CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年01月26日

平成22年1月25日 オランダ・フードバレー研究会開催

平成22年1月31日から実施される、世界的な食品産業の集積地として知られるオランダ・フードバレー研究視察に向けて事前研究会「食の王国 オランダに学ぶ」〜フードバレーを中心にして〜を開催いたしました。

研究視察の目的は、世界の「食品産業クラスター」の先進地であるオランダ・フードバレーの視察および国内外における農業活性化の先進事例を学び、「国内農業生産の維持拡大」と「北海道経済の立て直し」を同時に成し遂げるための具体策を検討することです。

講師は、在日オランダ王国大使館 カーラ・ボーンストラ農務参事官(写真右)に
1時間半ほど講演をしていただき、研究視察の参加者は貴重な予備知識を得ました。
一般会員の方にも多数ご出席いただき、質疑応答でも英語が飛び交い制限時間いっぱいまで有効に使われました。





NPO雪氷環境プロジェクト理事長小嶋英生氏が、この日の研究会を統括しました。
会終了後、新聞記者の取材に応じ、
「研究成果が製品となり、ビジネスに結び付く仕組みが素晴らしい。実際に現場を見て理解を深めたい」と、意気込みを語っていました。