CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月28日

第5回雪氷活用交流会を開催しました

平成28年1月21日(木)19時より、札幌市西区のことに大和家さんにて『第5回雪氷活用交流会』を開催しました。

会場は超満員。沢山の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

12625787_10208338468805019_724946087_n.jpg
当財団、理事長 小嶋英生よりごあいさつ。

12576277_10208338468525012_1325709646_n.jpg
雪室余市ワインと札幌のアイドルグループ『ルミナリア』さんとのコラボレーションが実現し、この日に発表となりました。会場の皆さんに早速味わっていただきました。

12575837_10208338468765018_575734312_n.jpg

12625732_10208338468605014_1660217916_n.jpg

12571391_10208338470925072_1983561607_n.jpg

12625732_10208338468685016_33683872_n (1).jpg

12583811_10208338468885021_1548362531_n.jpg
全面的にご協力いただきました、会場のことに大和家の女将、原みちるさん。ありがとうございました。

2016年01月10日

寒中お見舞い申し上げます

寒中お見舞い申し上げます。
昨年は大変お世話になりありがとうございました。
当法人は、平成28年も「雪山は地球を救う!」をテーマに活動いたします。

1.雪氷冷熱エネルギーは、国の法律(新エネルギー法)でエネルギーになりました。
平成14年1月21日、小泉内閣で閣議決定され、同年4月1日より雪氷エネルギーを導入する施設の設備部分に3分の1補助が実施されています。

2.雪山を活用した農林水産省の政策です。
農林水産省委託研究事業として、平成20年〜22年の三年間「モエレ沼雪山」と「石狩湾新港雪山」を利用した冷房、冷蔵の研究を行いました。その成果を受けて、農林水産省は平成23年4月1日より、雪氷冷熱エネルギーを導入する農業施設の事業費に2分の1補助を実施しています。
籾米、玄米による毎年20万トン、5ヶ年で100万トンの棚上備蓄を実施しています。

3.豪雪地帯対策特別措置法が一部改正されました。
平成24年3月27日に国会で同法が一部改正(議員立法:平成34年3月31日まで)されました。この中で、「雪冷熱エネルギーの活用促進」が位置づけられています。
札幌市を含め道内179市町村全てと、国土の51%は豪雪地帯です。
【第13条の7】 国及び地方公共団体は、豪雪地帯における雪の冷熱をエネルギー源として活用した施設の整備その他の取組が促進されるよう適切な配慮をするものとする。

4.雪氷エネルギー活用はCO2削減に効果があります。
雪山を100%利用する札幌を作りましょう。
札幌市内の雪山を活用すれば5月〜9月で、1,500万トン×27s=405,000トンのCO2削減が可能です。さらに、約200億円の除排雪費の減額も可能です。企業誘致に活用しましょう!

5.家庭で雪を利用しましょう!
戸建住宅で、2m×5m×3m=30㎥ (駐車スペ ー スの下利用)の雪を利用し、部屋の冷房と食品の冷蔵を行いましょう。マンションでも利用可能です。

6.2020年東京オリンピック・パラリンピックで雪氷エネルギーを活用しましょう。
雪氷冷熱で生産、加工、貯蔵された食材を使いましょう。
雪氷冷熱を大会の暑熱対策に活用しましょう。
雪氷冷熱で日本の四季折々の花を大会場、選手村、東京都内に飾りましょう。

以上のような活動を目指しております。皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。
寒さ厳しい折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
平成28年1月寒中

NPO法人 雪氷環境プロジェクト
理事長 小嶋 英生