CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月23日

事後プログラム3日目

インターンシップ事後プログラム3日目!

2日目に課題解決の糸口を見つけた参加者達は、それぞれに
今後自分達が何をしていくか、という点についてプレゼンしてもらいました。




パワーポイント形式や、演説形式等様々でありましたが、
皆さんが一様に、今後「まず、何をしていくか」という具体的なスタートラインを設定されていました。

また、学生インターン生であったI君の
「インターンで、また事後プログラムで、自己分析というのがかなり進んだ。
就職活動に生かせると思います」

という言葉が印象的であり、とても嬉しい言葉でした。

プレゼンと同じくらい、それ以上に、質疑応答の時間も長く、
キャンパス長からもさらに具体的なアイデアや指摘もありました。

これにて、本年度のインターンプログラムは全て終了となりましたが、
また起業をする際の相談や、告知のご協力などは引き続きさせていただきたく予定です。


皆さん長期間のインターン、本当にお疲れ様でした乾杯

2011年02月21日

事後プログラム2日目

事後プログラム2日目。

1日目に「自分は何者で、自分達は何者なのか」という点に焦点を当てて、
強みと課題をピックアップしてもらい、最終的にそれを「ブランド化」してもらいました。


2日目は、「課題」にさらにクローズアップ、
その具体的な解決方法について、みんなで知恵出し大会を行ないました。

1人ずつ、課題を付箋に再ピックし、重要度の順に並べます。



その中で、皆にアイデアをもらいたいものを1人1トピックずつ消化。

予想以上に?たくさんのアイデアが出てきました。

・団体のマネジメントについて
・外に発信するときのブログの活用方法について

などなど・・・具体的なお話に。

これを踏まえて、最終日は「自分達のやりたいこと」を形式自由で、
SB大学九州キャンパス長の前でプレゼンを行う予定です。

2011年02月18日

事後プログラム1日目

インターンシップが無事に1月末日を持って終了いたしました。

本日はその事後プログラム。

今日1日目は「伝えるコツ」がテーマ。
電通さんの「伝えるコツ」ドリルを拝借(流用じゃなく・・・)しての講座でした。



インターンシップを終えて、それぞれ自分たちのやりたいことをかなえるために、
様々な人と出会い、思いを伝えていかなければならないインターンの参加者たち。

・自分は何者なのか?
・自分達の団体は何者なのか?
・自分達は周りからどう思われているのか?
・やりたいこと、課題は何なのか?
・自分達をブランド化してみよう!

という流れで2時間弱、ドリルを記入してもらいました。

自分達は何者なのか?という問いは、今までにもよく考えてきた問いだが、
それを客観的に見てみたことは初めてだった、というのは参加者の声。

学生のインターン生も、見つめなおすことでしっかり自己分析が出来たようです。
短所をかえって強みにする、ということも学んだようです。

2010年10月03日

インターンシップ事前プログラムB

インターンシップ事前プログラム最終日です。

今日は、収支予算書の作り方を学んでいきます。
ソーシャルビジネスは「思い」だけでは長続きしません。
やはり、ビジネス性を持たせて継続させていくことが大事です。



短時間ではありますが、「お題」に対して各項目ごとに予算を立てていきます。
黙々と電卓を叩く音が響きます・・・

最後は、これから学びたいインターン先を決めてもらいました。
文化芸術によるまちづくり、子育て、中間支援などなど・・・
自分がやりたいこと、興味があることを少しでも学べる場所を選びます。

事務局はこれから、受入事業所との調整に追われそうです。。。

2010年10月02日

インターンシップ事前プログラムA

インターンシップ事前プログラム2日目です。
今日は、社会的課題の抽出と、自分がやりたいことを見つける、
KJ法によるワークショップが中心です。

まずはどんどん書き出して行きます・・・



そして、実施までの時間と重要度で仕分けしていきます。



整理できたら、「課題」と「自分のやりたいこと」を再確認。
社会のニーズを検証しながら、プランをぼんやりと作っていきます。

明日は、予算書の作り方を学びます。
そして、インターン希望の事業所を明確化していきます。

2010年10月01日

インターンシップ事前プログラム@



10月1日から、宮崎キャンパスでのインターンシップ事業が始まりました。
事前研修に参加した12名(初日は所要の為10名参加)に対し、
SBの概論と、インターンのスケジュールに関するオリエンテーションを行いました。

学生さんが多いですが、みなさん一生懸命聞いております。