CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

SELP事務局NEWS

日本セルプセンター事務局の最新ニュースをテーマ別にお届けします。日々動いている活動内容を、リアルタイムでご紹介していきます。


デザイン支援と花の木ランチ [2010年01月29日(Fri)]
1月28日(木)、愛知県の花の木苑に行って参りました。デザイン支援活動の提案書の考え方に同調していただいたため、今度は具体的な印刷物を作るための打ち合わせです。メインのクッキーラベルは勿論のこと、シフォンケーキの巻紙、レジ袋、のぼり旗、名刺、そしてサンキューカードを作成することに。サンキューカードは20種類くらいの利用者の作品カードを兼ね、ウラに営業連絡先とメッセージを付け加えます。これまでは単にイベントでお客さんにクッキーを販売するだけでしたが、これからはクッキーが花の木苑をアピールする「メディア」として機能していきます。そのためにラベルも、レジ袋も、幟旗も、統一デザインにして、花の木苑のイメージをブランド化していくのです。



担当者のYさんが、利用者の作品を見る目に非常に長けている方なので、本デザインをするに当たってはイラストの一次選考を彼女にお任せしました。デザイナーが勝手に判断するのではなく、現場の方とこのようにコミュニケーションをとりながら、アイデアを考えていくことはブランド化のためには本当に大切なことですね。でも今回、ちょっと気になったことがあります。実は彼女は、施設の名刺を持たされていませんでした。小さな施設ではよくあることですが、これからは職員一人ひとりが意識を持って営業努力をする必要があります。今回のデザイン支援によって、みなさんの意識改革とモチベーションアップにつなげていただくことをぜひ期待したいと思います。みなさん名刺のデザインも気に入ってもらえたようだから、今回の名刺をみんなに配布したら、みんながんばって営業してくれると思いますよ。施設長、お願いしますね!



で、最後にまたまた「花の木ランチ」です。今回は施設の給食でなく、花の木苑が運営している喫茶店「ふら和」で、チキンドリア定食をご馳走になりました。添えられているのは、パン工房で作ったトーストと、施設の畑で栽培されている野菜サラダ。とっても美味しかったですよ。アツアツのドリアに、舌が火傷してしまいましたけど(笑)。この喫茶店、地域の人たちの交流の場にもなっているんですよ。焼きたてパンが、その場で食べられる素敵な空間でありました。