CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月18日

事後プログラム1日目

インターンシップが無事に1月末日を持って終了いたしました。

本日はその事後プログラム。

今日1日目は「伝えるコツ」がテーマ。
電通さんの「伝えるコツ」ドリルを拝借(流用じゃなく・・・)しての講座でした。



インターンシップを終えて、それぞれ自分たちのやりたいことをかなえるために、
様々な人と出会い、思いを伝えていかなければならないインターンの参加者たち。

・自分は何者なのか?
・自分達の団体は何者なのか?
・自分達は周りからどう思われているのか?
・やりたいこと、課題は何なのか?
・自分達をブランド化してみよう!

という流れで2時間弱、ドリルを記入してもらいました。

自分達は何者なのか?という問いは、今までにもよく考えてきた問いだが、
それを客観的に見てみたことは初めてだった、というのは参加者の声。

学生のインターン生も、見つめなおすことでしっかり自己分析が出来たようです。
短所をかえって強みにする、ということも学んだようです。
この記事へのコメント
コメントを書く