CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年11月02日

たばこ増税?

社会保障費の財源確保などのため、厚労省はたばこ1本当たり10円引き上げるかもしれません。

たばこは健康にもよくないですし、個人的にもたばこの煙は好きではありません。

しかし、私にはたばこの増税を快く受け入れられない理由があります。

というのは、おばがたばこ屋を経営しているからです。
以前、TASPOが自動販売機に導入された際は販売機の売り上げが約40パーセント落ち込み大打撃を受けた、という話を聞きました。

もし、今後たばこが増税され、喫煙者が減ってしまえば、おばのたばこ屋さんの経営はまた落ち込んでしまうでしょう。

たばこは好きではありません。喫煙者が減ればいいとは思いますが・・・
少し複雑な気持ちです。

みのり

2009年10月30日

七草マラソン

来年1月10日に松戸市七草マラソンが行われます。
松戸政治塾としても、地域のイベントに積極的に参加しようということで走る予定です。しかし、実際には参加する人の目的は様々で、健康維持のための体力作りの人もいれば、単純に走ることを楽しもうと参加する人もいると思います。

僕は記録目的のガチで走りたいと思っています。
去年は成人式と重なり参加できなかったため、今年が初参加なのですが10km40分を目標にしています。陸上の経験もないですが、しっかり練習して頑張ります!ってつもりだったのですが、面倒でいっこうに走ろうとしなかったので起爆剤としてランニングシューズを買ってきました。





いろいろ下調べしたうえで結局第一印象のカッコよさで購入。調べていて思ったのですが、ランニングシューズ、とても種類が充実していますね。初心者用、上級者用、練習用に、レース用、その他諸々の要素によっていろいろなバリエーションが用意されているようでした。それに、カラーも豊富で、機能性は申し分なく、デザインも履きたくなるようなものばかりでした。

僕は、高校時代にハンドボール部に所属していたのですが、ハンドボールシューズというのは選択肢がとても少なく、自分と同じシューズばかりを見かけたものです。それを思うとランニングシューズの種類の豊富さに驚くとともに、マイナースポーツももっと光を当ててほしいなぁと思いました。


ひろあき

2009年10月29日

ハロウィーンでまちおこし?

10月30日はハロウィーンですね。
ここ近年、日本でもディズニーランドなどでハロウィーンに仮装をしたりする人が
増えています。
しかし、まだ日本ではクリスマスまで普及はしていないと思います。

まだまだ普及していないハロウィーンですが、
ハロウィーンといえば、この町!!という町はまだありません。

もしも、ある町の全体がハロウィーンのイルミネーションをして、
アメリカのハロウィーンの習慣を取り入れたら、
これは大きな町おこしのひとつになると思いました。

みのり

2009年10月28日

根っこ

昨日、「こんなステキなにっぽんが 植木の技 根っこにあり〜埼玉県川口市〜」という番組を見ました。

川口市にある安行地区は江戸時代より植木の町として栄えており、全国で唯一の植木市場もあるので、ここに来ればどんなものでも手に入ると言われるほどだそうです。

ある植木農家の方がこんなことをおっしゃっていました。
「根っこが一番大事・・・」
どんなに美しい木々でも、農家の方々は根っこを気にしているそうです。
番組を途中から見始めたので、なぜだかはわかりませんが・・・↓↓


しかし、この言葉は、私たち人間にも当てはまるものだと思いました。

自分の「根っこ」を大事に育てている人はいますか?
「根っこ」。つまり、外からは見えないけれど、自分を一番しっかりと支えてくれる部分のことです。
改めてそう問われると、自分の「根っこ」は何なのか返事に困ると思います。

それもそのはず。
多くの人は外から一番よく見える「花」の部分、つまり外見や能力などを、たとえ無意識であったとしてもより意識し、より大事に育てているのですから・・・

陰ながら自分を支えてくれる頼りがいのある「根っこ」。
こっちの部分もより意識し、より大事に育てていきたいと思います!


まさき

2009年10月27日

犬と猫と人間と

先週に引き続いて動物の話題です。
というのも今日の読売新聞21面「動物と生きる」という記事が考えさせられる内容だったからです。

記事によると、年間で約34万頭の犬猫が動物愛護センターなどに引き取られ、およそ9割に当たる約30万頭が殺処分されるそうです。過去に比べ大幅に改善した結果がこの数字であるということは直視しなければいけない現実だと思いました。

自分に今できることは、実家で飼っている猫2匹を絶対に捨てないことぐらいですので、精一杯かわいがってやろうと思います。


ひろあき

2009年10月26日

介護等体験

今日と明日は流山にある特別支援学校に実習に行っています。
軽度の障害のある生徒が社会で自立できることを目標に工業や農業など専門的な実習を
通して就業を目指す学校です。

そこでの生徒達の専門的な技術はものすごく高く、作る作品(木でできた折りたたみのイスなど)はすべて一級品です。
生徒と接するたびに素直な気持ちを感じ、何事にも一生懸命な姿が、ものすごく輝いてみえます。
障害者だからと引いてしまうのではなく、それも個性と思うことが本当に大切だと感じます。

朝も早く、大変な実習ですが、あと一日がんばります!!

みのり

2009年10月22日

風邪にご注意

最近、新型インフルエンザが流行しています。
私の弟の中学校も3クラスが学級閉鎖になりました。
聞くと、クラスに3人以上インフルエンザが出たら学級閉鎖だとか。

私も日曜日から風邪をひいてしまい、熱も少しありました。
(新型インフルではありませんでした!!)
今はだいぶ治ってきましたが、まだ咳が少し出ます。

電車に乗ると結構マスクをしている方もいますが、
してない人もまだまだ。
インフルエンザ・風邪をひかないためには手洗い、うがいが大切です。
外出する際はなるべくマスクもお願いしたいものです。

PS.私も咳エチケットのため、マスクをしていますが、
電車で咳が出たときの周りの人の目線が痛い…

みのり

2009年10月21日

報道の自由ランキング

みなさんは、「報道の自由ランキング」というものをご存知ですか?
これは、国際NGO国境なき記者団が世界各国の報道の自由度を検証し、年に一度順位付けをして公表しているものです。

20日に発表された今年の日本の順位は17位と、前回の29位に比べるとまずまずの改善だといえます。
他の主要国を見てみると、アメリカが20位、フランスが43位、イタリアが49位と、思いのほか順位が低いです。
ちなみに、1位はデンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、アイルランドとなっています。

日本の17位という結果を、みなさんはどう考えますか?

そもそも「報道の自由」とはなんでしょう。
少し気になったのでウィキペディアで調べてみると、国ごとに考え方が若干異なるようなので、興味のある方はぜひご覧になってください。

私は、こういった順位付けが「我が国の報道」を考えるきっかけとなるという意味で、非常に優れた調査だと考えます。
ただなんとなく眺めているだけでは一見自由そうに思える日本の報道。
「どこがよくないのか」
そんなことを考えて、これからメディアと接していきたいです。


まさき

2009年10月20日

黒猫の「K」さん

学校で猫達が集まっていたので撮らせていただきました。
その中の一枚



一体彼らはどうやって生き延びているのだろう?
やっぱ誰かが餌をあげてるのかなぁ。それとも、自力で何か捕まえているのか。

いずれにしても少しでも寒さをしのげる場所を探して縮こまっている姿は、たぶん必死なんだろうけどかわいくてしょうがない。もはや冬の風物詩といっても過言ではないほどの癒しです。

野良猫が住み着くことには問題がある、というのは言うまでもありません。それ以前にペットを捨てるという行為が許されるものではありません。しかし、こういう風景が今後ずっと残って欲しいな、とも思わずにはいられません。動物と人間の共存という問題に直面した時は、この気持ちを大切にしたいと思います。


ひろあき

2009年10月16日

さもしい予算

 今朝の新聞によれば、来年度予算の概算要求が過去最大の90兆円を突破する見込みだそうだ。マニフェストに盛り込んだ新規政策の予算が膨らんだことによる影響が大きいらしい。俺はてっきり民主党政権になったら無駄削減によって予算は縮小するものだと思っていたのでガッカリだ。

 一方で、税収は景気低迷によって25年ぶりに40兆円を割る可能性があるようで、一体この2倍以上の差をどうするつもりなんだろうか。

 それにしても、マニフェストというのはバラマキであるというのをとても実感させられた。マニフェストの有用性を疑ってかかった方がいいんじゃないかとさえ思えてきた。マニフェストにしても何にしても、いかにお金をかけないで国民の生活に寄与できるかを考えるべきなんじゃないかと思った。とはいえ、そういう視点で議員を選べなかった自分も悪い。次の選挙の時は、予算を配分する以外のことも頑張ってくれる人や党に投票することにしよう。


ひろあき