CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年08月07日

一面トップです・・・!

七夕祭り2日目。天気は晴れ。今日もいい一日となりそうです。

今朝、河北新報という地元紙の一面トップに写真付きで掲載されました。

今回の七夕飾りは、子供たちが鶴を一人一羽ずつ作り、先生が花を折る。そして保護者がそれらをつなぎ、作品に完成させていくという、一連の「つながり」がありました。

他の飾りにも折り鶴がたくさんありました。それはそれはきれいです。しかし、どこか違うと思ってみてみると、きれいなのですが、あまりにも規格どおりにきっちりと折られていて、どこか機械的な感じがしてしまうのです。

子供たちの鶴は、一つひとつを見たら、決して完璧なものではないかもしれません。
だからこそ、思いの詰まった鶴となり、それが80,000羽となるとものすごい勢いをもって語りかけてくるのだと思います。

復興にかけてしっかりと未来を担ってくれるであろう子どもたちの力に感動するのでしょう。

河北新報の記事も見てください。
リンクができませんので、「河北新報」で検索し、
ニュースタイトル「折り鶴に復興願う 仙台七夕まつり開幕」を探してください。

内田でした・・・
posted by 仙台市PTA協議会 at 13:47| 会長