CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


リコピン卵で元気はつらつ [2010年08月03日(Tue)]
昨日よりSELP訪問ルポで紹介しております「佐賀西部コロニー」。記事にも書かしていただきましたが、本当にすごい製品ばかりをつくっている素晴らしい施設でありました。すべての製品を企画しているのが、73歳の村井理事長自らだというのですから、驚きです。とくに自ら考案したという「海水農法」によって、学者たちや農業専門家たちをもうならす農産物を次々つくりだすそのパワーには、頭が下がる思いでした。



ところで恒例の昼食です。今回は、リコピン含有量日本一の「リコピン卵」の卵がけご飯です。オープンしたばかりという佐賀西部コロニーが運営する食堂で、卵がけご飯をご馳走になりました。みてください、この鮮やかなオレンジ色に輝く、つやつやした卵を。食べてみると、本当に味が濃い卵の味を堪能できます。最近では都会でも「卵がけご飯」専門の外食店が増えているんですよ。でも「リコピン卵」の味は、どこの専門店のこだわり卵にも負けません。ぜひ東京にも「リコピン卵」を売り込んでいきたいですね。



「リコピン卵」は、ビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つといわれるリコピンを大量に含む卵です。卵がけご飯として毎日食べれば、動脈硬化などの生活習慣病や老化防止に効果がある健康食品でもあります。まさに「リコピン卵」で、元気はつらつ?!