CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はら たけふみ
腹話術に皿回しでサロン (04/30) ボラセン内野
社会福祉士の卵? (10/25) omu1218
社会福祉士の卵? (10/24) 無ー
被災地に行ってきました・・ (08/30) むー
被災地に行ってきました・・ (08/19) 黎明の貴婦人
まとめてご報告パートU (03/18) ボラセン内野
地域と手をつなぐ活動進行中 (03/17) ボラセン内野
まとめてご報告パートU (03/17) yannbarukuina
まとめてご報告パートU (03/16) 黎明の貴婦人
まとめてご報告パートU (03/16)
被災地に行ってきました・・ [2011年08月16日(Tue)]


福島の海です。がんばっぺラブいわき
被災地に行ってきました太陽7月中旬鹿児島県社会福祉協議会の派遣要請を受けて福島県いわき市災害救援ボランティアセンターの支援に行ってきました。
飛行機・電車・高速バスを乗り継いで1日がかりで福島県いわき市へ。
いわき駅周辺は,津波・地震・原発事故など多重な被害を受けた場所とは思えないほど静かで平穏に感じました。
 被災地は中央から海岸に向かい30分ぐらいかかる場所。勿来・四倉・久の浜・小之浜・など壊滅的な状態を見てきました。




 毎日全国から駆けつけてくるボランティアの皆さんにボランティアを始める前のオリエンテェーションと作業のマッチングを担当してきました。「鹿児島から来ました。」と挨拶すると茶碗蒸しの歌を聞きたいとリクエストが・・・みんなの手拍子に押されて歌いました。うんだもこらいけなもんなと





 大きな災害を受けながらも地元のボランティアの方も多く率先して車を提供・地理に詳しいこともあり県内各地から見えるボランティアの先頭にたって働いて下さる姿にただただ感謝。原発危険地域にも臆せずマッチングの時に上がる手に何回となく胸が熱くなりました。

 短い期間の仕事になりましたが10日間休日なしで朝8時から夜の8時まで働いてきました。流れる時間がもったいないほどに感じながら・・・私たちができることを探して現在,被災者支援の報告会を機会あるごとにさせていただいています。少しでも被災地の様子を伝え復興への道を模索しながら
Posted by 川内ボラセン 内野 at 14:26
プロフィール

薩摩川内市社会福祉協議会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/satsumasendai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/satsumasendai/index2_0.xml
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ