CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年07月22日

第3回真夏の赤れんが「雪冷房体験会」

今年で3回目となる真夏の赤れんが「雪冷房体験会」を北海道庁赤レンガ前で開催中です。

初日の21日は札幌でも30℃を超える真夏日となり、雪冷房のあるテント内は涼を求めた人で、ぎゅうぎゅうになることもしばしばありました。

冷房機の中の雪がとけるのがいつもより早く、途中で横に設置した雪山から雪を補充したり、とけた雪の水抜きを2回もしたのは、3年目にして初めてのことです。







真夏の赤れんが「雪冷房体験会」は、日頃接することのない方たちとおしゃべりすることができる空間にもなります。
日本語ペラペラの中国人は、ツアーの添乗員だそうで「納得」です。
奈良からの家族旅行、長野からの女性二人旅、東京の女性一人旅、みなさん北海道を満喫されているようでした。
ドーレ君も立ち寄ってくれました。アリガトウゴザイマス。












雪冷房体験会のほかに、沼田町のテント前では、雪中米やジャガイモの試食会(なくなり次第終了)なども行っています。新鮮野菜もおいてます。
最終日23日までにぜひ一度のぞいてみてください。