CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年01月14日

【報告】雪氷活用交流会

2013年(平成25年)の新年を迎え、皆様にはご健祥のこととお喜び申し上げます。

雪氷活用交流会
が、平成25年1月7日(月)午後6時より 札幌市役所18階で開催されました。

この会には札幌市内をはじめとして道内各地より雪氷冷熱エネルギー関係者22名の方が出席しました。


@平成24年12月19日(水)に、資源エネルギー庁、農林水産省、国土交通省の事務方の皆様と当NPO法人との合同で開催された私的勉強会、
「雪冷熱エネルギーの活用促進に関する懇談会」
の内容報告

上記「三省庁との懇談会」は平成25年度も継続し、
1.三省庁への事務方の皆様に広く参加していただき、雪冷熱エネルギーに関する勉強会を開く。
2.北海道、東北の雪氷冷熱活用の現場を視察する。
3.雪氷冷熱エネルギー活用の多角化を検討する。
4.雪氷冷熱エネルギー普及の方法について検討する。

A
A.平成24年11月14日と17日開催の
「グリーンニューディール基金」説明会の内容報告
《グリーンニューディール基金事業概要》
・「グリーンニューディール基金」とは、地方公共団体(都道府県・指定都市)に造成する基金の通称。
・地方公共団体が行う再生可能エネルギー等導入推進のため、国から補助金を交付し、地方公共団体に基金を造成。
・地方自治体は、基金を活用し、防災拠点等において、災害時等の非常時に必要なエネルギーを確保するため、再生可能エネルギー等設備の導入促進。

1.平成24年度121億円のうち、北海道7億円、札幌市0円
2.平成25年度250億円を予定。
道内自治体の積極的な提案を期待します。

B.廃熱利用等によるグリーンコミュニティー推進実施事業
《グリーンコミュニティー事業内容》(対象者:民間事業者)
廃熱や温水(冷熱や冷水を含む)を利用したグリーンコミュニティー推進
自然由来や地域で棄てられている熱や温水(冷熱や冷水を含む)等を利用し、グリーンコミュニティーを推進する新たな活用方法(新たなエネルギー技術・システムを除く)について、コミュニティー単位での二酸化炭素削減効果等を検証する実証事業を実施。

B雪氷活用交流会は今後「三省庁懇談会」「環境省」等と連携して民間の皆様からの意見、要望を取りまとめて政策提案を行います。
また、北海道、東北における雪氷冷熱活用施設の視察会を企画いたします。

1

報告する小嶋英生理事長


image024.jpg

旭川の野田武彦さん


image025.jpg

岩見沢の三島均さん


image035.jpg

小樽の渡辺智恵子さん


image010.jpg

帯広の野口剥Gさん


image027.jpg

沼田の横山茂さん


image011.jpg

真狩の横山喜貞さん


image015.jpg

室蘭の白川浩一さん