CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


くすの木学園のいぐさ製品 [2010年03月23日(Tue)]
3月19日(金)は、熊本県のくすの木学園の取材でした。この施設では、熊本県の名産物であるいぐさを使った製品を昔から作っています。工場を見学させていただきましたが、なんと13台も自動織機が並ぶ広大な施設でありました。あくまで受託製品ではありますが、トトロ柄のござも作っているんですよ。すごく可愛いですねー。





施設ができたころは施設の周りにもい草問屋がたくさんあり、こうした受託生産だけでも大忙しの状況だったらしいですが、最近では問屋自体が次々消えてしまい、くすの木学園としてもオリジナルの自主製品の開発と販売に活路を見いだしているそう。今回、真心絶品に認定された「いぐさコースター」は、そんな自主製品の一つ。伝統的ない草を使いながらも、カラフルな色使いで、現代風のデザインが施されています。これなら若い人たちにも使ってもらえる商品になっています。この他にも、ランチョンマットやカードケース、花い草(いぐさの香りを楽しむ染色い草)等、素敵な商品がたくさんありました。



帰りの熊本空港では、ちょうどこの日に設置されたという「熊本県の伝統工芸」ショーケースを見ることができました。熊本県では、異業種懇談会等を開催して、い草を使った新しい商品開発に力を入れているらしいです。このケースの中にも、くすの木学園の「いぐさコースター」が飾られていますよ。みなさま、熊本空港をご利用の際にはぜひ注目してくださいね。