CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


萩焼の金運ネコ [2010年03月06日(Sat)]
3月5日(金)は、山口コロニーにSELP訪問ルポの取材に行ってきました。ゼンコロに所属する施設の一つですから、もちろん印刷事業がメインのわけですが、今回の取材は「真心絶品」に認定させていただいた萩焼の陶芸部門。こちらの作業風景等を中心に詳しくお話を聞いてきました。陶芸事業は全国どの施設でもなかなか厳しい上に、山口コロニーの萩焼の中心をになってた職人さん(利用者)が高齢のために退職され、最近では工芸品としての萩焼よりも日常使い的な製品群を中心に製造しているとのこと。たとえば、下記のような置物です。「金運ネコ」と名付けられたこの商品、あらゆる販売会で大人気でありまして、なかなか生産が追いつかないようです。取材当日も完成品はまだ窯で焼いている最中とのことで、制作途中のものしか拝見できませんでした。でも、すごく細かいお花のレリーフが素敵でしょ?



制作者は、玉島由佳利さんという車椅子の女性です。とてもはにかみやさんでカメラを向けて「ポーズをとってください」とお願いしても、「仕事中でそれどころじゃありません」と、そっけない。なかなかこちらを向いてくれないどころか笑ってもくれなかったのですが(細かい作業中ですもの。当たり前ですね)、「私も仕事なので、すみませーん。オリンピックの選手もマスコミに対してつっけんどんな選手もいるけど、一流のアスリートはちゃんと対応してくれるじゃないですかあ(笑)」と突っ込み続けると、やっと一瞬だけ笑ってくれました。由佳利さん、仕事の邪魔してごめんなさいね。



さいごに恒例の給食タイムです。山口コロニーさんの給食は、毎日3種類のメニューが用意されていて、事前に好きなものをリクエストしておくシステムになっているとのこと。当日は「牛丼」「堅焼きそば」「揚げ出し豆腐」の三種がメニューみたいでして、私は「堅焼きそば」をご馳走になりました。最後の方で「自分は何番を頼んだのに、終了? えっー」とか言っている人がいるのが気になりました。大丈夫かナー。私が食べちゃったからなくなったってことは、まさかないですよね?(笑)。山口コロニーのみなさまの笑顔を記事で紹介するのは、3月最終週になる予定です。お楽しみに。