランティア役になっていただき、受付 →オリエンテーション →送り出し、を体験していただきました。
CIMG0782(加工後).jpg
CIMG0785(加工後).jpg

ご参加・ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
都立芦花高校にて、災害ボランティア体験プログラムを開催! [2016年08月10日(Wed)]


去る8月3日(水)、都立芦花高校にて、せたがや災害ボランティアセンターよる「いざ災害っ、という時に動ける自分になろう!」をテーマとした夏休み奉仕活動プログラムが行われました。

このプログラムは、災害時に備え高校生に模擬体験を通して知識を身につけてもらい、災害が起こった時に災害ボランティアとして参加できるようになろうと、せたがや災害ボランティアセンターが行っているもので今年で2回目です。

今年は高校生35人が参加、マンホールトイレの組み立てや避難所運営訓練プログラム『STEP(ステップ)』などを実施しました。

前半は、マンホールトイレの組み立てのほか、テントの組み立てや防災倉庫の見学を行いました。

生徒たちは、初めてのマンホールトイレを組み立てに少し戸惑いながらも、ボランティアの協力のもと、汗を流しながら一生懸命体験していました。

CIMG0373(加工後).jpg

テントの組み立てでも、生徒同士で声を掛け合い協力しながら作業を進めていました。

CIMG0374(加工後).jpg

また、防災倉庫の見学では「食物アレルギーがある場合の備蓄品はどうなっているか」などと積極的に質問をする姿もみられました。

CIMG0411(加工後A).jpg

後半は、昭和女子大学人間社会学部の清水裕教授を講師に迎え、避難所運営訓練プログラム『STEP(ステップ)』を体験しました。

グループごとに分かれ、発災後の避難所で起こるさまざまな問題の解決策を話し合いで決めていきます。

CIMG0427(加工後).jpg

次々に発生する問題に、「ついていくのが大変だった」という意見も聞かれましたが、「いつ起こるか分からない、しかし確実にやってくる災害に対して備えることの大切さと大変さを理解できた」といった声も聞かれました。

その後のグループワークでは、マンホールトイレの課題や解決策を話し合いました。

「高齢者や障がい者や子どもなどに配慮する必要がある」「組み立てを誰でもできるように簡単にする」「トイレの色を清潔感や清涼感のあるブルーにする」などと言ったさまざまな意見が出されました。

せたがや災害ボランティアセンターでは、いざというときに地域の若い力が生かされるよう、引き続き防災教育などを行っていく予定です。

【7/25締め切り】『宮城県女川町 風の学校ボランティアワークキャンプ』 [2016年07月22日(Fri)]

こんにちは。

『宮城県女川町 風の学校ボランティアワークキャンプ』間もなく募集を締め切りますexclamation

ご参加を検討している方は、お早めにお問い合わせ・お申込みお待ちしております。

女川町ボラWC.jpg

現在、多くの学生さんにご応募いただいております。
ですが、男子学生さんのご参加が少なめです。
ぜひ、多くの男子学生さんからのご応募もお待ちしております!!

お申し込みは、7月25日(月)締め切りです。

詳細は、下記をご覧ください。
http://www.otagaisama.or.jp/1-wanted/20160708/3705.html
【参加者募集】9月12日(月)〜9月16日(金) 『宮城県女川町 風の学校ボランティアワークキャンプ』 [2016年07月08日(Fri)]

こんにちは。

梅雨ですが、毎日暑い日が続いていますね。
今年の夏も暑さに負けずに乗り切りましょう!

さて、せたがや災害ボランティアセンターから、大学生向けのボランティアワークキャンプのお知らせです。

2016年9月12日(月)〜9月16日(金)の4泊5日、宮城県女川町で、
〜東日本大震災被災者の人びとの暮らしの再建から学ぶ〜
『宮城県女川町 風の学校ボランティアワークキャンプ』
が開催されます。

女川町ボラWC.jpg

住民の皆さんとの協働、仮設住宅の人びととの交流、子どもたちとのふれあいや図書館への支援、「紙ランタン祭り」など、被災者の心に寄り添う活動を行う予定です。

女川写真2.jpg

女川WC写真1.jpg

ただ今、参加者を募集しています!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日時:2016年9月12日(月)〜16日(金)
場所:宮城県女川町
参加費: 16,000円(観光バス代、宿泊代) 食事代別 ※若干の変更の可能性あり
参加資格:大学生
定員:50人
募集締め切り7/25(月)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

詳細は、下記までお問い合わせください。

【問い合わせ・お申し込み先】
(福)世田谷ボランティア協会
担当 植田 今関
 03-5712-5101 fax 03-3410-3811
Mail: setabora@otagaisama.or.jp
URL: http://www.otagaisama.or.jp/
【開催報告】災害ボランティアマッチングコーディネーター養成講座 [2016年06月29日(Wed)]

6月26日(日)、「災害ボランティアマッチングコーディネーター養成講座」が昭和女子大学で行われました。

講座には、世田谷区在住や在勤の方、学生など71人が参加、災害ボランティア活動に関する講義のほか、災害ボランティアマッチングコーディネーターを実際に体験して学ぶワークショップを行いました。

kakou災害MC昭和3.jpg


参加者は、熱心に講義に耳を傾け、積極的にワークショップに参加する姿が見られ、スタッフ一同、心強く胸が熱くなりました!
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

kakou災害MC昭和2.jpg

参加者からは、「実際にロールプレイをすることで、役割や流れが分かった」「実際に体験してみて、連携や瞬時に判断することが必要だと分かった」などと言った声が聞かれました。

ご参加の皆さま、お疲れさまでした。
また、貴重なご意見もありがとうございました!

せたがや災害ボランティアセンターでは、今後も「災害ボランティアマッチングコーディネーター養成講座」を各所で行うとともに、スキルアップ研修も開催する予定です。

詳細は、決まり次第、お知らせいたします!
| 次へ