CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«魂の部屋 | Main | 魂の部屋(コンの部屋)»
ジャック&ベティー [2009年05月04日(Mon)]

制作した映画の上映の件で横浜にある映画館”ジャック&ベティー”を訪問
支配人の方と打ち合わせ・・・劇場の雰囲気や支配人の人柄に一方的に盛り上がって

会員登録いたしました笑い

さらにカフェ形式の上映場所は良いです
そこで竹藤佳世監督作品を2本鑑賞です拍手
 半身反義 
 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』若松孝二監督のメイキング映画

 面白かった 半身反義は社会が映像によって切り取られることで
 社会に何が残ったのか そして半身不随でもまだ映像作家としての
 プライドを持ち続ける対象者への温かいまなざしが良かったです落ち込み

 2本目は若松監督がいるだけですばらいい映画でした
 怒りを内包する監督の表現が大島監督をダブりました
 その熱さが今の若者に伝わっていく様が最高です
 湘南でも上映会をやりたいです

 監督へ機会あれば一緒に映画を作りたいですね・・乾杯
 次回作も見させていただきます


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント