• もっと見る

2016年06月05日

”世界遺産マラッカ”−2016GW/LCCの旅D

”世界遺産”と聞くと、一度は行ってみたくなりますよね。

クアラルンプールから行けそうな世界遺産と考えた時に、ペナン島(ジョージタウン)とマラッカの2つが思い浮かんだのですが、今回はタイトな旅なのでクアラルンプールから車で2時間の距離にあるマラッカへ足を延ばしてみることにしました。

マラッカへのアクセス方法は前回の記事に書いた通りなので、今回はマラッカへ着いてからを書いてみようと思います!

マラッカ観光と言えば下の地図におさまるエリアが対象になるかと思います。
その中でも観光のスタートは赤いピンで示している「オランダ広場」からです!


サーモンピンクが特徴的なオランダ広場は、1753年に建てられたキリスト教会が最初に目に入ってきます。
右側の同色の建物は「スタダイス」と呼ばれ、オランダ統治時代の旧総督邸で、マラッカ歴史博物館になっているようです。今回は時間がなかったので、残念ながら立ち寄れませんでした・・・

M1 (1024x768) 

オランダ広場からマラッカ川を渡ります。
マラッカは見どころが色々あるみたいですが、このマラッカ川をブラブラと歩くのがおススメかもしれません。

M2 (1024x768) 

マラッカ川を上流に向かって歩いてゆくとこんな絵が!

M3 (1024x768) 

これはマラッカ在住の画家チャールズチャム氏のアトリエになっているようです。

アトリエ内は、チャールズチャム氏の新作絵画を見学・購入できるアートギャラリーと、チャールズ氏のアートをプリントしたTシャツが買えるとのこと。

店内は撮影禁止だったので写真は残っていないのですが、作品は人権や自然保護などのテーマに基づいて描かれています。

Tシャツはそこまで高くなく、買おうか悩んでいたのですが結局買わず・・・オラウータンのイラストTシャツを買えばよかったと後悔しています・・・

オラウータンハウスの目の前も、壁に鮮やかな絵が描かれています!

M4 (1024x768) 

こちらのGooglemapのストリートビューには真っ白な壁だったので、最近整備されたのかもしれません。
鮮やかな色々が壁に描かれ、とても素敵な空間でした!

マラッカ川の両岸はとても綺麗に整備されており、所々で美しい花々が咲き乱れていました。

M5 (1024x768) 

M6 (1024x768)

今回は時間がなかったので、ゆっくりマラッカ川を上流に向かって歩き進めて終わりだったのですが、オシャレなカフェやバーもあり、リバークルーズにもおススメです!

ちなみにマラッカ中心部からマラッカセントラルバスターミナルまでは、タクシーを利用されることをおススメします!!!

なぜかというと、今回は現地の日曜日であったこともあるのですが、路線バスは非常に混雑しており、ほぼ乗車できないのでは・・・という状況でした。

かつ、タクシーがつかまらず、やっとのことでタクシースタンドに辿り着いたかと思いきや、ローカルとの競争です。

ただその場合、タクシーとは完全交渉制なので交渉決裂しているローカルも多く「30RMでバスターミナルまで!」と英語で交渉したらすんなりと乗ることが出来ました!
ここは値切るよりも少し大目と感じても良いので、タクシーを確保されることを優先されることをおススメします。


posted by Yu SEKI at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック