CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月06日

理事長よりお知らせ

皆  様

冠省、お忙しいことと存じます。
さて 私こと

平成23年7月19日の大規模長期食糧備蓄基地構想推進協議会総会において

事務局長を退任し、副会長(会長特命事項担当)に就任いたしました。

平成12年5月29日に事務局長就任以来、下記の通り取組んで参りました。



雪氷冷熱エネルギーの法律化(平成14年1月21日小泉内閣の閣議決定)

雪氷冷熱エネルギー導入時に施設設備費の3分の1補助実施(平成14年4月1日)

洞爺湖サミットにおける雪冷房実施
及び雪氷貯蔵食材の利用実施(平成20年7月6日〜8日)

農業施設へ雪氷冷熱エネルギー導入時の事業費2分の1補助実施(平成23年4月1日)

米の5ヵ年棚上備蓄実施(平成23年4月1日)

籾米と玄米による7ヵ年の備蓄実験実施(平成23年4月1日)





これは偏に皆様からいただいたご指導、ご鞭撻の賜物と感謝申し上げます。

今後、「食糧安全保障への貢献」及び「雪氷冷熱エネルギーの多核化」に精進いたします。

皆様のより一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

略儀ながらご挨拶申し上げます。

                                                   草々

                                          

                                           
平成23年9月吉日

特定非営利活動法人 雪氷環境プロジェクト

〜100年後の地球のために〜

理事長  小 嶋  英 生



                             
この記事へのコメント
コメントを書く