CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年11月19日

正義のヒーロー? 事業仕分け

行政刷新会議による事業仕分けが始ってから、連日会議内容に関するニュースが報道されていますね。

今回の刷新会議では、一般人に公開、インターネットでの中継に加えて、傍聴者には会議に関する資料が配布されているそうです。
会議の透明性に関しては、一定の評価ができると思います。

しかし、気になることが一つあります。
それは、刷新会議のメンバーが、自分たちのことを「政府の無駄を削減している正義のヒーロー」と錯覚していないかということです。
私自身が実際の現場に足を踏み入れておらず、メディアによる報道しか見ていないせいかもしれませんが、残念ながらそのような印象を持ってしまいました。

たしかに、情を持っては本当の無駄を削減することはできません。
けれども、あまりにもスパスパと予算を削りすぎではないでしょうか。

削減された予算の詳しい内容や使い道などを検証し、自分なりに切るべきだったのか残しておくべきだったのかを考えてみたいです。

まさき
この記事へのコメント
コメントを書く