CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月11日

ロゴマークデザイン最優秀賞作品

雪や氷を使って貯蔵した農産物のロゴマークデザインコンテスト
 
最優秀賞作品



最優秀賞 石川 多賀子 様より

かまくらや雪だるまを連想させる物体を親しみやすいキャラクター風にとらえ、農産物を大切に守り抱くかたちで表現しました。北海道のもつイメージやクリーンで地球環境にも配慮した自然エネルギーで貯蔵された農産物はとっても安心で「ほくっ」としていておいしそう、大切な、大切なものを保管しておく「蔵」なんです。


栗谷川悠審査委員長より

全国各地の小学生から高齢者の方までの幅広い年齢層から、1,079点もの応募があったことに大変驚いていますが、やはり食べ物の安全や地球環境に大きな関心が示されているということの表れでしょう。
そして、最優秀のこの作品にあたたかい自然環境に配慮した「安全」ということで、ほっとするようなところが、作品の最大のポイントであると思います。
グリーンとブルーという配色は、シンボルマークとして柔らかさを表現し。ラインがきれいです。


事務局より

不慣れな作業で発表などが遅れておりましたが、ようやくここまでこぎつけることができました。
時間をかけて完成されたもの、サラサラと描かれたもの、どの作品も捨てがたく審査員の方々もさぞ厳選にご苦労されたかと思います。審査員の方々、作品やデータの整理作業に携わっていただいた方々本当にありがとうございました。
今後、このロゴマークは雪や氷を利用して「生産」「貯蔵」「熟成」される農産物などのパッケージなどに使用する予定です。