CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

世田谷ボランティア協会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
インターンシップの10日間を経て [2016年08月31日(Wed)]
インターンシップまとめ

1.インターンシップ先に選んだ理由
 今回が私にとって初めてのインターンシップでした。他にも色々な企業があった中で、私が世田谷ボランティア協会さんを選んだ理由は、自宅から近かったということもありますが、一番の理由は事務作業からイベントの運営まで幅広い分野を経験することができるからです。私は初め、事務の仕事に興味があったのでその分野を経験することができる実習先を探していました。しかし、サークルの先輩から「色々なことを経験させてもらえるところを選んだほうが良い」というアドバイスをいただいたので、次に興味のあったイベントの運営などにも携われる実習先を探したところ、世田谷ボランティア協会さんが見事に私の希望に合っていたので、ここを選ばせていただきました。

2.インターンシップで経験したこと
 世田谷ボランティア協会では、私の実習期間中に丁度「区民まつり」があったため、初日はその準備をさせていただきました。区民まつりでは、子どもを相手にスライム作りやバザーを開くため、その作り方を予習したり、ポップを作ったりしました。それ以外にも、テーブルなどの設置や実際に当日はスタッフとして参加もさせていただきました。区民まつり一日目は、バザーでの接客で主に大人の方たちと交流することができました。二日目では、スライム作りを担当したため主に子供やその親御さんと交流する機会が多かったです。
 区民まつり以降は、主に世田谷ボランティアセンター内での作業が多く、次のバザーに出す商品の整理やデータ入力などの事務作業、無人ショップのポップ作り、CL(チャイルドライン)のチラシの印刷作業など本当に様々なことを経験することができました。
【主な仕事内容】
 ・受付
 ・データ入力
 ・印刷作業
 ・イベント運営の補助
 ・オリエンテーションや報告会の準備・参加・片付け など

3.インターンシップを通しての感想
 今回、ボランティアというあまり日常生活を送る上では馴染みの無い業界でインターンシップを受けさせていただきましたが、この十日間でボランティアというものをとても身近に感じることができました。また、ナツボラでの訪問でボランティアを募集している施設の現状や、ボランティアを経験した学生たちで行われたナツボラ報告会で一般の人にとってボランティアとはどういうものなのかなどを知ることができました。
 十日間で本当に様々なことを経験させていただきました。もし、インターンシップで世田谷ボランティア協会を選んでいなかったら、ボランティアに対しても理解度が低いまま、様々な人とも関わりが無く交流を広げることができなかったと思います。また、事務やイベントの運営を経験できれば良いなと考えていましたが、それ以外にも想像もしていなかったような仕事もあり、とても楽しかったです。
 世田谷ボランティア協会の方々もとても親切な方が多く、初めの頃は積極的に話しかけていただいたり、世間話をしたりと本当に温かい職場で活動しやすかったです。また、私の希望した分野以外にも色々な仕事を経験させていただけて、とても貴重な経験だったなと感じています。
 この十日間は、本当に濃密であっという間に過ぎてしまいました。他の実習先ではスライム作りやボランティアなどは決して経験できないと思うので、実習先に世田谷ボランティア協会さんを選んで本当に良かったと感じています。
産業能率大学 山口美佳

Posted by setabora at 16:43
この記事のURL
https://blog.canpan.info/setabora-vc/archive/206