• もっと見る

2016年05月22日

”世界遺産マラッカへのアクセス方法”−2016GW/LCCの旅C

マレーシアに5つある世界遺産の1つ、美しい古都”マラッカ”へ行ってみました!

クアラルンプールからマラッカまでは片道約150キロ。
位置関係はこちらの地図をご覧ください。




クアラルンプールからマラッカへのアクセスは、バスもしくはタクシーがおススメですが、移動の快適性、コストを考えるとバスがおススメです!

クアラルンプールの旅の始まりは、バンダー・タシック・スラタンバスターミナル(通称:TBS BTS)から!

最寄駅はKTMコミューター、KLIAトランジットのバンダー・タシック・スラタン(Bandar Tasik Selatan)駅で、ターミナルと駅は直結しています!
KL train map 

バスターミナルの内部はこんな感じで近代的です。
下の写真にも記載したのですが、カウンター群は主に2つあります。
「各バス会社のカウンター」と全てのバス会社のチケットが買える「共通カウンター」です。
TBSBTS1.png 

クアラルンプールからマラッカまでは14社のバス会社が運行しています。
(2016年5月1日現在/TBS BTS HPより)
※各社の運行スケジュールはTBS BTS HPより確認できます!

今回は事前に調べた所、2列ー1列のゆったりシートで日本人に人気のKKKL社を利用しました!
念のため、KKKL社が満席の場合を考えて共通カウンターでチケットを購入しました。
TBSBTS2.jpg

こちらのカウンターは全てのバス会社のチケットを買えることと、モニターでシートを選択することも出来るのですが、時たまシステムダウンが起きるようで、やっとのことでカウンターにたどり着いたのに10分ほどシステムダウンで待たされました・・・

また、マレーシア国内路線なので、不要かと思っていたのですが、パスポートの提示を求められました。
これはチケットに名前を入れるためらしいのですが、たまたま私は持ち合わせておらず、他に身分を証明するものを持っていなかったので、アルファベットの名前を紙に書いて渡して何とか解決しました。
こちらから国境を越えてシンガポールに行くときなど、当たり前ですがパスポートは必須です。
マレーシア国内線でもパスポートは持たれた方が良いかと思います。

ちなみに今回は平日だったのですが、マラッカ行のバスは満席が多く、購入から30分後のバスがなんとか購入できました。
全ての会社は扱っていませんが、こちらのサイトからも事前に購入できるので、繁忙期や土日などは事前に購入されると安心かもしれません。

どのバス会社もそうですが、車体に会社名が書いてるので、すぐに分かるかと思います。
KKKL_Bus.jpg 

車内が暗くて分かりにくいのですが、2列-1列シートなのでゆったりです。
シート自体は昔のビジネスクラスのシートというイメージでしょうか。フットレストがあったのですが、中には壊れていて機能しないシートもありましたが、これもご愛嬌でしょうか。
2時間近くの移動ですが、このシートでしたら快適です!

KKKL.jpg

肝心の値段なのですが、13.4RM!!!
この時の日本円で362円!!!
破格です!!!

KKKlticket.png

2時間の移動後、マラッカセントラルバスターミナル(Melaka Sentral Bus Terminal)に到着です!
マラッカー!!!と思いきや、世界遺産があるオランダ広場などへはここから更にバスかタクシーで移動しなくてはなりません。


バスとタクシーがあると言いましたが、バスは1RM(約27円)と激安なのですが、ローカルが非常に多く常に混雑していることと、英語もほとんど通じず、今どこにいるのかもわからないため、あまりおススメできません。

なので、タクシーでの移動が現実的かと思うのですが、メーター制ではないので交渉が必要です。(英語なら通じます)
相場は20RM(540円)くらいなので、20RMでどうだと交渉したら「バスに乗れ!」と言われ、観光客なのがバレバレで足元を見られました・・・

30RMで折り合いをつけたのですが、最初から高い金額を提示しないことをおススメします。

MLCTAXI.jpg 

マラッカセントラルからオランダ広場までは車で20分程度です。
簡単ですが、クアラルンプールからマラッカまでのアクセスについて書いてみました!
ちなみに日帰りの場合は、マラッカセントラルに到着次第、帰りのクアラルンプール行のチケットを購入されることを強くおススメします。

holland.jpg 

次回はマラッカについて書きたいと思います!
posted by Yu SEKI at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック