CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2021年新年のご挨拶 [2021年01月01日(Fri)]
新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

日本セルプセンターは障がい者就労支援施設の経済活動、事業振興と、そこで働く障がい者の所得保障をすすめていくことを目的に2000年に設立されたNPO法人です。

設立以来、障がいがありながらも働く意欲をもつ方やすでに働いている方々の「真の社会的・経済的な自立推進」のため、就労支援施設、事業所等の皆さまと「共同事業・ネットワーク」を組み、共同受注、共同生産、販売などさまざまな取り組みをすすめています。

2013年の「障害者優先調達推進法」の施行に伴い、中央官庁など官公需への対応も日本セルプセンターの重要な役割となっています。

今では全国500施設を超えるネットワークを生かした施設間連携による共同生産等によって「大量生産・短納期」といったニーズにもフレキシブルに対応する体制を整えています。また、地域性豊かな各種施設オリジナルの製品やサービスもご用意しております。

さて昨年はコロナ禍の中で、障がい者就労支援施設の活動が大きく制限され、多くの施設が売上減となりました。その中で施設の持ち出しにより工賃を守ろうとした施設や、努力したにも関わらず工賃を下げざるを得なかった施設もあります。日本の障害者年金は生活補填のため、障がい者が自立して生活していくためには少しでも工賃を向上させていく必要があります。

是非障がい者支援施設で働く障害を持つ人たちの生活を支えるために、皆様の仕事のパートナーとして日本セルプセンターをご活用ください。
今年も役員並びに職員一同精一杯努力してまいりますので皆様の理さらなるご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

日本セルプセンター会長 江智和理
Posted by 管理者 at 11:22 | この記事のURL
農福オンラインマルシェ鹿児島 [2020年10月29日(Thu)]
かごしま障がい者共同受注センターでは年に2回ノウフクマルシェを開催しておりますが
新型コロナウイルスの影響ため、今年は、初のオンラインでのマルシェ開催となります。

マルシェには鹿児島県内の障がい者施設・事業所で心を込めて作られた素敵な商品が約75種類ほど出品されています。
オンライン販売になっておりますので、ぜひ皆さまご購入ください。

11月1日(日)10時 サイトオープン
ポスターのQRコードまたは下記URLよりお入りください。
https://noufuku-kago.shop-pro.jp/

農福オンラインマルシェ鹿児島.jpg
製菓部会Zoom情報交換会 [2020年10月23日(Fri)]
日本セルプセンター製菓部会では、毎年研修会を行ってきましたが、
本年は新型コロナウイルスの感染拡大により、
人が多く集まるイベントはできない状況になってきております。

しかし、毎年顔を合わせ、近況を報告しあっていた皆様と会えないのは・・・
そこで、今年は、ZOOMを使って、コロナ状況下でのそれぞれの施設の状況
や製菓の取り組み、また、もう目の前までやってきたHACCPの対応状況など
近況を共有ができたらと思っています。

研修会と違い情報交換会ですので内容は皆様次第!!お気軽にご参加くださ
い。

日 時 : 令和2年 11 月 2 日(月) 16:00〜17:30
会 場 : ZOOM にて開催いたします。
参加費 : 無料
対 象 :日本セルプセンター会員
申し込み: 下記アドレス(google フォーム)にて、必要事項を記入いただ
き、お申し込みください。
Google フォームアドレス:https://forms.gle/PekpFM57eQQy7dCj9
申し込み締め切り:2020 年 10 月 29 日(木)
Posted by 管理者 at 13:22 | 部会案内 | この記事のURL
クリーニング部会の開催について [2020年08月17日(Mon)]
日本セルプセンタークリーニング部会を下記のとおり開催いたします。
クリーニング部会に所属されていない事業所様でも参加可能です。

日時:8月27日(木)13時30分〜16時
Zoomミーティングによる開催


ご参加ご希望の方は下記の項目を明記して、日本セルプセンター事務局まで
メール(アドレスはチラシに記載)にてお申し込みください。

※件名は「クリーニング部会申込」としてください。
・事業所名:
・担当者名:
・役職:
・事業所所在都道府県名:
・e-mailアドレス:
・電話番号:

お申し込み締め切りは、8月21日(金)となります。
ご参加お待ちしております。

クリーニング部会研修会.pdf
チラシ
Posted by 管理者 at 09:06 | 部会案内 | この記事のURL
「農福連携技術支援者育成研修」(「農業版ジョブコーチ育成研修」)の募集について [2020年06月15日(Mon)]
農林水産省では、本年度から、農福連携を現場で実践する手法を具体的にアドバイスできる専門人材を育成するため、茨城にある研修所において、「農福連携技術支援者育成研修」(いわゆる「農業版ジョブコーチ育成研修」)を開始します。

具体的には、農作業実習等を通じて、障害者に対する農作業の支援技法を学びます。

修了試験を含む全ての研修課程を受講し、農林水産省から、必要な知識と技能を身につけたと認められる方は、研修修了者となり、「農福連携技術支援者(農林水産省認定)」として、現場における支援をすることができます。

興味のある方は、こちらから、受講申込を御検討ください。
〆切は、7月17日(金)です。
Posted by 管理者 at 08:20 | 情報提供 | この記事のURL
日本財団 助成事業完了報告書 [2020年04月23日(Thu)]
日本セルプセンターでは「障害者の所得向上を目指す作業受注モデルに関するフォーラムの開催」を日本財団助成事業として施いたしました。以下、事業の成果を広く社会に共有することを目的に事業の成果物を公開いたします。

1.フォーラム開催案内.pdf
2.フォーラムプログラム.pdf
3.フォーラムアンケートレポート.pdf
4.エントリー事業所一覧.pdf
5.事業内容詳細報告書.pdf


Posted by 管理者 at 17:45 | この記事のURL
令和2年度日本セルプセンター研究大会の中止のお知らせ [2020年03月27日(Fri)]
現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、
令和2年6月11日(木)・12日(金)に予定されていた
日本セルプセンター研究大会の開催を止むなく中止することといたしました。

ご参加をご検討いただいていた方もいらっしゃると思いますが、
何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
令和元年度(第36回)全国社会就労センター長研修会のご案内 [2020年01月10日(Fri)]
令和元年度(第36回)全国社会就労センター長研修会

日 程:令和2年2月27日(木)〜28日(金)
会 場:川崎日航ホテル(神奈川県川崎市)
参加費:日本セルプセンター/全国社会就労センター協議会会員 15,000円/人
            〃             非会員 38,000円/人
テーマ:社会就労センターの多様性を活かした働き方改革・暮らし方改革

開催要綱、申し込み等詳細につきましては、
全国社会就労センターホームページをご覧ください。

就労支援フォーラムNIPPON特別企画 施設外就労「M.I.Eモデル」フォーラム~Mie Inclusive Employment project〜 [2020年01月08日(Wed)]
就労支援フォーラムNIPPON特別企画
施設外就労「M.I.Eモデル」フォーラム
〜Mie Inclusive Employment project〜


障がいのある人たちの豊かな生活を実現するための様々な働き方を共に考える
フォーラムが三重県伊賀市で開催されます。
ぜひご参加ください!

Mie Inclusive Employment project.jpg

2020年2月16日(日)12:45〜16:45 伊賀市文化会館 さまざまホール(参加費無料)
     2月17日(月) 9:30〜15:00 株式会社ミルボン ゆめが丘工場(参加費5,000円)

詳細・お申込みはコチラをご覧ください。
下線部分をクリックすると、主催団体である社会福祉法人維雅幸育会様のホームページに飛びます。
新年のご挨拶 [2020年01月01日(Wed)]
新年あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

さて特定非営利法人日本セルプセンターでは障害者優先調達推進法に基づく官公需の受注や民間企業からの仕事の受注、各都道府県セルプセンターや共同受注窓口との連携事業、作業種別部会として木工、製菓、製パン、クリーニング、印刷、縫製、ウェス、農産、食品加工等様々な部会活動の推進、各種研修会の開催、その他の様々な活動を通じて障がい者の就労支援や工賃向上を目指して活動をしております。

おかげさまで日本の就労継続支援B型事業所の平均工賃は約16,000円ですが、日本セルプセンター会員では約23,000円となっております。会員の最高工賃は10万円を超えている施設もあり、日々切磋琢磨しながら工賃向上に向けての取り組みを行っております。

日本の障害者年金は生活補填のため、障害者が自立して地域で生活していくためには少しでも工賃を上げていく必要があります。
また一昨年の報酬改定により工賃の多寡により報酬が上下するという制度になり、施設の経営のためにも工賃向上が必要となっております。

今年も役員並びに職員一同精一杯努力いたしますので皆様のさらなるご協力をお願いいたします。

日本セルプセンター 会長 江 智和理
Posted by 管理者 at 00:00 | この記事のURL
| 次へ