CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
コミュニケーション〜グループディスカッション〜 [2018年07月25日(Wed)]
皆さん、こんにちは。7期生のIですかわいい
昨日までは少し涼しかったですが、今日はまた暑いですねふらふら
体調管理には十分にお気をつけ下さい。

今回は、7/4に行った「グループディスカッション」の模様をお伝えしたいと思いますひらめき
コミュニケーション講座は、実際に働いたときや日常生活でも役立つ、人とのコミュニケーションの仕方を学ぶ講座です。
その中でも、今回ご紹介する「グループディスカッション」は「集団面接」などの場で用いられることが多い、複数人での会話を実際に体験して学ぶ講座ですぴかぴか(新しい)

いつもは参加者が多いので、1つまたは2つのグループに分かれ、実際の集団面接の事例などを用いて練習するのですが今回は参加者が少なかったのでいつもと少し違った方法で行いました。
blog全体.jpg

テーマは、社内での会議をイメージしたもので行いました。
今回は2つのお題を実際にやってみました。

まず1つは、「社内の決起集会で自分たちのチームの強み」をプレゼンするためのディスカッションでした。
もう1つは、「そのチームで架空の会社の商品開発をする」というテーマでのディスカッションでした。こちらは、文房具で「勉強嫌いの子供」向けの商品などの縛りがあり、時間も1つ目のものより長めに30分ほどで行いました。

普段からよく雑談をするメンバーだったので、1つ目のテーマは「個人の強み」や長所をお互いに挙げる形になり、自然にディスカッションができました。
私自身も他のメンバーから、こういうところがすごいとかこういうことに向いてそうと言ってもらえることは嬉しかったのと、新たな発見になりましたるんるん

1つ目のテーマが終わったあとに、発表者の役割になった人がみんなの意見をまとめて発表しました。
blog発表.jpg
発表者以外の人は、司会やタイムキーパー、書記の役割を担当しました。

2つ目のテーマは、時間が長いので不安でしたが
実際にディスカッションし始めると時間がどんどん足りなくなりましたあせあせ(飛び散る汗)
私は、こちらのテーマの時に司会を担当したのですが、話が逸れていくのを戻したり、意見を纏めたり、発言の少ない人に振ってみたりと気を配ることが多く、難しい役割だと感じました。難しいですが、やりがいがあるのでまた担当してみたいですわーい(嬉しい顔)

ちなみに2つ目のテーマで、私たちが考えた商品は「ご褒美ノート」をいう商品で、価格は216円になりました。
ノートを使い終わると、ご褒美として応募者全員にプレゼントがもらえるというノートで「勉強嫌いな子供」相手の商品という点に特に着目して考えた商品です。
価格設定でもそれぞれ意見が割れたりと難航しましたダッシュ(走り出すさま)

こちらは、スタッフさんや参加していなかった他の利用者さんから質問を受けたりを最後にしました。それぞれ意見を出したメンバーが回答しましたひらめき

そして、こちらも最後に発表者が内容を纏めて、発表を行いました。

特に2つ目のテーマは、議論がなかなかに疲れましたがとてもやりがいを感じましたぴかぴか(新しい)

以上が、「グループディスカッション」の振り返りでした。
お読み頂きありがとうございました!
Posted by スイッチ at 15:21
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sendai-note/archive/211
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

スイッチさんの画像
https://blog.canpan.info/sendai-note/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sendai-note/index2_0.xml