CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


ホカホカせっけん [2010年01月09日(Sat)]
真心絶品サイトには厳選された製品ばかりが掲載されているわけですが、どうしてもスイーツ類等の食品に目がいきがちですよね。そんな中、今回は個人的に超おすすめのホカホカせっけんシリーズをご紹介します。この商品、約20年も昔「ナイスハートショップ・パレット」で取り扱っていたものですから、思い入れもひとしお。

メイン商品はリサイクル油から作られた洗濯用粉石鹸なのですが、台所用粉石鹸、浴用固形石けんが、個人的には大好きです。クマさんのキャラクターを活かしたパッケージは可愛いのですが、見た目はどうしても地味な商品。しかし、一度使ってみるとその品質の確かさに驚かされますよ。台所用石鹸は油落ちがクレンザーより強力ですし、固形石けんに至っては無香料の味気なさがたまりません。

実はパレット店舗でも、見た目の地味さから最初はなかなか売れない商品でした。施設に取材に出かけて、地域の廃油を回収してリサイクル石鹸を作っている取り組みに感動した私たちは、さっそくその素晴らしさを伝えるためにキャンペーンを実施。固形石けんを無料で配布してみたのですね。そしたら一度使ったお客さんが「とてもよかった」「アトピーの子どもに最適だった」という声が続出。次々とファンが増えていったんですよ。

個人的にも引っ越しの挨拶で配布したら、「これ、どこで買えるんです?」なんて問い合わせが殺到した経験もあります。商品力があるからこその実績ですよね。ぜひみなさんも、真心絶品サイトでホカホカシリーズをお試しくださいな。なお、この石鹸を作っているつゆはし作業所の取材ルポも、近日公開予定です。こちらも、ご期待くださいね。



揚げ餅の大量注文 [2010年01月08日(Fri)]
昨日、愛知県・守山作業所の西岡さんから揚げ餅の大量注文がありました。ナンと一挙に20袋。毎度有り難うございまーす。西岡さんとは実は、愛知県の施設に取材に行くたびに食事をさせていただく間柄。先月お会いしたときには、ちょうど「しずかの創造苑」に取材に行った後のため、揚げ餅の話で盛り上がったばかりなのでした。

木工作業を主体としてきた守山作業所が十数年前に突如クッキーを始めたのは、実は私が「木工パズルのデザインをそのまま使って、パズルクッキーなんて出来ないかな?」なんて話したのがきっかけなのだとか。嘘みたいな、ホントの話なんです。つねに新たな取り組みを考えている西岡さんは、お酒の席のこんな話も本気で考えてしまうから楽しい人なのです。今回も揚げ餅がいかに人気の商品であるかを説明していると、「どういう機械を入れたら効率的に生産できるかな?」などと、真面目に考え出すから面白い。

そんな話をした後の、揚げ餅大量購入です。「もしや?」と思って電話してみると、イヤ、単に職員に人気の商品を食べさせようとしただけとのことでした。でもやっぱり、あの後、自分で揚げ餅を作ってみたらしいから、さすがです。やはり成功している施設の責任者は、つねに人気製品へのアンテナを張り巡らしているものなのですね。「しずかの創造苑」の揚げ餅は、おかげさまでネットでも大人気です。ぜひ一度試してみてくださいね。

いよいよ、クリスマス [2009年12月22日(Tue)]
早いもので、もう今週末はクリスマスですね。クリスマスに相応しい商品をご紹介ということで、ハイワークひびきのシュトーレンです。この時期になると昔から食べられてきた、伝統的なドイツ菓子。まっしろな砂糖でくるまれた生地の中には、たっぷりのナッツ類が。甘い物好きな人にはたまらない逸品です。yahoo!の商品検索でシュトーレンという名を検索しても、全国各地の名店でこのお菓子が製造販売されていることがわかります。でもハイワークひびきのシュトーレンも、価格も見た目も、そしてもちろんお味も負けておりませんぞ。「真心絶品」のサイトで2クリスマス限定商品として購入できますので、みなさまどうぞよろしくお願いします。





実は24日の東京新聞夕刊において、「真心絶品」の商品が写真付きで紹介されるそうなのです。クリスマスイブに「真心絶品」の商品を買おうというご提案。シュトーレンの他にも真珠ネックレスや木工玩具が紹介されるとか。ここではクリスマスらしいツリーの写真を紹介しておきますね。世間はクリスマスイブで浮かれていても、事務局は年末へ向けてどれくらいの注文があるのか、戦々恐々として準備を進めているのでございます。



パールのネックレス [2009年10月20日(Tue)]
昨日公開した長崎県の大村パームハイムの取材記事。みなさま、ご覧になっていただけましたでしょうか? なんと田崎真珠の創設者が設立した施設なのですね。ですからそこでつくられる製品やパール自体の品質は保証つき。どれも素晴らしい製品ばかりです。そんなパールジュエリーの数々を、今回オープンするECサイトでも販売することになりました。これがその写真になります。素敵でしょ? 公式オープンは12月1日になります。みなさま、どうぞご期待ください。そして、どんどんお買い物してくださいね。



名古屋城プチクッキー [2009年09月24日(Thu)]
今回は、愛知県の守山作業所の取材中に見つけた「名古屋城プチクッキー」です。可愛い木工パズルの数々を作っていることで有名な守山さんですが、数年前からクッキーも作っているんですよ。しかもそのクッキー、さすが木工の守山だけあって、「名古屋城」と書かれたミニプレートのおまけ付きなんです。写真でわかるかなー? これ、木のプレートなんですよ。レーザー加工機で文字を焼きけているんです。この機械は凄いすぐれものでありまして、自由な形に断裁することもできちゃうんです。このプレートも、ホントは金のシャチホコの形に切り抜かれていたら、もっと買いたくなっちゃうかも! 名古屋城下の公園で販売しているそうなので、ぜひ観光で行かれる際にはさがしてみてくださいね。

指文字クッキー [2009年09月23日(Wed)]
先日のスイーツ選考会議で、素敵な新商品が発見されました。なかまの里という聴覚障害者施設で製造している「指文字クッキー」です。クッキーの表面に、手話の指文字がプリントされていて、食べながら手話を学べるようになっているわけです。書かれている文字も洒落ています。クッキーが五個セットに鳴っているのですが、「ありがとう」「すきやねん」等々。クッキーは個別包装されていて、割れない工夫も施されています。肝心のクッキーのお味も、とても美味しい。見た目にユニーク。製品にメッセージがある。食べて美味しい。そしてさらに販売しやすいサイズとパッケージ。すべてがそろった製品に、審査員も感心しておりました。もちろん日本セルプセンター・バイヤーの加瀬もさっそく目をつけた。今度の福祉機器展での目玉商品として、たっぷり商品を販売しようと意気込んでおります。クッキーにも、こんな作り方があるんですね。ぜひ他の施設でも、参考にしてください。