• もっと見る

«二次選考会の結果報告 | Main | イベント告知: ソーシャルビジネスフォーラム&ソーシャルビジネストライアル中間報告会»
4人の活動状況 [2011年01月07日(Fri)]

しばらく更新が滞っており、失礼しました。

第1期の公開コンペが開催されたのが、昨年の10月。

そこから3ヶ月近く経ちましたが、
支援対象者として選ばれた4名は今どうなっているのでしょう。

実は、地道にメンターや専門家と事業プランを練り直す作業を
している段階の支援対象者がほとんど。

ですので、「いま、こんなことに取りくんでいます!」と
派手に報告できる状況ではなかったりするので、
簡単なご報告になってしまいますが、ご了承ください。


【学習障害をもつ子どものための学習・就職支援】(畠山明さん・宮城県)

<現在の状況>
事業で取り組むテーマを、
「学習障害(LD)をもつ子どもの個別指導」
「個別指導ができる教師の育成」
「指導方針の作成に役立つアセスメントの開発」
の3つに整理して、取り組みの優先順位付け・ロードマップ
の作成を行いました。

現在は、まず最初に着手する「個別指導」について、
具体的な商品設計とトライアルの実施を並行して進めています。


【通所リハビリテーション施設の立ち上げ】(佐藤康之さん・山形県)

<現在の状況>
マーケティングのフレームに沿って、
ターゲットの詳細化、競合他社との差別化を再検討しながら、
立ち上げ初期のキャッシュアウトを最小限にとどめるために
どうしたらいいか、収支計画の検討を進めています。


【clubいいびょん 作る農業から売れる農業へ】(今美香さん・青森県)

<現在の状況>
じっくりと農業・流通・経営に関する知識を習得すると同時に、
生産者や販売者との信頼関係をつくれるような支援計画を作成。

起業のタイミングを少し遅めにして、
着実に事業が立ち上がる土台をつくっていきます。


【夢の愛ランド 浦戸諸島の再活性化】(三浦勝治さん・宮城県)
http://浦戸夢の愛ランド.com/

<現在の状況>
これまでに取りくんできたいくつかのプロジェクト、
そしてこれから取りくみたいと考えているプロジェクトを
洗い出し、相互の関連付け・優先順位付けを実施。

さらに、島民や外部の協力者を巻き込んでいくことが
不可欠な事業のため、起業後の体制・スキームの
あり方を検討してきました。

↓ ↓ ↓

2月17日(木)PMに、仙台にて4人の支援対象者の中間報告会
を開催します。

経済産業省のソーシャルビジネスフォーラムと合同で開催
するので、それなりに大きな規模の報告会になると思います。

詳細はまた後日掲載しますが、
4人の最新状況をもっと詳しく知りたい方、
4人を応援したい方、
はたまた自分自身もソーシャルビジネスに携わりたいと燃えている方
などなど、ぜひご参加ください。
コメントする
コメント